« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

歌うシンデレラ【関西芸術座付属演技研究所第58期生卒業公演】150329

2015年03月29日 大淀コミュニティーセンター (70分)

学芸会みたいな感じでした。
と書くと、低次元だと馬鹿にしているような感じになるので、言葉を選びたかったのですが、他の言葉が見つからず。
褒め言葉として書いています。
舞台に登場する方々がイキイキしており、とても楽しそう。一つ一つの言葉や動きを、しっかりと熱を込めて丁寧に表現されようとしているのが、観ていて非常に伝わってきます。
話は別役作品だからよく分からなくても、終始、微笑ましく楽しい気持ちになる。これは、学芸会の舞台を観ている時の感覚ですよね。
少しだけダメ出しをしておけば、演技としてはそれは熱演として伝わるのでしょうが、ダンスとなるとまた違うみたいですね。ぎごちなさみたいな感じになります。まあ、これも初々しさとして、微笑ましく素敵だったと思います。

話としては、やはり訳が分からない。別役作品は不条理というより、奇想天外ですね。でも、ちょっとしたところで、色々と考えさせてくれるところがとても好きです。これを全部、繋げ合わせる力があれば、もっと楽しめるんだろうなあ。
題名どおり、シンデレラとか出て来て親しみやすいし、ミュージカル調な楽しいシーンも多いし、笑いのセンスもけっこうコテコテでドリフっぽい感じがして、子供の方が受けそう。
と思って観ていましたが、最後にこの考えは覆されました。
これは大人が観たい作品ですね。
あの頃、見た風景、出会った人たち、想っていたことをたくさん思い出して、今の自分を温かく見詰めてみる。
自分の心の中にはこれまで得てきたいっぱい大切なものが詰まっている。それはちょっと思い起こせば湧き出てきて、今の自分の幸せを感じさせてくれるような話でした。

続きを読む "歌うシンデレラ【関西芸術座付属演技研究所第58期生卒業公演】150329"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

珈琲が冷めるまでの戦争【futurismo】150328

2015年03月28日 コモンカフェ (60分)

非常に面白かった。
話としても、そして特殊な観劇スタイルや演出も。
これ以上、ネタバレ無しに感想が書けない。

観れて良かった。早々と満席になり諦めていたが、急にキャンセルがあったとTwitterで情報が入ったので、残り1席を運よくゲットできた。
こんな面白い作品を観逃さなくてラッキーだったということに尽きる。

<以下、ネタバレしますので白字にします。公演は火曜日まで>

続きを読む "珈琲が冷めるまでの戦争【futurismo】150328"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

Take me out to the moon ムーン組【太子堂事務所】150328

2015年03月28日 シアトリカル應典院 (90分)

幼き頃、病気で死と直面した女性が、立派な大人になるまでの時間を描いている。
一度は失われかけた生。これを大切に守り抜き、この今の時までずっと繋げてきたのは両親、家族、恋人、友人たち。
そんな優しくも崇高な人の触れ合いを、月と地球のような宇宙の感覚で描き、生命誕生や成長の奇跡へと結びつけているような話に感じる。

ただ、観た感想はどうもしっくりこない。
人が触れ合うことの温かさや尊さは感じ、人生が宇宙のように数々の奇跡の連続で繋がっている時間であるような印象は受けるのだが、どうも深く入り込めず、淡々とした事象から無理に思わせているような感が残る。
たかが素人が脚本にケチをつけるようなことはおこがましいとは思うが、淡々とし過ぎていて、感動までたどり着かなかったのが正直なところ。
料理でいえば、料理のレシピやその調理方法にきっと、もっと巧みさを入れて、心震わせる作品にまで出来たように感じる。
ちなみに、料理とたとえるなら、役者さんは素材みたいなものだろうか。この素材は絶品だった。
主人公の姉の感情豊かな表現をはじめ、妹の姉とのナチュラルな掛け合い、姉妹を大切に想う心が自然に父として母としてにじみ出るような両親の役の方々。
話は単調で、やや退屈気味だったのだが、こんな素敵な役者さんの演技を見ているだけで、ある意味、感動はきっちりとしたと言っていいのかもしれない。

