« 寿歌【カイテイ舎】160819 | トップページ | カゲロウのような夏の日を、シャボン玉にうつる華の燈を【ステラポンテ】160821 »

2016年8月20日 (土)

「10分間」 2016 ~タイムリープが止まらない~【中野劇団】160820

2016年08月20日 インディペンデントシアター1st (130分)

2010年に拝見した作品。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/10101212-f29c.html
まあ、うろ覚えだけど、色々と変わっているところがあるように思うので、実際はかなり変わっているのでしょう。登場人物も増えているし。
でも、元々それほど感じはしませんでしたが、やはりタイムリープもので感じてしまう、力押しで強引に話を進める違和感が総じて無くなり、スマートになって、より洗練されたこの劇団らしいクレバーな良質な作品となってるように感じます。
時代感も6年前とは違って、少し今風になっているようで、スムーズに惹き込まれる感じです。
新たに盛り込んだためか、一部、はしょった感じで割愛された部分は、DVDで2010年版を観ると、なるほどとなるのではないでしょうか。

感想は一言。
鳥肌立つくらいに笑えて、面白い。
素晴らしいとしか書きようがありません。お見事。

|

« 寿歌【カイテイ舎】160819 | トップページ | カゲロウのような夏の日を、シャボン玉にうつる華の燈を【ステラポンテ】160821 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

SAISEI様

もともと好きな役者さんが過去中野劇団に出演されていたこともあり興味を持ってはいました。またSAISEIさんが絶賛されていたことからも余計興味が。前回『趣味と実害』を音太小屋で初観劇。面白かったもののそこまでハマるということはなかったのですが短編だったので長編を観たいとずっと思っていました。で,評判の良かった公演の再再演。これは観なければ,と(笑)

率直に言うと観劇ブロガーの皆さんが仰ってるように大爆笑だったかと言うと私はそこまでではなかったのですが役者さんがとにかく上手いなあ,とそちらのほうに意識がいって感心して観てました。中堅からベテラン陣の良さが感じられた公演でしたね。この日はPUSH UP『PACK』(宇田学さん脚本)も昼に観に行っていて同じようにベテランの演技のうまさを感じていました。
またSAISEIさんが仰っているようによく練られた脚本だなあ,と。違和感は確かになかったです。観て良かった,と思える公演でした。この日は個人的に当り日でした。

●気に入った役者さん

春親役:奈木野健次さん・・・出だしからメチャメチャ安定した演技やなあ,と。私の好きなタイプの役者さんでした。
聖子:延命聡子さん・・・延命さんってこんなにできる方だったんだ,とあらたけて吃驚!
湯木:辻中金吾郎さん・・・前回拝見したときから表情が好き。けっこう二枚目だと思うのですが三枚目もうまくこなされますね。

店員:蜜比呂人さん・・・劇団ZTONでは大御所的な役を振られはりますが今回は違った一面が拝見できてよかったです。若い感がでたはりましたね。前半は蜜さんが面白かったかな(笑)

投稿: KAISEI | 2016年8月21日 (日) 17時28分

>KAISEIさん

前回の短編集は、ちょっとね・・・私も正直、この劇団にしては不発だったかな。
それだけに、今回、観てもらえたのは嬉しいです。
この作品はじめ、見事な長編作品を幾つも持たれていますから。
DVDで2006、2010年版を観られると分かると思います。如何に、練られ続けて、ここまでの巧妙な作品になったかが。

投稿: SAISEI | 2016年8月23日 (火) 15時09分

>SAISEI様
はじめまして。ご感想いただきありがとうございます。中野劇団さんの脚本と演出の力ってすごいんだなーといまさらながら実感しております。

>KAISEI様
はじめまして。おほめいただき光栄です。
まさか5年ぶりに出る芝居であのような大役を授かるとは夢にも思いませんでした。

投稿: 奈木野健次 | 2016年8月26日 (金) 22時36分

>奈木野健次さん

コメントありがとうございます。

毎回、本当に巧妙な脚本、それをコメディーとして見事に創り上げる役者さんの力に感服しています。
初めて拝見した数年前から、ずっとファンですね。

確かに過去の春親役と比べると、貫録もあり、どっしりした感じですね。それが、コメントいただいているKAISEIさんの安定した魅力に繋がっているのかな。
楽しい作品でした。
今後のご活躍も期待しております。

投稿: SAISEI | 2016年8月27日 (土) 19時28分

奈木野様

寄生虫の私にまでコメントありがとうございますm(._.)m 昨夜に確認しておりましたが宿主のSAISEIさんを差し置いて先にコメントもできず(笑)

5年ぶりと知って驚いています。劇団衛星におられたみたいで。過去にも拝見していたら奈木野さんの存在感を忘れるわけはないと思うので。。もともとの能力にさらに人生経験を加えられた演技力なのかなあ、と思います。違うかな?

ふだん観劇していると出だしがイマイチと感じることが多く最初の台詞の重要性を感じています。今回は脚本もさることながら奈木野さんの台詞からスッと入り込めた感じがします。

今後のご活躍を期待しております。

また舞台で拝見するのを楽しみにしています。

〔追伸〕
少しだけ奈木野さんとは言葉を交わさせてで頂いたんですけどね(笑)

〔SAISEI さんへ〕
いつも場所をお借りしてありがとうございますm(._.)m ショバ代はまた(笑)

AIホールの虚構の劇団『天使は瞳を閉じて』観劇帰りに塚口にて(笑)

投稿: KAISEI | 2016年8月27日 (土) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/64086638

この記事へのトラックバック一覧です: 「10分間」 2016 ~タイムリープが止まらない~【中野劇団】160820:

« 寿歌【カイテイ舎】160819 | トップページ | カゲロウのような夏の日を、シャボン玉にうつる華の燈を【ステラポンテ】160821 »