« いつかの夏は【シバイシマイ】161014 | トップページ | 宇宙の人々【劇団925】161016 »

2016年10月16日 (日)

最果てクロニクル【関西大学劇団万絵巻】161016

2016年10月16日 シアトリカル應典院 (90分)

2年前、少し観劇をお休みしていた間に、本家、劇団赤鬼の本公演で上演された作品。
その後、DVDでは拝見しているが、やはり生で観たかったという気持ちはどうしても出てくるもので、それをこの劇団が上演するというならということで、足を運ぶ。
程よいコミカルさを交えながら、しっかりと魅せる力を持つ個々の役者さん方のバランスのいいまとまりで、分かりやすいスムーズな話の展開、その先にある感動を得るというドラマチックな赤鬼作品がとてもよく似合っている劇団だと感じているから。
それに、Twitterなど、SNSでも高評価の感想が並んでいる。
と、そんなことで、少々、ハードルを上げての観劇になってしまったのだろうか。
率直な感想を一言で書くと、普通みたいな言葉になってしまう。

決して、面白くない、楽しくない、感動しないというわけではない。
観終えて、上記したような魅力は十分すぎるくらいに、心に刻まれて、さすがは万絵巻きだなあという気持ちはある。
今回は特に男優陣の魅力が光る。本家の劇団赤鬼の男優は少々、年齢層が高い。それだけに落ち着きある安定感、そして、ちょっとおっさんぽいコミカルさが楽しみの一つだ。それを見事に引き出している。若さを抑えて、穏やかな安定した空気を醸しながらも、ちょっと面白いというのは、弾けまくることより、数段難しいように感じられ、それを実現する底力を強く感じる。
代わって女優陣は、個性的なキャラで町の空気をまとめる。キレキャラから、ごく普通の空気を醸すアンサンブル的なキャラに至るまで、細かく行き届いた言動が、この最果ての町の特殊な雰囲気を美しく浮き上がらせているようだ。

それにも関わらず、まあ、普通に出来のいい作品を観たというだけの感が残ってしまっている。
それというのも、まず、実はこの作品の話があまり好みじゃないというところは大きいだろう。
DVDで拝見していて、事件の真相に迫る部分にウェイトがかかり過ぎて、いまひとつ、少女と父親や、町の人たち、事件のカギとなる政府関係者たちの想いが繋がらず、いつもなら心揺さぶる、人の優しさや温かみが自分の中に入ってこないなあと思っていたので。
それに、背景となる政府の闇の部分がどうも曖昧だ。こんな町が生み出されてしまう根本がイメージしにくいように思う。
全て、生ではなく、DVDで観たからだと思っていたが、どうも違うようだ。

それと、あとは、舞台セットだろうか。
何とも物足りなく寂しく感じるのは、単に素人目線だからだろうか。
最果ての地。極寒の中で、闇を抱えて、大切な人との別れを経験して、その闇と共に生き抜く。だからこそ、そこで繋がり合う町の人たちの心は、互いに手を差し伸べ合うことで、外の世界でのことで凍ってしまった心を優しく溶かしながら、ほのかな温かみある光を生み出して日々過ごしている。
そんなイメージが浮き上がってこない。
黒を基調にした殺風景な舞台は、町の人たちの心を象徴するのかもしれないが、この町にいる人たちは、そこから自分たちでその寂しい心を満たそうと、必死に町を創り上げてきた歴史があるのだと感じる。それならば、観る風景は、普通の街並みであり、そこに潜む黒い影を想像させるような感覚で舞台を観たかったように思う。
また、これは観る側の想像力を必要とするのだろうが、舞台から登場人物がいなくなる時、消えるのではなく、どこか違う場所に行っているはず。その奥行きが、そういう舞台だから分からない。場所は色々とシーンによって変わる。それがこま切れとなって、全体的な町の風景にまで頭の中で組み立てることができず、舞台に入り込むことが難しかったように思う。

許可を得た者しか乗ることが出来ず、その汽車に乗ってしか行くことが出来ない最果ての町。
政府からの許可を得て取材に訪れた記者は、その汽車の中で一人の少女と出会う。
その最果ての町に、10年前に失踪した父がいると、少女は言う。
少女に想いを寄せる少年から、ある記事の写真を手渡された。怪しい誰かから渡されたらしい。その写真に父の姿を見つけたから。
母からはずっと、父は遠いところで、私たちを養うために懸命に働いているのだと聞いていた。
会いたい。そして、そんな母が亡くなったことを伝えたい。
記者は、検札にやって来る朴訥で融通の利かなさそうな運転士の目を巧く誤魔化して、少女を助ける。運転士は代々、王族の血筋の者が受け継ぐ仕事。その重要性から、厳格な態度でいないといけないのだろう。それに、この汽車が最果ての駅に向かうのがこれが最後。この汽車を最後に、その最果ての町は閉鎖される。
最果ての駅では、真面目で人の良さそうな、でもちょっと飄々として間の抜けているような駅長と、責任感が強く、これまた融通の利かなさそうだが、実態は普通の乙女らしい女性駅員が待っていた。
少女を貨物に紛れ込ませて、何とか町に少女を潜入させることに成功。しばらく、姿を隠すように命じる。

