« 祭!2015 -Final-【足一】151208 | トップページ | 覇道ナクシテ、泰平ヲミル 偽蝕劉曹編【劇団ZTON】151210 »

2015年12月 9日 (水)

桜舞う夜、君想ふ【STAR☆JACKS】151209

2015年12月09日 芸術創造館 (120分)

私がこの劇団を観た最初の作品。2011年の再演版。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/starjacks111028.html
分かりますかね。ちょっとテンション上がって、ブログに感想を書いているのを。
多分、惚れたんでしょうね。そんな劇団です。

で、今回。
これが、もう・・・
もう最高じゃないですか。何から何まで。
熟練した殺陣や高ぶる熱さを魅せるエンタメの力は、この劇団の魅力でしょうが、きっとそれだけでなく、その底にあるしっかりした心、ぶつけようとする想いの力がいいんでしょうね。それがこの劇団、演じる作品の中にある男の魅力なのかもしれません。
個々の登場人物の心情描写はもちろん、シーン描写も非常に丁寧で、じっくりと見せる話の展開。それが蓄積していき、最後にとんでもない集大成を観ることになる。
心震える、感動の美しい物語。
今回は東京でも公演があるらしい。
良かった。こんな凄いもん、多くの人に観てもらわないともったいない。

<以下、あらすじがかなりネタバレします。来週には東京公演もあり、公演期間が長いので、白字にしはしていません。重々、ご注意願います>

小松村七五郎の下に、新聞記者が訪ねて来る。
清水次郎長一家の数多くの腕の立つ侠客の中でも、その腕はもちろん、誰よりも任侠の精神を重んじて男として生きた森の石松。
そんな彼の最期を語って欲しいと言う。
七五郎にとっては、自分の心の中に封印しておきたかった記憶。
しかし、記者が連れてきた一人の女性を見て、七五郎は全てを語る決心をする。
女性はさくらの孫。さくらは、血は繋がっていないが、七五郎が妹として大切にした女性だ。

次郎長一家では、一人の侠客の法要。
いつ死ぬか分からないこのやくざの世界。
それでも、死んで泣いてくれる母親、男を未だ想い続けてくれる妻がいることは幸せなことなのかもしれない。
亡くなった仲間の母や妻が取り乱す姿は、片目を斬られ不自由にしていることもあってか、女もいず、ずっと孤独の身でいつ死んでもいいと思っている石松にとっては、不思議に見えている模様。
そんな法要に、立派な人格の貸元として有名な見受山鎌太郎が娘と共にやって来る。あいにく手持ちが無くて、香典に20両。
しかし、それでは面子が立たないだろうと石松は、香典に120両として書き込む。
この男の見栄を重んじた石松の行動を鎌太郎はとても気に入り、石松には100両の借りが出来た、いい子分を持っていると親分、次郎長を褒め称える。
次郎長は、まだまだ若造が勝手なことをしてと恐縮。
次郎長は先日の抗争で妻を殺された。
愛する妻の願い。もう人を殺めたりしない。やくざ稼業の足を洗い、真っ当な道を歩む決意をしている。
そのために、刀を金毘羅に奉納するつもり。
鎌太郎は、その奉納を、石松に代参させたらどうかと提案する。
石松には、もっと男を磨いて欲しい。それには旅に出すというのも確かに一手か。
かくして、石松は清水から金毘羅へと旅立つ。

その旅の途中、石松は七五郎と出会う。
腕っぷしも弱く、頼りない、半端者。でも、そんな男にも守りたい、ずっと一緒にいたい愛する妻がいるみたい。
何か嫉妬の念も浮かんできて、石松は七五郎に突っかかるが、巧くかわされる。
どこか気が合ったのか、七五郎の案内で金毘羅へ。
無事に奉納を済ませ、その日は、一応緊張していたらしく、旅の間ずっと続けていた禁酒を解禁。しこたま呑む。
真夜中、目を覚ますと、川に身投げをしようとしている男。七五郎だ。
訳を聞けば、都鳥一家という、博打や人さらいなど、あくどい家業で計を為すやくざの組に騙されて、多額の借金を背負ったのだとか。
その借金の肩代わりとして、妹のさくらを女郎部屋に売ってしまった。
それだけでもひどく情けない話だが、何とその金を襲われて盗られてしまったのだとか。
だいたいのことは分かった。恐らくは全て仕組まれていたことだろう。
石松は、都鳥一家の親分と話をつけると言って、都鳥一家に向かう。