<以下、あらすじがネタバレしますので、公演終了まで白字にします。公演は日曜日まで>

続きを読む "Take me out to the moon ムーン組【太子堂事務所】150328"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューリングコード~生まれつき涙を流せない男の話~【シアターシンクタンク万化】150327

2015年03月27日 芸術創造館 (120分)

本当のSFと称したこの作品。
本当のSFという言葉の意味合いは当日チラシに記載されている。
私なんかはSF=空想科学の世界のような感覚なので、通常ははるか未来、もしくは宇宙のどこか私たちとは違う世界での起こり得ないであろう非現実的な話をイメージしてしまう。
この作品は、そんな既存の感覚を捨てさせ、本物を見せようとしているようである。

描かれているのは人間。
それをたった一つのある科学技術が生み出したもの、人工知能を通じて、答えを導こうとしているような話。
人間には、守りたい大切な存在がある。同時に、自分もそんな存在である。
そんな通じ合いを実現する人間は、今の科学が生み出そうとしてる人工知能とはやはり異なる。
人間を単なる莫大に植え付けられた知識や感情の塊としての人工知能としては捉えられない。それでも、そんな人工知能を人間へと導こうとした時に起こる悲劇から、人のエゴや科学の矛盾を考えさせられる。

<以下、あらすじがネタバレしますので、公演終了まで白字にします。公演は日曜日まで>

続きを読む "チューリングコード~生まれつき涙を流せない男の話~【シアターシンクタンク万化】150327"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

RePUbliC【TANSUI.】15321

215年03月21日 元・立誠小学校 講堂 (75分)

チラシの紹介文を読む限りでは、作品のキーワードとなるのは、簡単に書くとだいたい、下記のような感じだと理解。
具象と抽象。その空間に生きる人が醸す空気。
個人と公共。公共としての街を題材に、街と個人、又は個人同士のマクロ、ミクロ的な関係性を見出す。
そして、身体と言葉による表現を用いて、そんな街並みの風景を浮かび上がらせる。

前半は、何となく、そんな街並みが見えていたような気がしたのですが、途中からよく分からなくなってしまいました。
やはり、ダンス公演は難しい。
以下、感想というか、レポ的に、観ながら思っていたことを記していきます。

<よく分からない感想なので、ネタバレするから白字にするというのはおこがましい気がするので、そのままにしてあります。一応、ご注意願います。公演は日曜日まで>

続きを読む "RePUbliC【TANSUI.】15321"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

卒業【劇団チェリーボーイズ】150320

2015年03月20日 大阪大学豊中キャンパス学生会館二階大集会室 (105分)

いつの時代においても、男にとって永遠とも言える普遍的なテーマが題材になっているからなのか、妙に古臭くベタな印象を受けます。
面白いとは思いますし、何かひたむきさも感じるけど、どこか荒く乱暴な創り。
上手い言葉遊びや例え方も、その巧妙さに自分で酔っているような。
まさに、劇団名そのまま、チェリーっぽいなと感じる作品でした。

続きを読む "卒業【劇団チェリーボーイズ】150320"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ぶた草の庭【MONO】150319

2015年03月15日 HEP HALL (110分)

世間から隔離され、見捨てられ、自分自身のこれまでの記憶も消えていき、この先にあるものは死。
過去も消え、未来も無い。
そんな極限状態に追いやられた人たちが、より良き今を懸命に生きるような姿を描いている感じかな。
生きている今日。その今日は、あらゆる人に与えられたかけがえのない大切なものであり、絶対に守られなければいけないものだという想いを抱く話でした。
深くは掘り下げていないものの、今、抱える社会問題が自然に浮き上がるような仕掛けがあり、妙なリアリティーを抱きながら、不安が頭から離れない作品。