記者は駅員の案内で町を巡りながら、取材を開始する。
町には、様々な人がいる。
夫を自らの毒魚料理で誤って殺してしまい、この町でそれを悔いながらも料理店を営む料理人。
しっかり者でリーダー的な郵便屋。ここに来る前はスパイだったのだとか。
医者は、ちょっとちゃらんぽらんだが、人体については知り尽くしていると自負している。ここに来た理由は話せないくらいに闇に包まれているらしい。
音楽家は、ギター片手に音楽を奏で、町の人たちの心を癒す。元反政府活動のリーダーだったらしく、自由を歌い上げているようだ。
情緒不安定なシスターは、神の愛を語るが、テンションがおかしくて、誰にも伝わっていないようだ。そんな怪しげな行動から、ここに連れて来られたみたい。
ボケたおばあちゃん。食事はまだ食べていないと、鍋を片手に自由奔放に振る舞っている。ここに来たからには何か理由があるのだろうが、もはやその理由は語れない状態みたい。
農家を営む女性、ごく普通の女性。こんな人たちにも、過去がある。この最果ての地に来るまでの外の世界での。
記者がそんな町の人たちと食事をしている中、腹をすかせて我慢できなくなった少女が現れてしまう。
町の人たちは騒然とする。ここに、子供がいるはずはないと。
少女は逃げ出し、町の人たちが皆で追いかける。
記者は機転を利かせ、少女を助手ということにして、その場を収めることに。
厳格な運転士は、汽車の中でそんな少女は一緒にいなかったと記者を追及するが、政府からの許可証を見せて、その追及を封じる。
どうやら、この記者、ただものではないようだ。それに、町の人たちの中にも記者と通じている味方も得ている様子。医者にはかつてから、漫画を渡して親しくしているらしい。

ということで、少女は普通に町を歩けるようになる。
そして、父を見つける。
父は鉱夫をしていた。
再会に二人は抱き合って喜び合う。
鉱夫が少女の父親であることを知った町の人たちは、あることを決意する。
まずは、ここが刑務所であることを少女に気付かれないようにすること。
そして、数日後に出発する最終の汽車に、少女だけでなく、鉱夫を乗り込ませて、ここから脱獄させること。
しかし、刑務所であることがすぐに少女の知るところとなる。
シスターが喋ってしまったから。
鉱夫は、この汽車の整備士をしていた。ある日、囚人を連れて、最果ての駅に向かう汽車の中で、ある囚人の脱走を手助けしてしまった罪。
少女は事実を知り、父に怒りを向け、二度と会わない、そして最終の汽車で帰ると父に決別の言葉を向ける。
町の人たちは、むしろ、これを好都合と捉える。
鉱夫は脱獄を良しとしないはず。だったら、気を失わせてでもして、貨物に詰め込み、少女と一緒の汽車に乗り込ませればいい。父が見送りに来ないことを、少女もおかしいと思わないので、上手く事が運ぶ。

町の人たちは、計画を実行。
医者は鉱夫の気を失わせる。何をしていたのか、こういうことはお手の物らしい。
貨物に積み込んでいるところ、駅員に見つかる。
皆、隠れるが、要領の悪いシスターが見つかる。
絶体絶命。しかし、急に駅員が倒れる。
この計画に反対していた料理人。でも、鉱夫を救ってあげたいという気持ちが勝ち、協力することにしたらしい。駅員の食事に催眠効果のある毒を混ぜたのだとか。
駅員は直に気を取り戻すだろう。そうなるとまずいので、駅員を監禁して、シスターが駅員に化けることに。
最終汽車に貨物が積み込まれる。無事に鉱夫を詰め込んだ貨物も。

汽車が出発する時間に。
しかし、少女が町の人たちが脱獄を企てていること、そして、鉱夫がここにいないことを駅長に告げてしまう。
運転士はすぐさま銃を取り出し、町の人たちを確保。駅長に貨物室を調べるように命令。
駅長は異常は無かったと報告するが、目を覚ました鉱夫が出てきてしまう。
さらには、縛られた駅員も逃げ込んできて、駅員に化けたシスターもばれる。
どうして、鉱夫をここまでして、皆、ここから逃がそうとするのか。
それは、鉱夫の罪は冤罪だからだ。
町の人たちのその言葉の意味を記者は知っていた。