都鳥一家には、鎌太郎が呼ばれてやって来ている。
呼び出された理由は、都鳥一家の親分が鎌太郎と義兄弟の契りを結びたいという申し出をするため。
しかし、鎌太郎は、卑劣な家業をするこの一家に手を貸すつもりなど毛頭ない。
日本で本当の親分は次郎長だけだと、都鳥一家を厳しく愚弄する。
そんな中、石松がその場にやって来る。
都鳥一家の汚い手口を暴いて、七五郎から奪った金を取り返す。
その場にいた鎌太郎には後見人になってもらう。相当な権力を持つ鎌太郎に対して、本来なら恐れ多いことだが、二人は互いに顔を知らない。
石松はついでに、最後に七五郎と妹のさくらを会わせてやって欲しいと願い出る。無理な願いだが、ちょっと親分を持ち上げたら、調子にのって許しを得る。
さくらがやって来る。
石松、一目惚れ。
女郎部屋になんか行かせたくない。
石松は自分の素性を語り、あの次郎長一家の侠客だと名乗り、取引を持ち掛ける。
しかし、既にさくらは女郎部屋に100両の値で売られている。都鳥一家のプライドもあるので、少々無理がある。
そこで鎌太郎がある案を持ちかける。
石松の手持ちの金で、さくらを買う。20日間程度買う金はある。その間は、他の男を相手にすることは無い。そして、その間に石松が何とかして100両を工面する。
清水まで戻って帰る時間は無い。でも、近江なら。近江にいる次郎長親分と縁がある見受山鎌太郎にお願いすれば。
鎌太郎は、石松には自分の素性を明かさずにそんな提案を持ち掛け、石松もそれを了承。
さくらは、いったん女郎部屋に連れて行かれ、石松は近江へ行く準備を整える。

石松と七五郎は一度、七五郎の家に向かう。
七五郎はこれまでのいきさつを全て妻に明かす。
妻は呆れかえるが、それでも、この男を愛していると言及する。
追手がやって来る。
石松にプライドをズタズタにされた都鳥一家。
石松を押し入れの中にかくまう。下手に争ったら、さくらの身が危険だから。
追手は家の中を探そうとするが、七五郎の妻は、気丈にはったりをかまし、追手を諦めさせる。
石松が覚悟を決めているなら、七五郎の妻だって、同じようにさくらを取り戻すための覚悟を抱いているみたいだ。

石松は女郎部屋を訪ね、さくらに必ず助け出すことを伝え、出発しようとする。
どうして、自分の命を危険にさらしてまで、私を助けようとしてくれるのか。
この女郎部屋を出る時は、あなたと一緒に出たい。
やくざだからいつ死んでもいいと思っていた石松。
この時、石松にも、自分の死を悲しんでくれる人ができ、死んではいけない、生きて必ずその人の下に帰らないといけない人が出来た。
文を書く。だから、待っていてくれ。
そう言って、石松は近江へと向かう。
このあたりの詳細は、この作品の番外編、前略さくら様という作品で描かれるみたい。

石松は近江の見受山鎌太郎と出会ってびっくり。
まさか、あの時の人が。
でも、おかげで話はトントンと進む。
100両。必ず返すという石松に鎌太郎は返してもらう気は一切無いと言う。
それでは気が済まないと言う石松。
だったら、仲人にして欲しい。
鎌太郎は石松に言う。
今から、清水へ戻り、愛する人が出来たことを次郎長親分に伝えろ。
自分は、女郎部屋に向かいさくらを引き取る。
二人が再び出会うのは、ここ近江。そこで祝言をあげればいい。
自分はやくざ者。でも、やくざなことはしない。義理と人情を重んじた任侠の道。
次郎長親分が常日頃、大切にしていた想いが石松にも理解できたようだ。
本当の男として成長した石松。
石松は清水へと向かう。

しかし、都鳥一家はしつこかった。
七五郎の妻がさらわれ、それを人質に七五郎は石松の居場所を言うように責め立てられる。
自分はいくら傷ついても口を割らない。あのお調子者だった七五郎は、今度は石松を守るために、男の友情を貫いて、必死に責め苦に耐える。しかし、愛する妻が傷つけられる姿を見たら。
石松は刀を手渡され、追手と共に石松の下へと向かう。
清水へ向かう最中の石松。
そこに現れた七五郎と都鳥一家の追手。
石松は、襲い掛かる無数の刀を避け、自らの刀を振り回し。
あの共に過ごした仲間たちの下へ帰るため、愛するさくらの下へ帰るため、そして、さくらとのこれからを過ごす一緒の時間のため。
朦朧とする意識の中、石松は・・・

話の筋は非常に分かりやすい。
要はしびれる男の生き様を描いています。
自分よがりにならずに、常に守りたい周囲の人たちのことを考えて行動する。それが自分のポリシーを貫くことだと言わんばかりに。
背負うものが出来た人の強さでしょうか。
守りたい、守らないといけないものが出来ると、それを失うのが怖くて、人は弱気を見せてしまうようなことも多いかと思います。
それを乗り越えて、自分自身を見出せた者が真の強さを持てる。
その姿は、かっこよさも感じますが、それ以上に美しく尊きものを感じさせてくれるようです。

|

« 祭!2015 -Final-【足一】151208 | トップページ | 覇道ナクシテ、泰平ヲミル 偽蝕劉曹編【劇団ZTON】151210 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/62839002

この記事へのトラックバック一覧です: 桜舞う夜、君想ふ【STAR☆JACKS】151209:

« 祭!2015 -Final-【足一】151208 | トップページ | 覇道ナクシテ、泰平ヲミル 偽蝕劉曹編【劇団ZTON】151210 »