<以下、ネタバレしますので、公演終了まで白字にします。公演は火曜日まで>

続きを読む "ぶた草の庭【MONO】150319"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

MoNoKuRo【TrouBleMaker*people】150315

2015年03月15日 インディペンデントシアター1st (105分)

感覚的には前作と似た感じだろうか。閉鎖空間からの脱却が描かれているようである。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-6.html
感情を色に見立てて、それに囚われる人が、その支配から解放される姿を見せる。
人はきっと人生の色々な時点で、様々な感情に支配される。その色で描かれた自分を表現する絵は、どうであればいい、どうであれば普通なんていう概念は無い。
単色でしか絵が描けなくなっている人がいるなら、違う色も素敵なことを教えてあげればいい。モノクロな絵には、豊富な様々な色のクレヨンを渡してあげればいい。
独りで絵を描かなくてもいい。
様々な色を持つ人たちが、各々が好きな色を持ち寄って、描いた絵はきっと素敵な作品として仕上がる。
複雑な話であったが、そんな人の想い合いが、こうあるべきというおかしな普通の概念を崩し、より良く生きる道を切り開くはずといったことを感じさせるような話だった。

続きを読む "MoNoKuRo【TrouBleMaker*people】150315"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

ドロップキック・シスターズ【DOORプロデュース】150314

2015年03月14日 中崎町コモンカフェ (70分)

ある三姉妹の家族会議の会話の中から、自分自身が自身を認め、誇りある価値観を抱いて生きていくことの大切さと、その中で、常に自分だけでなく相手を思いやる想い合いの気持ちを持つことの大切さを見出していくような話かな。
自分が真剣にぶつからないと、相手だって受け止められない。ぶつかりで大きな傷を相手も負うかもしれないが、それは相手にとっても大事な経験。その痛みを知って、自分もまた思いっきり真剣にぶつかり返せばいい。下手に遊び半分で繰り出した技の方が、相手を意味なく傷つけてしまうような感じだろうか。
そんな人のぶつかり合いの妙を描いた話でもあった。

<以下、あらすじがネタバレしますので公演終了まで白字にします。公演は本日、日曜日まで>

続きを読む "ドロップキック・シスターズ【DOORプロデュース】150314"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

逃げる五右衛門【追撃☆ニトロ】150314

2015年03月15日 芸術創造館 (105分)

文句無し。最高。
初演を拝見しているので、そんな感想になると信じていたが、やはりキャストは少し変わっているみたいだし、何よりも劇団としては名前を変えての今回の公演限りの復活ユニット。
この作品は何と言っても、五右衛門演じる、後藤啓太さんの最後の最後まで高まり続ける感情と動きに圧倒させられ、大きな感動が得られる。
あれから2年経つので、もしかしたら、少しは衰えてしまっているかもしれない。
なんてことを考えるのは当然だろう。
でも、全然、変わってなかった。何だったら、経験からか、より輝く舞台になるような巧みな演出も組み込まれていたのかもしれない。初演よりも、これは凄いという感想を抱いている。
旧斬撃☆ニトロの熱き血筋をそのまま受け継いだ最高の舞台だった。
今公演もしっかりと観てきたので自信を持ってそう書ける。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/121103-36ab.html

<以下、キャストのコメントを記したので、配役がネタバレします。白字にはしていませんのでご注意願います。それよりも、早くこの感想記事をアップしたかった。検索で引っかかってこないだろうか。最高の一言を信じて、足を運んではもらえないだろうか。きっと感動できる舞台を味わえるように思うのです。公演は日曜日まで>

続きを読む "逃げる五右衛門【追撃☆ニトロ】150314"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

松原京極オプマジカリアルテクノ【「アーティストインレジデンス in 松原京極商店街」舞台公演】150313

2015年03月13日 KAIKA (95分)

実際にある松原京極商店街のことを、そこにいる方々にインタビューしたりと現地滞在の形で創られた作品らしい。
創られた過程が珍しく、興味深いだけに、出来上がった作品も一風、雰囲気の違った面白味というか味わいのある奇妙な作品でした。
商店街という独特の雰囲気でしょうか。とてもノスタルジックで、歴史の重みや人の温かみを感じる話でした。

