« メビウス【劇団ショウダウン】161209 | トップページ | 2016年度 観劇作品ベスト10 その2 »

2016年12月30日 (金)

2016年度 観劇作品ベスト10 その1

今年は245本。通算2000本も達成し、全部で2190本となりました。
本当は300本近くは観る予定でしたが、今年は体調不良や海外出張による数週間の観劇休みがあったので、このあたりに落ち着いたみたいです。
こうしてブログを書いている今も、観劇お休み中。頸椎ヘルニアの症状が悪化して、とてもじっとして観劇できないので仕方ありません。
頸椎ヘルニアは4月にも悪化して、2週間ほど、観劇を休んだので、今後も悩まされることでしょう。
今回は右腕の痺れがけっこうひどく、仕事に支障が出始めているので、どうしても観劇を犠牲にして、少しでも右腕を大事にしておかないとしょうがないといった状況です。
そして、1年通じて、どうも体調がおかしい感じがして、いくらメタボ予備軍だからといってなんかお腹が張り過ぎているなと思って、きちんと検査を受けたら、前立腺と肺に怪しい影が。肝臓も完全な脂肪肝でした。
脂肪肝は酒を飲むから仕方ないし、肺はタバコを吸うので前からですが、前立腺はちょっと不安。実際に排尿に障害を感じ始めていた頃だったので、原因が分かってきたといった感じです。
ということで、来年は自分の身体と相談しながらの観劇となりそうです。
観たい作品を観ることが出来ず、イライラでストレスが溜まって、さらに体調が悪くなるみたいな負のスパイラルに陥らなければいいのですが・・・

まあ、来年のことは、何とかなるだろうと適当に楽観的に考えることにして、今年出会った作品に感謝を込めながら、こちらは真剣にベスト10を導き出したいと思います。
例年どおり、もったいぶっているわけではありませんが、なかなか決まりません。
経過も踏まえて、一緒に今年を作品と共に振り返っていただければ、私も嬉しく思います。
245本ですが、そのうち1本はゲキバカのごんべえ。この作品は2013年に殿堂入りしてもらっているので、対象外とします。

まずは第一段階で半分ぐらいに絞り込みます。
観終えて数日以内に、演劇らしい技が光る作品だなあといった感じの「演劇点」と、とにかく楽しいとか泣けるとか心を揺さぶられたという「感動点」を各5点満点で評価しています。
両項目の違いは自分でもよく分かりませんが、まあ芸術性とエンタメみたいな感じでしょうか。
これに、今、もう一度振り返って5点で評価をします。観た作品をランダムに並び替えて2回繰り返します。
これで、20点満点になります。
これはほとんど例年と変わらない評価方法です。しかし、毎年、絶対にこれでは絞り込めません。
そのため、今年は下記項目を追加します。

・上演時間を告知していなかった場合、-1点
・観劇中に客席のお喋りがあった場合、-1点
・受付で不快な対応があった場合、-1点
・公演関係者の方から、私のTwitter、ブログにコメントをいただいた場合、+1点
各項目の詳細な評価基準に関しては昨年の下記記事をご参照ください。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/2014102-f222.html

166本になりました。
20点満点中13点以上の作品です。
半分まで絞り込めていませんが、14点以上にすると100本を下回りますので、これで最初の絞り込みにしたいと思います。
あらためて見ると、この作品は今年だったのかあとか懐かしい気持ちで一杯になりますね。この時間が毎年、楽しいのです。自分へのご褒美のような感覚です。

