« 零度の掌【May】150627 | トップページ | ヘルタースケルター -リブ・アンド・レット・ダイ-【TEAM☆RETRIEVERS】150628 »

2015年6月28日 (日)

さよならウィキペディア【劇団ジャブジャブサーキット】150627

2015年06月27日 ウィングフィールド (105分)

突拍子もない話で、なんじゃこれといった作品ですが、よくよく考えてみると、確かに作品名にあるような、情報社会への警鐘が隠されているような気もします。
情報は、今やいくらでも手に入り、それを繋げることで、何かの真実にたどり着くことはあるでしょう。
でも、私たちは人間ですから。真実を知ることも大事ですが、そこにある人の想いや心を見詰めることを忘れてしまえば、そんな真実にどこまで意味があるのか。
凄いテクノロジーの下では、情報など一瞬で消し去ってしまうことも出来るようです。世のありとあらゆるデータが消されてしまったら。もちろん、とても困りますが、それでも人の心や記憶までは消せないでしょう。そこに人間という、コンピューターとかではどうやっても真似できない素晴らしい価値があるような気がします。

<7月に東京で公演があるようです。ミステリー要素もあり、下記、犯人が推測できるような文章が含まれており、ネタバレしますので、重々ご注意願います>

舞台はビルの屋上。
プレハブみたいな建物に、幾らかのプランター、物干し竿。
渡り廊下で向こうのビルに移動できる。下が丸見えなので高所恐怖症にはなかなか厄介だ。

1階はホカ弁、3階は組事務所、5階はサラ金。2、4階は空き。6階は先日、夜逃げといかがわしさが漂うビル。
屋上のプレハブには、大家さんなのか、車椅子の男が悠々自適な生活を送っている様子。金にはがめついことで有名。元刑事なのだとか。扉を手を使わずに開けており、何か力を隠し持っている。
あやとりが好きな、ちょっと、いや、だいぶ姿も言動も変わった女の子と一緒に暮らしている。最近、顔色が悪い。もう、最期の時が迫っているぐらいの雰囲気を漂わせる。
このビルの買い取りを考えているのか、役人風の男は、色々と書類を持ってやって来るが、この女の子にすっかり虜になって、いいように扱われる。人を思い通りに洗脳してしまうくらいの力を持っているのか。
いじめにでもあったのか、学校を休んで、毎日、この屋上で双眼鏡を覗きながら、スケッチをする女の子。その絵は抽象的で、風景画ではない。スケッチ以外の目的があるみたいだ。最近、父が失踪して悩みを抱えているみたい。
5階のサラ金はブラック企業みたいで、愚痴りながら、ここにサボりにやって来る柄の悪そうな男。何か大事な書類を紛失したのか、怪しい人に目を光らせて、殺してでも奪い返す勢い。というか、既に殺ってしまった犯罪者のオーラを放つ。夜中に屋上に現れて、向こうのビルとの隙間に毛布を投げ込むという謎の行動を取る。
読心術を持つ占い師。重い病気を患っており、自分の最期も悟っている。できる限り、ひっそりと仕事をして時間を過ごしたいのだが、誰かが占い稼業をwikiに載せたことをきっかけに、その情報が拡大し、落ち着かない日々を過ごしている。情報を消したいのだが、やり方がよく分からないみたい。
その占い師に弟子入り志願する女性。最近、バイト先も決まり、生活も安定し、毎日を楽しんでいる。
向こうのビルに住む母娘。母は、屋上の物干し竿を勝手に使って、洗濯物を干す。がめつい大家に金を請求されるが、適当にあしらっている。娘は、スケッチをする女の子と同級生。友達同士だが、今は距離がある。色々あるのだろう。一緒に付き合うと、あるグループから自分もいじめのターゲットになる可能性がある。でも、苦しんでいるであろう友達を助けたい気持ちもある。それは、スケッチする女の子も同じで、助けて欲しいけど、大事な友達に危険が及ぶなら、疎遠の方がいいみたいな。
そんな娘を家庭訪問する先生。高所恐怖症なので、渡り廊下を通るのに必死。実直そうであるが、なぜか、このいかがわしいビルによく出入りしている。
幽霊の男女。ここから飛び降りたのか、突き落とされたのか。心中とかではない。赤の他人。先に女が死んで、後から男がやって来た。何かに覆われて死角となっているのか、未だ、遺体は発見されず。それでも、そろそろ成仏の時間が迫っている。

記憶の中では5幕に分かれており、冒頭は、未遂に終わるのだが、スケッチする女の子が、隠し持ったナイフで、サラ金の男を刺そうとしているシーンから始まるミステリー風な感覚を残し、1幕は終わる。
2幕でだいたいの人物が紹介される。情報量は膨大で、かつ奇想天外。あまりにも不可思議な人が語る情報も多いので、信憑性は乏しい。この時点では、スケッチする女の子の父親失踪事件がメイン。失踪した父が幽霊の男で、その犯人がこの登場人物の誰かであることは確かで、その推理に必要な情報を取捨選択しながら頭の中で整理する。もちろん、すぐに混乱する頭なので、よく分からなくなる。
2幕の終わりで、空から何かが降って来る。3幕の屋上には、よく分からない不思議な文字が書かれた石版みたいなものが突き刺さっている。事件発生。先生が死ぬ。優秀そうなビシッと決めた女性と、テンションだけ高い、あまり出来なさそうな男の二人組の刑事がやって来る。飛び降りということだが、高所恐怖症の先生がそんなことをするわけがない。誰かに殺されたのだろう。ネットでは、スケッチをする女の子が犯人だと書かれているみたいだ。見た目も悪そうで、ナイフを隠し持っている、精神的にも病んでいる。父の失踪の原因が先生なら、あり得ない話ではない。まあ、こういう不確かな情報に囚われて、それを勝手に組み立てて話を創り上げる。今のネット社会ではよくすることでもある。
4幕は、もう、この屋上が現実離れしたおかしな空間であることが描かれる。どうやら、屋上に突き刺さる石版は、宇宙からの贈り物で、これを組立てると宇宙船になるらしい。つまりは、登場人物の中に宇宙人がいることになる。確かに、おかしな力を持つ者たちがいた。ただ、これがどう犯人探しに繋がるのかが全く分からず、思考がほとんど停止。
そんな中で、真相が明確になってくる。女の子がスケッチをしていた理由。サラ金の男が追う大事な書類。それを持っていた父。持っていた手書きの地図をその書類と勘違いされた先生。犯人は捕まる。様々な能力を持つ、宇宙人たちの力を借りて。
5幕は、エピローグ。宇宙人は無事に旅立った。病気の占い師を連れて。向こうに行けば、地球よりも高度な治療を受けられるのだろう。女の子は、もうスケッチブックを持たず、制服を着て、屋上にやって来る。昔、よく遊びに連れてもらった父との思い出だったこの屋上。どうしてこのビルだったのか。今となっては分からないが。

ミステリーなのか、SFなのか・・・
話は全体として、繋がっているけど、不要な情報も散乱する。というか、結局、この作品を観ていて、自分は何を知りたくて、話から情報を拾っていたのかが実は分からない。犯人探しをしてミステリーを楽しんでいたのか、宇宙人の不思議をコミカルに楽しもうとSF感覚で観ていたのか。ただ、そこに描かれるシーンから、勝手に目的無く、情報を集め、それで安堵していたような気がする。
たとえば、幕転換のたびに、物干し竿に何かがつけられる。玉ねぎ、とうがらし、稲、スルメ、クロサギ。
玉ねぎ、梅雨前ぐらい。とうがらし、夏。稲、秋。と、季節の移り変わりなんて考えて見ていたけど、スルメで崩れたし、それ以前に、数日間の話なので、季節など変わっていない。
ポンと情報を与えたら、勝手に拡大解釈して、その情報に尾ひれを付けるのは、この情報社会が生み出した病気みたいなものなのだろうか。
殺人という現実的な事件と、宇宙人という非現実的な世界が交錯していても、普通に話は進行するし、それを繋ぎ合わせようなんてことも考えてしまう。同一空間で、情報が与えられたら、それをひっくるめてしまうことに違和感を持たないのも不気味だ。
このあたりが、不可思議なこの話を観る中で、浮き上がってくる隠された現代の情報社会への警鐘になっているのか。

情報を得て、繋げるといっても、登場人物の表面的なことを薄っぺらく、つじつま合わせているだけでは、そこにある人の想いにまでは深く入り込めない。
サラ金の男の心の闇や、スケッチする女の子と同級生の互いに想い合う心、幽霊の二人の悔い・・・
それは、表面にある情報だけで、片づけることは出来ないのだろう。
いくらテクノロジーが発展して、ネットでいくらでも情報が入り、それが繋がっても、そこから得られるものは、表面的に完成した形であり、そこにある心情にまで潜り込めるのは、個々の人間の力であるように思う。
もちろん、こんな便利なテクノロジーは捨てられない。でも、時には、得られた情報の中にあるのであろう、人の心にまで目を向けて、その人の中に入ってもいいのではないか。
最後、車椅子の男は、手を使わずに扉を開けることが出来るのに、自分でドアノブを握って扉を開ける。人の心の中には、そんな力で自動には入り込めない。人の心の扉を開けるのは、やはり、自身の手であることを感じさせられる。

|

« 零度の掌【May】150627 | トップページ | ヘルタースケルター -リブ・アンド・レット・ダイ-【TEAM☆RETRIEVERS】150628 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよならウィキペディア【劇団ジャブジャブサーキット】150627:

« 零度の掌【May】150627 | トップページ | ヘルタースケルター -リブ・アンド・レット・ダイ-【TEAM☆RETRIEVERS】150628 »