<以下、若干ネタバレします。許容範囲内として白字にしていませんのでご注意ください。公演は日曜日まで>

続きを読む "松原京極オプマジカリアルテクノ【「アーティストインレジデンス in 松原京極商店街」舞台公演】150313"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪人B子【大阪大学劇団ちゃうかちゃわん】150313

2015年03月13日 大阪大学 豊中キャンパス 学生会館2F 大集会室 (100分)

パフォーマンスというのか、演出というのか、とにかく凄い舞台を創り上げられるなあと感動。
当日チラシに一体感のある舞台を楽しんでと書かれているが、全くその通り。痺れる素晴らしき舞台を観ることが出来ました。
これは歴代の中でも相当なんじゃないかと、昨年の卒業公演の感想記事を見直してみましたが、けっこう同じようなことを感じている。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/105.html
毎年、感動してるということみたい。

話の感想は下記しますが、捉え方次第で、温かみを感じるいい話のようにも思えますが、一方、不気味さや恐怖を残している感もあります。
怪人B子。白い無機質な仮面を被るその女性の仮面の下に潜む本当の想いを探り、自らの生き方を見詰めるような感じの話でしょうか。

<以下、ネタバレしますので、公演終了まで、といっても、後数時間ですが、白字にします。間に合うなら、駆け付けてその舞台の凄さを感じて欲しい公演です>

続きを読む "怪人B子【大阪大学劇団ちゃうかちゃわん】150313"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

オルタソフィア -憂国の革命因子-【劇団ZTON】150312

2015年03月12日 京都府立文化芸術会館 (110分)

今、私たちが抱える問題をベースに、近未来におけるそのより良き社会への革命の在り方を描く。
今の否定から革命は生まれる。でも、否定から生まれるものは、憎しみや恨みにゆだねられた単なる破壊行動。
愛を持つ。愛ある革命とは何なのか。私たちが経験したことから得る想いを真摯に考えて、未来を見詰める。
様々な立場で、そんな覚悟ある厳しき愛を貫いて、戦う人たちの姿を、お得意の殺陣を駆使したエンタメで壮大に魅せる作品でした。

<以下、あらすじがネタバレしますので公演終了まで白字にします。公演は土曜日まで。せっかくの大作なのに、後2回しか公演がありませんので、お時間ある方は是非>

続きを読む "オルタソフィア -憂国の革命因子-【劇団ZTON】150312"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

火曜日のゲキジョウ【Sweet Dreams×努力クラブ】150310

2015年03月10日 インディペンデントシアター1st (30分+30分 休憩10分)

火ゲキ復活から、観た二つの作品の評価用紙をもらうことになっていますが、今回初めて、両作品ともに10点満点をつけてしまいました。
真逆の感覚の作品だったのですがね。
何か共通のキーワードを考えるなら、距離でしょうかね。
父と母と娘という家族の距離。現実から逃れる男と非現実世界に身を置く女の距離。
その触れ合いが描かれているようでした。
まあ、観終えて、光り輝く青空を見上げたくなるような感覚になるのと、地面の中に潜り込んで身をしばらく潜めたくなるような感覚になるという最後があまりにも対照的ではありますが。

続きを読む "火曜日のゲキジョウ【Sweet Dreams×努力クラブ】150310"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

ツキノウタ【満月動物園】150308

2015年03月08日 シアトリカル應典院 (105分)

今、感想を書く前に、ちょっと初演での感想記事を読み返してみましたが、まあまあよく書けているのではないでしょうかね。
今回の公演で感じたことを表すには、けっこう十分かもしれません。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/120212-5e18.html
まあ、厄病神を疫病神と平然と書き間違えていたり、あの関西を代表する役者さん、谷屋俊輔さんが素敵だと思わなかった時期もあったようなことをクソ生意気に書いていたりするところはご容赦いただくとして。たぶん、観劇を初めて3年経って、一応、趣味として確立し始めた頃で調子のってたんでしょうね。
初演と変わらず、美しく綺麗な作品だったわけです。舞台も歌声も女優さん方も。時は確実に経っているのにも関わらず。