「20161.pdf」をダウンロード

1/10 橙色の中古車 FUKAIPRODUCE羽衣
1/11 旅猫リポート 演劇空間WEAVE CUBE
1/15 夕空はれて~よくかきくうきゃく~ カラ/フル
1/16 タンバリン 劇団go to
1/17 対ゲキだヨ!全員集合 短距離男道ミサイル×オレンヂスタ×コトリ会議
1/19 火曜日のゲキジョウ これはこれブラザーズ×オッドテーラーズ
1/20 風桶 梅棒
1/20 OMG 梅棒
1/21 軽くフィクション team B シザーブリッツ
1/23 楽園 劇団ずぼら
1/23 アップ・ダディ・ダウン SHASEN×ステージタイガー×淀川工科高等学校演劇部
1/24 もう音はいらない 劇団サニー
1/26 火曜日のゲキジョウ daisei minori×カヨコの大発明
1/28 ソドムの紅い月 ~やっぱ、すっきゃねん~ 大阪ゲキバカ
1/29 TOUCHABLES メイシアター×ホルマリン兄弟
1/29 想い出パレット ~乙女の戦、なにわ場所~ 大阪ゲキバカ
1/30 私は、捨て犬だった ikiwonomu
1/31 人魚伝説 エクステ
1/31 真夜中すべての白を MicroToMacro
2/5 正義のミカタ 正義の都合 劇団ゴサンケ
2/6 正義のミカタ 悪の理想 劇団ゴサンケ
2/10 SQUARE AREA 劇団壱劇屋
2/11 錆色の瞳、黄金の海 劇団ショウダウン
2/11 しょうてん魂 MousePiece-ree
2/15 SQUARE AREA 劇団壱劇屋
2/16 朝まで生ゴヅラ 笑の内閣
2/18 水底平家 劇団コケオドシ
2/19 星空発電所 彗星マジック
2/20 OPEX 匿名劇壇
2/20 小林まゆみ10周年記念企画 小林まゆみ
2/21 night way 遊劇舞台二月病
2/23 火曜日のゲキジョウ ぶいぶいブタイ×ステージタイガー
2/27 野獣郎見参!~BEAST IS RED~ 劇団万絵巻
2/28 きみが大好きだった、とおいいえ Sputnik.
2/28 名無しのサツキ!~ぶぶ漬けもう一杯くれ編~ 劇丼
2/28 あかり・ツキ・三日月 大阪アニメーションカレッジ専門学校11期生声優学科卒業公演
3/4 エンプティブルー 夜光殺陣
3/11 紡ぎ屋カラムと紅い糸 羊とドラコ
3/12 僕らはそこにいる STAR☆JACKS
3/17 骨から星へ プロジェクトKUTO-10
3/18 THE BEE 劇団六風館
3/19 ニドメマシテ らぞくま
3/21 THE GOODMAN - RETURNS- 演劇ユニットはなうたロック
3/21 通天閣ブルース 劇団そとばこまち
3/23 花かんざし・三人会 劇団KAZUMA
3/23 裸に勾玉 MONO
3/26 フツーニアルアシタ 追手門学院高校 演劇部
3/27 うめうめ。 837B
3/27 Wish Land (C) 劇団空組
3/30 ハローハローハロー 大阪府立桃谷高等学校 合同卒業公演
4/2 はやぶさものがたり ~宙(そら)翔けた軌跡~ 元服版
4/6 LOVE17 べろべろガンキュウ女
4/21 Gliese ピヨピヨレボリューション
4/28 真夜中の虹 劇団子供鉅人
4/30 ~ゲキゲキがいっぱい~ B公演 劇団「劇団」
5/1 ~ゲキゲキがいっぱい~ A公演 劇団「劇団」
5/4 「Via   Ethiopia」B、「シュガー、ミルク、スプーン、カップ、コーヒー、ダーリン」A 演り人知らズ
5/5 「Via Ethiopia」A、「春の調べ」B 演り人知らズ
5/5 ダークマスター 庭劇団ペニノ
5/7 メビウス ’16 澤井里依×為房大輔 劇団ショウダウン
5/7 暇だけどナニか? 劇団暇だけどステキ
5/8 メビウス ’16 水木たね×佐竹仁 劇団ショウダウン
5/13 ラジオドッグ KING&HEAVY
5/13 マンサク 四方香菜PRODUCE
5/14 リクルートウォーズ 劇団走馬灯
5/14 ダークマスター 庭劇団ペニノ
5/15 どろどろどるーんぷらすてぃっく 劇団カメハウス
5/20 LEFT ~榛名ベース到れる~ 遊劇舞台二月病
5/20 THE KING OF THEATER がっかりアバター
5/24 Social walk VOGA
5/27 アタシたちには明日しかない Cheeky☆Queens
5/28 ペチカとエトランジェ 劇団冷凍うさぎ
5/29 モノクローム・ダイアリー 劇団ほどよし
6/2 ランニングホーム ステージタイガー
6/3 翼とクチバシもください クロムモリブデン
6/4 魔女が詠うは、とある娘の御伽噺。 Noisy Bloom
6/4 ものわかりのいい病院 かのうとおっさん
6/5 ルービックキューブ ThE 2VS2
6/10 無名稿 機械 無名劇団
6/11 屋根のない城 ムーンビームマシン
6/11 Popcooorn!! 演劇畑ハッピーナッツ
8/14 うちの犬はサイコロを振るのをやめた ポップンマッシュルームチキン野郎
6/16 COACHES OF OVAL THE ROB CARLTON
6/18 3years 劇団空組
6/18 父が愛したサイクロン DOORプロデュース
6/19 WORK OUT Y2P チャレンじ
6/19 迷路 劇団大阪新選組
6/22 ただしヤクザを除く 桜組 笑の内閣
6/23 THE END '16 吉本新喜劇 佐藤太一郎企画
6/25 ゼクシーナンシーモーニングララバイ 片岡自動車工業
6/25 ベリーショート しろみそ企画
6/26 旅路の果て~妄想プロデュースの妄想をしてみた~ 妄想プロデュース
6/27 ただしヤクザを除く 菊組 笑の内閣
7/2 変調・三人吉三巴白浪 カン劇cockpit
7/8 日々雑景 夜 七月ハリケーン
7/9 13~招かざる客~RADICAL Artist Unit イカスケ
7/10 虫のなんたるか 劇団第一主義
7/15 JACK 劇団ハネオロシ
7/16 或いは魂の止まり木 A級MissigLink
7/17 Qbic!! Aブロック 社会人劇団短編上演フェスティバル
7/17 Qbic!! Bブロック 社会人劇団短編上演フェスティバル
7/17 お犬騒動 劇団明朗会計
7/18 INDEPENDENT:3rd Season Selection   大阪公演
7/18 一家団欒 魚クラブ
7/19 メロメロたち 悪い芝居
7/23 小さな妹の大きな夢 オセロット企画
7/24 ティル・ナ・ノーグ~太陽の系譜~ 劇団ZTON
7/25 僕たちの好きだった革命 HPF高校演劇祭 金蘭会高等学校
7/26 十二人の怒れる女たち HPF高校演劇祭 大谷高等学校
7/29 たゆたう HPF高校演劇祭 堺西高等学校
8/4 THE FIRST CAUSE 爆劇戦線 和田謙二
8/5 ウソを数えて108つ 劇団暇だけどステキ
8/6 石ころとテイラー・スウィフト DanieLonely
8/6 まつりのあらし 劇団カメハウス
8/7 ピエロどうもありがとうピエロ 努力クラブ
8/9 ただ夜、夜と記されて 空の驛舎
8/19 寿歌 カイテイ舎
8/20 10分間 2016 ~タイムリープが止まらない~ 中野劇団
8/21 撃鉄の子守唄 劇団ショウダウン
8/22 狼は鎖をもて繋ぐ 東洋企画
8/28 最悪なきのうともう無いあした べろべろガンキュウ女
9/3 水いらずの星 壁ノ花団
9/3 真夏 no 夜 no 夢! いるかHOTEL
9/4 みかんせいのくだもの プラズマみかん
9/7 モンタージュ はじまりの記憶 土×村 Contondo
9/9 For スマイル プロデュースユニットななめ45゜ 白木原一仁ソロマイム公演
9/10 七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)・笑の太字 アガリスクエンターテイメント
9/11 熱き心に ~センチメンタルレクイエム~ 街のトリカブト屋さん、GEKITOSTU公演
9/11 革命少年 劇団レトルト内閣
9/12 モンタージュ はじまりの記憶 土×寺 Contondo
9/14 モンタージュ はじまりの記憶 木×浦 Contondo
9/17 PANDORA -Op.5 最終章・はじまりの章- 母の記憶編 Project UZU
9/18 PANDORA -Op.5 最終章・はじまりの章- 悪魔の心編 Project UZU
9/19 次は、終点 アマサヒカエメ
10/8 猿川方程式の誤算あるいは死亡フラグの正しい折り方 劇団ジャブジャブサーキット
10/9 ウサギ小屋裁判 RandomEncount
10/10 壁の中の鼠 エイチエムピー・シアターカンパニー
10/14 いつかの夏は シバイシマイ
10/16 宇宙の人々 劇団925
10/21 さきっちょ 劇団チェリーボーイズ
10/21 Nice To Meet You, My Old Friend.   Aチーム 競泳水着
10/22 コインランドリー べろべろガンキュウ女
10/23 ロイドと 劇団ガバメンツ
10/23 サイレントナイト 椿project
10/26 GLOVER 梅棒
10/29 蟷螂襲短編集 JUIMARCとパプリカン・ポップ友情企画
10/30 わたしたちの永遠 劇団ほどよし
10/31 独鬼 -hitorioni- 竹村晋太朗presents 劇団壱劇屋
11/2 蓮池温泉 極楽ランド 仏団観音びらき
11/3 あしたは全力モンキー 超人予備校
11/4 ANCHOR 劇団うんこなまず
11/6 EXTRA FOREVER? 劇団ヴァダー
11/9 地獄谷温泉 無明ノ宿 庭劇団ペニノ
11/14 メガネニカナウ iPpei
11/17 フェスティバル#2 A プロトテアトル
11/18 フェスティバル#2 B プロトテアトル
11/19 かもめ -海に囲まれた物語- ノアノオモチャバコ
11/19 煩悩がやってくる かのうとおっさん
11/20 降月~月降り姫のお話~ しろみそ企画
11/20 だるまかれし 第66回 大阪府高等学校演劇研究大会府大会 桃谷高校文芸部ドラマ班
11/24 聖女 A組 少女都市
11/26 survive 遊劇舞台二月病
11/27 らん・らら・るん 物忌み団
11/28 ポートエレン 東洋企画
11/30 イヤホンマン ピンク地底人
12/9 メビウス 三浦求×澤井里依 劇団ショウダウン

|

« メビウス【劇団ショウダウン】161209 | トップページ | 2016年度 観劇作品ベスト10 その2 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

SAISEI様

ある観劇好きな方(SAISEIさん御存知の方)がTwitterで呟いておられて。幾つかご紹介(笑) まずその①

①「お芝居をやってる側がお客さんにもっと興味を持った方がいいんだと思う。
観てもらえないのは、見てないから。
人ってね、自分に興味を持ってくれたって動機で動ける生き物なんですよ。多分。」

と。私が言ってる意味と違うかもしれませんが。。前からコメントさせていただいてるように客出し(お見送り)の際など客対応悪い役者結構いますからね。イヤなら出て来なければ良いのに(笑) スター★ジャックスのドヰタイジ さん、テノヒラサイズの川添公ニさん、Micro To Macroの泥谷さんはそれで幻滅してますからね(苦笑) それで若い女性客とにこやかに話したはるのを見ると気持ちはわかるんですが軽蔑しますね(KAISEIは女子にだけ奢るヤツなどキライw ) 私の最優先劇団の男性役者にもそのケ疑惑がある方がおられるのでその方からはチケットを買うことはないだろうな(笑)
また高間響のように客出しは公演外と言うヤツもいますしね。公演は予約から客出し(お見送り)までですよ。演出家としてはともかく商売人としては二流ですね。まぁ、有名な方の名前を出してクサしていますが永久ではなく改善されていたらそれは認めたいと思いますが(笑) 早川丈二さんも初めてお話した時はおざなりな感じでしたが2回目はそうでもなかったですし。劇団の公演もそうですし普段の人間関係でもそうですが1回で判断するのは避けたいので。なんにしろ中堅以上の男性役者が全体的に私にとっては鬼門なのは間違いないですね。こちらも話しかけるのは勇気がいることなので役者さんも考えてほしいものです。

投稿: KAISEI | 2016年12月31日 (土) 21時25分

SAISEI様

ある観劇好きな方(SAISEIさん御存知の方)がTwitterで呟いておられて。幾つかご紹介(笑) その②です。

②「あとこれは本当に個人的な好みの問題なんですが、ツイッターで流された情報はツイッター上だけで全部わかる方が有難いのです。
リンク先まで読みに行くのが面倒なのです。
でもって、たまに読もうとすると、リンク先が間違ってるとかあるあるですよ。」

以上、よくわかります。SNSを利用するなら全て纏めて一番上に纏めて欲しいんですよね。こりっちの公演情報でも何も記載されてないこともあって。私の最優先劇団もそのタイプで。めんどくさいんですよね。ちゃんと書けよ、と(笑)

投稿: KAISEI | 2016年12月31日 (土) 21時36分

SAISEI様

ある観劇好きな方(SAISEIさん御存知の方)がTwitterで呟いておられて。幾つかご紹介(笑) その③です。

③「こんなに素敵な衣装なの!!
こんなに素敵なセットなの!!!
生で観たら、もっと素敵ですよ!!!
をしていただきたい派なのです。
ゴサンケさんの1月には色々とビジュアルつきで流れてくるので、これは頑張ってなんとかしてみたいねな気になってしまう。
どんな作品を観せてくれるかを知りたいんですよ!!!!
本当、大事なことだと思います。」

④「極端な話、面白そうだったら、自分の席が確保出来るかは大事だけど、空席が多いですよ情報は本気で微妙。」
空席情報はなくなっちゃいそうですよ情報は本気でいるけど、
空席いっぱい情報は本気でいらない派です。
空席情報だけを延々流されても、行く気にはなりにくいと思うんだ。」

⑤「観に来てからのお楽しみ!!にこだわりすぎると、週末集中の関西の公演は公演そのものが終わってしまうわけです。」
事前に伝えると、お客さんが減っちゃうかもみたいな情報ってあるじゃないですか。
でも、それを伏せたまま行って、案の定、お客さんが嫌な感情を持った場合、もう次からは行くもんかって思っちゃうんですよ。
事前に分かってれば、覚悟をしたり、諦めたりした上で、行けるんですよ。」
個別の例なら、目当ての役者さんの出番が極端に少なかったりする場合。
これ、人によるとは思いますが、
その役者さんに出番少ないけど、でも、観て欲しいんです!!って案内をもらったら、私みたいなチョロい客は案外、行くんです。
他の人から○○さんは出ないですが……みたいなのもありかもね 」

宣伝下手な劇団は多いですね。劇団壱劇屋は上手い方ですかね。劇団ゴサンケも坂元恭平さんが頑張ってるんだろうな(笑) やんさんもブログ『舞台の中心で私が回る』で「小劇場に情報解禁とかいるか」とか記事に書かれていた筈。早くに日時を発表してくれた方が観劇ジャンキーとしてはチケットを早く買うかどうかはともかく予定は組みやすいですね。ま、来年はそんなにアホほど観に行くつもりはないですけど(笑) あと本気で来てほしいなら上演時間載せろよ、と。今年は幾つかの劇団には強めに言いましたが。

投稿: KAISEI | 2016年12月31日 (土) 21時56分

SAISEI様

ある観劇好きな方(SAISEIさん御存知の方)がTwitterで呟いておられて。幾つかご紹介(笑) その④です。

⑥「なんで芸創の公演って指定席にしはらへんのやろ。
本当、あそこ行くと、時間のロスが多すぎて、指定席なら行くけどね……ってなっちゃいがちなんですよね。
指定席なら、梅田でご飯やお買い物をゆっくりしてから行っても開演に間に合えばいいので楽チンなのです。
ていうか、多分、大阪が自由席の文化なのかも。
東京は指定席だけど、大阪は違うって多いよね。
300円で座布団代を払って指定席制度を是非、ご検討いただきたい……
指定席だと、時間の余裕が2,3時間できちゃうんですよ。色々出来ちゃうんですよ。
せめて、自由席にするなら、席の管理はきっちりしていただきたい。
席取りしまくってるのを放置してたりするの観ると、本当、げんなりしたり、嫌な予感しかしないわけですよ。
スタッフさんがどの席が空席かも把握してないとか、ありえないけど、多分、多いよね。」

席取りはホンマたまんないですわ。あれは何とかしてほしい。来年は喧嘩売ろうかな、な~んて考えていて(笑)

整理券の場所取りもありますしね(笑)

あとこれは某制作さんに言いましたが自由席の時に当たり前のように「詰めてください」と言ってほしくない。なら指定席にしろよ、と。自由席だから好きな席に座ってるんで(笑)

あと開場時間は守ってほしいです(笑)

投稿: KAISEI | 2016年12月31日 (土) 22時02分

SAISEI様

此方の記事は御存知ですかね?

小劇場にハマった理由

http://shibainomachi.com/2016/09/26/0110/

小劇場あるある

http://shibainomachi.com/2016/10/09/0111/

小劇場の公演の成功

http://shibainomachi.com/2016/10/09/0119/

こちらの番組は御存知ですよね?(笑)

安楽椅子探偵

http://www.asahi.co.jp/anraku/

投稿: KAISEI | 2016年12月31日 (土) 22時08分

SAISEI様

①上演時間を明記すること

②開場時間を守ること

について書きましたが

③開演時間の遅れ

も気分は悪いですね。特に

「遅れてくる客待ち」

終演後に用事がある方もおられると思うんですよ(観劇ジャンキーの場合は次の公演)。それに対する配慮がない。これはやんさんも『舞台を中心に私が回る』で何回か書かれていますが。

遅れてきたお客さんにはそれなりの事情はあったんでしょう。
でも、ちゃんと時間通りに来てるお客さんもいる訳で。
そのお客さんに負担を強いるのはどうかと思います。( http://ameblo.jp/steamboat1004/entry-12203040431.html )

あと火曜日のゲキジョウなんかが代表的ですが開演時間になって観劇の注意の際に

トイレまだお済みのなってない方どうぞ

みたいなのもどうなのかな、と。他の客を待たせてるわけですからね。早めに案内しとけよ、と思います。

戴帽に関してはホンマに注意しろよ、と思います。役者さんで戴帽のまま観劇されてる方もおられて。。ある方など火曜日のゲキジョウの時だったと思いますが最前列で観られてましたね(苦笑) 名前は出しませんが若手の女性役者です。役者のくせに観劇マネーも知らんのか、と思ってしまいますから。

私も知らずに迷惑をかけてる場合もあるのであまり大きいことは言えないのですが。。ただくしゃみ、咳は止められるなら止めます。席の方が止めにくいですが。体調が悪いときに身体をゴソゴソしてしまうことがあるのが周りの方に迷惑かけてるくらいかなぁ。。

上演中に当日パンフでキャストを確認するのはいいのですがガサゴソうるさい奴いませんか? オッサンが多い印象ですが。

投稿: KAISEI | 2017年1月 3日 (火) 16時18分

SAISEI様

VOGAを観に行ったのですがここはプロデューサーの斉藤秀雄さんが接客のプロですね。

初めてVOGAを観に行った『Lobby』の時も丁寧な接客でしたが今回も来るお客さんを自らにこやかに出迎えたはりました。アウェイ感が無くなって観劇前から佳い気持ちになります。何よりも覚えていただいているというのが嬉しいですね。

たまたまかもしれませんが終演後音響の方かなぁ、もお客さんに「ありがとうございます」を言ったはって好感度が増しました。音響や照明の方は職人気質もあるのでしょうが自分たちは「外部の人間」と思ったはるんでしょうね(笑) それで食ったはる人もいるはずなんですが。。

映像の武信貴行さんなんかはステキな方ですが。

公演の詳細はまた。

投稿: KAISEI | 2017年1月15日 (日) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/64668261

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年度 観劇作品ベスト10 その1:

« メビウス【劇団ショウダウン】161209 | トップページ | 2016年度 観劇作品ベスト10 その2 »