現れた記者。
運転士を追及し始める。
記者は政府から派遣されて、この最果ての町の真相を調査しに来ていた。
10年前の事件。
囚人を乗せた汽車の中で、一人の囚人が脱走した。それを手助けしたのが鉱夫。
囚人には生まれたばかりの娘がいて、それに同情したのが理由。
でも、真実は違う。
その囚人は運転士の最愛の人を殺して汽車に乗っていた。
そのことを反省することもなく、運転士を煽る囚人。
運転士はその囚人に銃を突きつける。
整備士だった鉱夫は、殺してはいけないとその銃の前に立ちはだかった。運転士が罪を背負うことのないようにと。
その時の囚人は、皆、病気や事故で死んでいる。口封じだろう。
でも、一人だけ目撃者が生き残っている。ボケたおばあちゃん。正確に言えば、自分の身を守るためにボケた振りをしていたおばあちゃん。
王族の血を引く運転士が起こした前代未聞の不祥事。
政府は、全てを整備士の罪にした。
その代わり、家族の身の安全を保障した。当時、大きな病であった、整備士の娘の高額な手術代も政府が支払った。
自分の無罪を主張すれば、大切な家族に災いが降りかかる。鉱夫はそのために、この地で生きる覚悟をしていた。

記者は続ける。
このことを政府に報告する。
鉱夫の家族の身も保障する。
運転士も罪は償わなければいけないが、情状酌量も考慮されるはず。
この真実が明らかになったことで、きっと政府は変わる。
そして、この最果ての町のことも見直されるはず。
その時、今はここに残ることになる人たちのこれからも検討されるはず。
最果ての町に住む人たちに、これからの未来が生み出された。
そして、自分を犠牲にして、運転士の名誉、最愛の家族の生活を守り続けた鉱夫と娘の新しい人生が始まる・・・

なるほどなあと、真相が明らかになる爽快感はあるのだが、上記したような政府の背景や、そこにある各々の想いが、想い合いや分かち合いのような、心の通じ合う感覚にまで至らないところが感動が薄いような。
ラストも、まあ潔いとも言えるのだろうが、少し尻切れトンボなところもあり、何かもう一捻りあって、心に深く残る話だったら、もっと魅力的だったかなあと感じます。

|

« いつかの夏は【シバイシマイ】161014 | トップページ | 宇宙の人々【劇団925】161016 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

SAISEI様

やはり万絵巻行かれましたか? 2,000本目観劇に選ばれたくらい高く評価されてる劇団ですものね。『野獣郎見参!~BEAST IS RED~』の時は卒業される男性キャスト3人ほどが目を惹いたらもののSAISEIさんが2,000本目に選ばれるくらいだから、という先入観からかハードルが高くなってたんでしょうね。全体としての安定感がないと感じたみたいで。その後万絵巻は観れず何回か足を運ぶ機会を得た同大学の学園座や阪大の劇団六風館の方が高い評価に。今回は同志社大学第三劇場『ミミズクと夜の王』→万絵巻のハシゴ観劇。

同志社大学第三劇場『ミミズクと夜の王』は原作が電撃文庫と言う(笑) ライトノベルが原作も珍しいですよね(笑) 演出の方が原作のファンらしくほぼ原作通りらしいですがやや改変したらしいです。原作のあらすじは ( https://www28.atwiki.jp/tohokusf/sp/pages/52.html )

【登場人物】
○ミミズク
額に332の焼き印を押された少女。三白眼気味。「夜の王」に自分を食べて欲しいと願い、彼の元に通い続ける。(332→ミミズ? )
○フクロウ(夜の王)
月の瞳を持つ夜の森の絶対的な支配者。目元から頬に走る入れ墨のような複雑な紋様があり、鴉のような漆黒の翼を持っている。人間嫌いで、静かで綺麗なところを好む。ミミズクからは「フクロウ」というあだ名で呼ばれる。
●クロ
森に住む魔物で、出合ったミミズクに色々と親身になってくれる。コウモリのような一対の羽に、2対4本の腕、さらには大きく裂けた赤い口など、如何にも魔物という恐ろしい外見をしている。 (KAISEI註:劇中ではヤマガラ、ヒガラという2魔物に分けられている)
○ダンテス
レッドアークの国王。灰色の髪と眼球を持つ。自分よりも国を取る秀でた国王で、傾いていた国を建て直した。
○アン・デューク
レッドアークの聖剣に選ばれた聖騎士。騎士団の象徴的な存在。
○オリエッタ
〔アン・デュークこと〕アンディの妻で、神殿に務める「剣の処女」。藍色の瞳を持つ。
○ディア
レッドアークの幼き王子。手足が薄く変色しており、生まれた時から動かす事が出来ない。その為、塔の一室に幽閉状態にある。
○リーベル
王家直属の魔術師団の団長。

【あらすじ】
プロローグ ―夜の森―
ちょっとラリった少女、ミミズクは綺麗な存在と出会い、あたしのこと、食べてと言い出す。

第一章 死にたがりやのミミズクと人間嫌いの夜の王
目覚めたミミズクはクロと出会う。クロとの会話の中で人であることを何度も否定するミミズク。また月の瞳をもつ綺麗な存在が夜の王であることを知る。やっぱり王に食べてもらおうと王の屋敷へ向かい、会うが寝てしまう。

第二章 幸福への閾値
人の王と聖騎士との会話。聖騎士やる気なし。また、目覚めたミミズクは木の上にいる夜の王に、働くと言うが、ツンツンされる。さらには名前の由来を語る。王のことをフクロウと呼ぶことに。

第三章 煉獄の花
フクロウの描いた絵を見て感動するミミズク。フクロウのために煉獄の花の根を取りに行くことを決意する。怪我を負いながらも根を手にいれ、その帰りに人と出会い誘われるがフクロウの元へ向かう。根の見返りに誉められることを望むミミズク。フクロウに額の文字を不思議な不思議な文様に書き換えられる。

第四章 救出
ミミズクの過去。人かっさばく。中に誰も・・・ 村が襲われる。男の人刺す。殺しちゃった?やっぱり喰われたい。人の国は魔王討伐へ。クロちゃんお仕事でしばらくいない。フクロウの過去。もとは人だった。討伐軍に館を焼かれ、絵も焼ける。ミミズクは人に「救出」される。

第五章 やさしい忘却
城で目覚めたミミズク、記憶を失っている。フクロウは捕えられ、魔力を吸い取られている。アン・デュークらと共に城下を巡るミミズク。その後王子と出会う。

第六章 夜の王の刻印
王子は四肢が動かない。不幸対決しようとする王子。友達になる。王子とミミズクの交流。夜、月を探すミミズク。額の刻印は記憶封じの呪文。解呪するが記憶は戻らない。しかし森で出会ったおっさんの話を聞いて記憶を取り戻す。

第七章 騎士と乙女
フクロウの絵を焼いたアンに愛憎両方の感情を持つ。クロあらわる。フクロウはわざと捕まったままらしい。愛を知ったミミズク。クロのしていたお仕事は実は・・・フクロウの優しさを知る。人の王がフクロウから魔力を吸い出しているのは王子を治すため。騎士と乙女の過去と今。

第八章 救出Ⅱ
儀式。ミミズクはフクロウのもとへ。抱き合う。魔力の詰まった水晶を割るアン。王子の手足を治すフクロウ。森へ帰るフクロウとミミズク。

エピローグ ―ミミズクとフクロウ―
ミミズクが選ぶ居場所はフクロウのいる場所。死んでも土となり、花となって、隣で咲く。

第三劇場は初観劇の「センシティビりビり」「ほんとに、みんなちがってみんないい」 があんまり合わずで。。今回はセットも凝ってましたし脚本、照明や使用音楽と使いどころ、演出は良かったですね。私の意見に一番近い意見が以下かな(笑)

・・・部署両方とてつもない勢いだったし、ハマっててめっちゃ格好良かった。 原作リスペクトから来たであろう場転の多さと役者の気付きの甘さは少し気になったが。

某学生劇団の方ですが(笑) 同志社の学生劇団は小劇場も第三劇場も女性役者の方が上手い印象。今回は王子のディア役が上手いと思っていたら終演後配役を見ると劇団しようよ『こっちを向いて、みどり』にも出演されていた畑迫有紀さんだったという(笑) 学外の劇団に出演されてたりすると引き出しが増えるんでしょうね。やっぱり演劇素人ながら上手い人は目を惹くからわかりますね。主役の一回生の女の子が可愛いし演技も上手かったし期待しています(笑)

投稿: KAISEI | 2016年10月16日 (日) 22時16分

SAISEI様

劇団赤鬼の名前を知ったのが『最果てクロニクル』。初観劇になっていたかもしれない作品。結局仕事で行けなかったんですが。。

昨年7月にSAISEIさんの推しの『キャンディ遊園地1705。』で劇団赤鬼初観劇。後方座席だったがかなり演技が来て泣けた(SAISEIさんも2015年NO. 1にされてたしw )ものの同年12月の『Bubbles Mermaid』、今年6月の劇団赤鬼『ROOTS』と若干設定など作品内容に詰めの甘さを感じていました。

また今年は劇団赤鬼の作品づいている(笑)のか6月に関西大学学園座『 WHITE UNDER PLANET』、そして関西大学万絵巻の『最果てクロニクル』と今日現在今年223本観ていてそのうち3本が劇団赤鬼の作品という。来週は万絵巻OBを中心に結成されたプロデュース団体 椿プロジェクトでまた劇団赤鬼の作品『サイレントナイト』を観劇予定。

関西大学学園座『 WHITE UNDER PLANET』も過去学園座4公演観劇してるなかで唯一イマイチ。私の中で劇団赤鬼がやや評価を下げていた中での昨日の 『最果てクロニクル』。私は作品自体は好きでしたかね。劇団赤鬼再評価みたいな感じで。確かにこの町だけのできごとに限られていて政府の思惑等にはあまり触れられてはいませんでしたしSAISEIさんの仰ることも分かるんですが私は最後の部分に引き込まれましたし役者さんの熱演もあってかあまり気にならなかったようです。

DVDともあまり変わりませんでしたか?

男性役者と女性役者では女性役者の方が上手いと感じる、と前にもコメントしましたしSAISEIさんも過去に悩まれた形跡があるのを発見しましたが関西大学の学生劇団は男性役者が目立ちます。学園座も『トリツカレ男』のアディ男さんに『アルジャーノンに花束を』の三矢ゐるかさん、8月の学学展万の公演で四方香菜さん注目の役者さんも学園座。展覧劇場も今年の卒業公演しか行ってないですが男性役者が良かったし(女性役者があまり出てなかったがw )、女性役者が下手なわけではなく美人や可愛い方もいらっしゃるし上手いと思うのですがそれ以上に男性役者が魅力的と言う。男性役者が目立つ作品を上演することが多いのかなあ。学窓座は練乳発射女王さんが一番印象に残ってますが(笑)

○印象に残った役者さん

運転士役・・・発声ができている。貫禄がある。一推し。

音楽・・・やはり声量がある。一回生らしいので今後が楽しみ。

演技では記者、炭坑夫、駅長も良かったかなあ。記者は尻上がりに駅長は良いときは結構、炭坑夫はなんとなく雰囲気が(笑)

女性役者では郵便の方が表情豊かでなんとなくMicro to Macroのたにがわさきさんをフッと想起しました(笑)

『最果てクロニクル』は土性さんが出演されてなかったとは橋爪さんからだったかな? 聞いていてそれは知っていたんですがやっぱり役の演技で分かりますね。少女が出てきた瞬間橋爪未萌里さんが演じてるんだ、と(笑) まあ橋爪さんはこういうヒロインポジション与えられはること多いからすぐにわかるとして田川徳子さんがシスターと言うのも分かりますね(笑) シスターは田川さんのポジションだわ。たぶん運転士の行澤さんも何らかの拍子でわかったはずですが。。

今後の万絵巻さんも楽しみです。

そういえば上記の学学展万行く気満々だったんですが上演時間を出さなかったから行かなかったんですよね。各劇団は出しているのに寄せ集まると出さないと言う。あるは誰の責任なんだろう。これからの世代に上演時間を発表することは引き継いでほしいです。

学園座は上演時間+15分みといた方がいいですかね。カーテンコールも含めた時間を発表してほしいかな。万絵巻は90分ちょうどでした? 15分程オーバーしたイメージでしたが。。

投稿: KAISEI | 2016年10月17日 (月) 00時22分

>KAISEIさん

第三劇場は観に行きたかったですね。同志社遠いから、はしごが組みにくい。

この最果てクロニクルとWHITE UNDER PLANETは、赤鬼の中では私の中ではいまひとつ作品ですね。
ただ、今回、万絵巻は配役も含めて、巧いこと創ったなという印象はあります。
DVDで観た感じと大きく変わらず、赤鬼色を出しながらも、若さを醸すいいバランスだったように感じます。

上演時間は、開始が遅れたり、カーテンコール分はいれていないんですよ。だから、だいたい開始遅れ5分と、次回公演の宣伝などがあって5分プラスぐらいになっていると思います。

投稿: SAISEI | 2016年10月25日 (火) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/64356139

この記事へのトラックバック一覧です: 最果てクロニクル【関西大学劇団万絵巻】161016:

« いつかの夏は【シバイシマイ】161014 | トップページ | 宇宙の人々【劇団925】161016 »