続きを読む "ツキノウタ【満月動物園】150308"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

fly me to the xxx.【劇団うんこなまず】150307

2015年03月07日 Live Space B.SQUARE (85分)

こういった作品の感想を一言で書くのに、何かぴったりはまる言葉があったはずなんだけどなあ。
どこかの劇団の紹介文で載ってて、自分でもこのブログのどこかに書いたことがあるように思うのだけど。
ハイカラ、スタイリッシュ、スマート、・・・
近いけど、これじゃない。思い出せない。

照明、音響、映像が創り出す洒落てて、小粋な雰囲気の舞台で、生き苦しい、息苦しい人の歩みが浮かび上がってきて、そんな人たちが、しゃがみこんだり、妥協したり、受容したり、反発したりするんだけど、やっぱり各々が抱えているものを背負いながら、各々の歩みで歩いていく。
そんな生きにくさの中で人が力強く前へと進むような感じだけなら、この劇団を今ほど好きにはなってないのかもしれない。
突拍子もない大胆奇抜な発想は、今回もしっかりと健在で、だったら、今、自分がいる空間や時間を全て無にも無限にも出来る、それこそ宇宙へと飛び立てばいいんじゃないかと声なき轟音と共に旅立ってしまうような痛快さが感じられる話だった。

続きを読む "fly me to the xxx.【劇団うんこなまず】150307"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

火曜日のゲキジョウ【劇団冷凍うさぎ×モンゴルズシアターカンパニー】150303

2015年03月03日 インディペンデントシアター1st (25分+25分 休憩15分)

今日はひな祭り。
私ぐらいの歳なら、まあ年頃の娘さんがいて、家に帰ったらちょっとしたお祝いをしたりする人もいるんじゃないだろうか。女の子の節句だから、食事でもしようかと彼女を誘い出している若い人もいるのかな。かくいう、私は、こういうイベント日は、スナックもちょっといつもより気合を入れた女の子がいるから、少し顔を出してお喋りを楽しむつもり。
まあ、この部分は帰りの電車の中で書いているから、感想本文を書く頃には行った後ではあるが。
楽しい日じゃないか。
で、何でこんな日に揃いも揃って、鬱々とせざるを得ない2作品を持ってきたのか。しかも、じっくりと深く話に入り込ませる本格的な力を持つような劇団を・・・
出来ることなら、ササッと感想を書いて忘れてしまいたい。
でも、こういう話はなかなか忘れられない。そして、こういった辛い事の方が忘れることが出来ない本能を持つのが人間なのか、その苦しみを描くような作品だったように思う。

<2015.03.04追記:すっかり忘れていました。劇団冷凍うさぎの作品、近々、京都で公演されるそうです。下記、若干、ネタバレありますので、そちらを観に行かれる予定の方はお気を付けください>

続きを読む "火曜日のゲキジョウ【劇団冷凍うさぎ×モンゴルズシアターカンパニー】150303"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

そこはかとなく優しくフィット【ユニットまいあがれ】150228

2015年02月28日 PLACEBO (65分)

温もりを、繋がりを得たい二人の女性が、偶然出会い、ちょっとした触れ合いから、自分たちの今の心に正直になるまでの話かな。
悲しみや辛いことを心の中に封じ込めてしまっていた二人が、互いにそれを解放していくまでの会話をコミカルベースにして、笑いをふんだんに盛り込みながらも、頑張って生きていくことを考えさせられるような作品。
凄く破壊的な面白さを発揮する中嶋久美子さんと、飄々としながらも妙な可愛らしさを醸す米山真理さんの作品名どおりのそこはかとないフィット感に心踊らされる楽しい時間でした。

続きを読む "そこはかとなく優しくフィット【ユニットまいあがれ】150228"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »