« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

曾根崎夢想 赤椿【大阪大学 劇団ちゃうかちゃわん】130831

2013年08月31日 芸術創造館

やはり無理だったか。
これで通算1307本目の観劇だが、ここまでひどかったのは記憶にある限りでは今回で3回目。
作品じゃなくて、体調が・・・

週明けから体調が悪化する一方。
今週は観ておきたい作品が最低で6つ。
既に金曜日が無理で、今日も朝から絶不調。恐らく、風邪だろうし、うつしてしまうリスクなどを考えれば、今週は全て断念すべきだろうとは思う。
でも、何とかとりあえず、仕事を片づけ、勝負に出ることにする。
このままでは日曜日も体調が戻ることはありえない。歳も歳だし、昔みたいに寝たら治るなんてことが無くなってしまった。
全体力を1公演に注ぎ込もう。
そう決意して、勤めるクリニックでビタミンCの点滴。幾つかの免疫活性剤を飲んで、意を決して向かったのがこの公演。
でも、さすがに厳しかったね。この作品に出てくる何とかいう薬でもあればよかったのだが。
途中から、意識朦朧となって、これは恥ずかしながら手を挙げて途中退出せざるを得ないかなと。
何とか最後まで無事に観れただけで、今回はよかった・・・

で、作品自体の感想ですが、まだけっこうしんどいのですが、こうしてブログを書いているということで、どんな風だったかは分かっていただけるのではないでしょうか。
楽しく、爽快な気持ちになれる作品でした。私にとっては、この観劇自体がちょっとした薬と同じ効果を示したということです。
話は曽根崎心中をベースにしているようです。心中ですから、悲劇ですし、原作では、徳兵衛とお初の二人をそこまで追い込んだ周囲の人たちの醜さもけっこうひどく描かれていたように思います。
この作品では、その悲劇の結末である来世では幸せな恋仲でいられるようにということを現世で実現させてあげるような優しい創りになっています。
そして、周囲の悪い人たちは、彼らにもまた、徳兵衛とお初と同じように現世では相通じられなかった人への想いが隠されており、そんな悲しみ、悔しさが人を惑わしたかのような、善意的な解釈になっていました。
ラストのハッピーエンドの描き方が、単にみんな幸せという単純なものではなく、現世での不条理さや、人の妬み、裏切りという愚かさも十分に見せた上で、それでも、来世では無く、現世で幸せな時を刻んで欲しいという、優しい願いが込められているところがとても素敵だと感じました。

あと、こういう時代劇ものだからでしょうか、それとも巧みな演出があったのでしょうか。
この劇団では、今まで感じたことない何か洗練されたという印象を受けました。

<以下、若干ネタバレしているように思いますが、許容範囲として白字にはしていませんので、ご注意ください。公演は明日まで。この赤椿と、演者が異なる白椿が各1回ずつあります>

続きを読む "曾根崎夢想 赤椿【大阪大学 劇団ちゃうかちゃわん】130831"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

E&LP~死刑執行、そしてLINEPOP~【らぞくま】130825

2013年08月25日 船場サザンシアター

毒が効いてて面白い作品。
ちょっと、男にとっては、ゾクッとするような話だが。
現実なのか、妄想なのかよく分からない世界で、女3人が男への愛と憎しみを交錯させています。

続きを読む "E&LP~死刑執行、そしてLINEPOP~【らぞくま】130825"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

許される許されざるに拘らずただ足枷の花束を抱いて【兎桃企画×劇的集団まわりみち'39×菅原ゆうき 】130825

2013年08月25日 ステージプラス

恋愛、好きの価値観の相違がぶつかり合うような話。
みんな、それぞれの人生の中で様々な経験をしているから、異なって当たり前。でも、好きだからこそ、分かり合いたい気持ちも芽生え、互いの好きをどう収めるかを描いているような感じかな。

4人の役者さんがそれぞれしっかりした恋愛の価値観を持ったキャラとして、心情込めた言動がぶつかり、かなり惹きつけられる作品となっている。
見応えがある舞台だった。
ただ、これは仕方が無いところもあるのだが、今回、すごく気になった。
シーン切り替え。
スタイリッシュな転換にしたり、何処かに視点を集中させている間にセットを組んだりと、巧妙な手法を使う一方、暗転の中でドタバタということも多く、この繰り返しが、いつの間にか、暗転のたびに、惹きつけられていた舞台から、一瞬引いてしまう結果となった。
役者さんの演技力や、話の魅力からは、もっともっとのめり込んで観ることが出来たような気がする。

続きを読む "許される許されざるに拘らずただ足枷の花束を抱いて【兎桃企画×劇的集団まわりみち'39×菅原ゆうき 】130825"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

くろい紙に文字をかく【ProjectS∀S】130824

2013年08月24日 アトリエS-pace

死生観みたいなことを描いているのだろうか。
死んでしまってお終いではなく、まだ続きがある。死ぬことで自分の生をどう完結するのかを決めなくてはいけない時間が設けられている。
そんなことを、この作品中の生と死が交錯している不思議な世界で突き詰めようとしているような気がする。

続きを読む "くろい紙に文字をかく【ProjectS∀S】130824"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

瀬戸の花嫁たち【OKAYAMA'S】130824

2013年08月24日 モノカフェ ワヲン

岡山出身の女優さん、吉陸アキコさん(ダシマキmusic/sunday)と森口直美さん(パプリカン・ポップ)の岡山弁で演じる会話劇。
姉妹となった二人の飾らない心の底からの言葉の投げ合いが、互いの想い合いを浮き上がらせる素敵な作品。
何となくのイメージだが、広島のようなきつさを持ちながらも、大阪のほんわかさも兼ねているような地域性を見い出せるような雰囲気で、笑いと共に鋭いところを突く厳しさのある会話を楽しむ。
厳しくも優しさを醸すお二人の素敵な姿が印象的な作品。

続きを読む "瀬戸の花嫁たち【OKAYAMA'S】130824"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偽フェスティバル2【壱劇屋】130824

2013年08月24日 AManTo 天然芸術研究所

真面目に感想を書くような公演じゃないからね・・・
褒め言葉としてくだらないと記しておけばいいだろうか。
それにしても、2年前の偽フェスティバルは、2回観に行ったみたい。
こういうの、やっぱり好きなんだ。
何か、恥ずかしい・・・

続きを読む "偽フェスティバル2【壱劇屋】130824"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏蜘蛛【飴玉エレナ】130823

2013年08月23日 元・立誠小学校 音楽室

ここのせいじゃないだろうか。
観ながら思っていた。
最近、私が一人芝居の感想だけ、妙に厳しくなっているのは。
今年、1月に拝見した一人芝居で、こんな凄い一人芝居もあるのかと感動したのが未だ尾を引いているような気がする。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/130108-fa45.html
ここ基準で観たら、そりゃあそうなる。
絶品クラスだもの。少し切り離して、観るべきかもしれない。

演じる山西竜矢さんの魅力はもちろん、舞台セット、音響や照明との巧妙な連携が観ていて、とにかく凄いわと声に出しそうなくらいになる。
今回も同様。
特に、今回は故郷を想う優しさに溢れる作品となっており、最高に素晴らしかった。

<以下、ネタバレするので公演終了まで白字にします。公演は日曜日まで>

続きを読む "夏蜘蛛【飴玉エレナ】130823"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

春よ行くな【悪い芝居】130822

2013年08月22日 インディペンデントシアター2nd

舞台美術、照明、音響、役者さんの身体が絡まって、出来上がる世界の魅力だろうか。
総合的な劇団の力が創り出す舞台の迫力には驚かされる。
幸せの象徴のような春に見放され逃げ去られたことで苦しむ一人の女性が、春の本質を見出すまでの物語みたいなイメージだろうか。
深い話なので、単純に言葉にはしにくい。
色々な人間の視点から、幸せを見詰めているような作品に感じる。

<以下、あらすじを書いているのでネタバレします。公演が長期にわたるので、白字にはしていませんので、重々ご注意願います。大阪が火曜日まで、その後も9/11から東京で公演があります>

続きを読む "春よ行くな【悪い芝居】130822"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

月夜の日日と永遠の街【ロヲタスハイブリッド劇場】130821

2013年08月21日 インディペンデントシアター1st

夢よりはかなき世の中を、嘆きわびつつ明かし暮らすほどに・・・
和泉式部日記の冒頭文をイメージさせるような、夢幻のような不思議な世界が出来上がっている作品。
恋多き女性として揶揄されることが多いみたいだが、愛する人を亡くしたり、許されぬ恋に苦しんだりと、本当はそんな恋の儚さやむなしさの中で、月明かりのように、自分を本当に優しく包み込んでくれる愛を求め続けていたのだろうか。
この作品は、そんな和泉式部が生前と変わらぬ、自由奔放に恋に正直に生きる姿で1000年という永遠ともいえる時を彷徨いながら、迎えた一つのゴールが描かれている感じである。
それは時を越えても変わらぬ、恋のロマンチックなところが浮き上がってくるようで、何か温かい気持ちになる。

続きを読む "月夜の日日と永遠の街【ロヲタスハイブリッド劇場】130821"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

ショコメ!【演劇畑ハッピーナッツ】130818

2013年08月18日 インディペンデントシアター1st

気楽に楽しく観れるコメディーを創られることは、これまでの公演で分かってはいたが、コント集となったらどうかなと思いながら足を運ぶ。
思っていた以上に面白かったので驚いている。
作品間の場転も非常にスムーズで、テンポのいい観劇が出来た。
そして、単純に全8作品がハズレ無く面白かった。
ボケとツッコミがはっきりとしていて、その掛け合いがマシンガンのように隙間なく撃ち合われる。
その周囲に個性的なキャラを登場させて、その応酬に拍車をかけているようだった。
これだけのものが観れるなら、ここのコント公演は今後も必見だ。

続きを読む "ショコメ!【演劇畑ハッピーナッツ】130818"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

僕と殺し屋とレインポップ【BANANAディストピア】130816

2013年08月16日 芸術創造館

雨で濡れて、どうしようもなくたたずんでいる人に、そっと傘を差し出してくれるような人との出会いを描いたような作品だろうか。
一緒に傘の中で、雨が通り過ぎるのを待つ。
もう濡れてもいいやなんて言って、傘から出て行っても、それを追いかけてくれるような人だっているんだよと伝えているような気がする。
話は、パワー溢れるコミカル要素の多い前半から、じっくり人の心を魅せるしっとりとした後半へと繋がって展開する。
雲行きの怪しさから、雨が降るまでを想像させ、とてもうまい構成だなあとは思うのだが、最後に恐らくは見せている晴れ間が私にはしっかりと感じられなかったところが、ちょっと残念だったかな。

<以下、ネタバレしますので公演終了まで白字にします。公演は日曜日まで>

続きを読む "僕と殺し屋とレインポップ【BANANAディストピア】130816"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青い紙魚【ベビー・ピー】130815

2013年08月16日 京大西部講堂前広場 特設テント

ここは、物語を壮大に創られますね。
昨年、拝見した四谷怪談も宇宙みたいなことを感じさせられる大きなものでしたが、今回は人が生きてきた歴史を祭儀の視点から大きく描いているようでした。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/120629-fecd.html
大きな歴史の流れの中に、今、存在する自分と、流れてきた自分、流れていく自分みたいな感覚が得られ、何やら自分を含め、全ての物を崇拝したくなるような清らかな心地になりました。

続きを読む "青い紙魚【ベビー・ピー】130815"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

C.T.T. Osaka Trial No.15【C.T.T.大阪事務局】130814

2013年08月14日 ウィングフィールド

No.12を拝見して以来。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/ctt-osaka-trial.html
今回はNo.15。
いつの間にやっていたのだろう。全くチェックできていませんでした。

今回は、辻企画、森林浴、カウパー団の三団体。
試演会と称しているだけあって、試し過ぎだろってぐらいの随分と衝撃的な演出が多い。
そして、それだけに訳が分からないなあっといった感じに。
訳が分からないという感想を抱くことは、私の場合、けっこうあって、昔は、イコール面白くないといったところに結びつけていたのだが、最近はその考えもだいぶ変わってきた。

訳が分からないのは、確かにそうだったとしても、幾つかのパターンがある。
一つは本当にそれで面白くないもの。他の人の感想で見どころに関して詳しく解説を受けても、どうしてもそう思わざるを得ないことがある。ただ、これは実は意外に少ない。今回、拝見した3作品もこのカテゴリーには入らない。
こうしてブログを書いたりするから、言葉で書くのが難しいので、そういう訳が分からないの一言で書くしかないのだが、何か心にじわじわと作品が伝えたいメッセージが伝わってきている作品。コンテンポラリーダンスとか、あらすじが無く、心で訴えかけてくるようなパターンで描かれている作品に多い。このタイプはけっこう魅力を感じつつあり、好んで観に行くことが多くなった。今回の辻企画の作品がこれに当たる。
作品の伝えたいことは分からないのだが、とにかく印象に強烈残ってしまう作品。アングラとか言われる老舗劇団の作品や、昔の作品を拝見した時に多い。それと、たいがい惹きつけられて目が離せなくなる凄い役者さんがいらっしゃる。ついつい観に行くのを躊躇してしまうことが多いのだが、勉強のつもりで観に行くようにしている。今回ではカウパー団がこれに当たる。
漠然としているが、かなり具体的に何を描こうとしているかが分かるような気がするのだが、その核心にまで行き着かない。話としては分かるが、それで何を言いたいのか、何を伝えたいのか、作家の考えの理解にまで至らない作品。あらすじというか、設定が詰め込み過ぎで、まとまりが無く、私の頭がキャパオーバーになって途中で思考が停止してしまう。なぜか若手の劇団に多いように思っている。若手の劇団だとお知り合いになった方が多かったりするので、正直、また分からなくてつらい思いをするんだろうなと思いながらも、観に行くことが多い。今回の森林浴はまさにこのタイプにぴったりとはまる。私が苦手としているある若手の劇団とすごく似た印象を受けた。

続きを読む "C.T.T. Osaka Trial No.15【C.T.T.大阪事務局】130814"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

イレカワ【中野劇団】130812

2013年08月12日 インディペンデントシアター1st

面白いなあ。
もう、この劇団の作品が好きで好きでたまりません。
何で、ここまで面白いんだ。
それで、最後はいい話で締めちゃうんだから、もうどうしようもありません。
また、DVD買おう。

続きを読む "イレカワ【中野劇団】130812"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

ヨチムミルク【かぼちゃのドガシャーン】130811

2013年08月11日 イカロスの森

話の筋がしっかりしており、とても観やすい。
揺れ動く、男女の恋愛模様に、一喜一憂しながら楽しく拝見した。
話のまとまり、全体的なスマートさ、役者さんの魅力と、総合的な力を存分に発揮できているような作品で、とても素晴らしい仕上がりだと感じます。

続きを読む "ヨチムミルク【かぼちゃのドガシャーン】130811"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフィニティ・エイト【劇団SE・TSU・NA】130810

2013年08月10日 インディペンデントシアター2nd

今年200本目の記念観劇。
・・・だったのだが、非常に残念な感想となった。
厳しい感想になるが、一言で書くと、面白くない。
この劇団の作品にしては珍しく、全くその世界観にはまらなかった。

過去の過ちを知らずうちに封印していた人たちが、自らが作り出した悪夢の世界の中で、その記憶を取り戻して行く。その中で、人の持つ妬みや自己本位な嫌なところが露骨に描かれるのだが、同時に人を想う優しい気持ちや生きるということへの強さも浮き上がる。
決して嫌いな話では無い。
主要6人の女優さんは、そのキャラを各々、上手く引き立たせており、その掛け合いはコミカルな中にも、各々の心の中で渦巻く負の感情も感じさせられる巧みなものである。
楽しく花咲く懐かしい思い出話から、記憶があいまいという不安感を煽り、そこから徐々に影が現れ、不思議な世界へと連れて行かれる。そこは夢魔がはびこる悪夢の世界。
楽しかった世界から一転、おどろおどろしい世界へと変わるのかと思ったところで、魔法少(?)女というエンタメ色豊かなキャラ登場で光と影のバランスを保つ。
その悪夢の中で不思議使いとやらにより、各々の影の部分がどんどん明らかにされていき、完全な暗闇に突き落とされる。自分たちの学生時代の嘘と罪によって導かれた当然の結果。
でも、そこに光を挿し込ませ、暗闇から抜け出させたのも、自分たちが学生時代に培った友への真摯な優しい想いであり、そして、今を生きなくてはいけないという強い意志だった。
人の嫌なところをしっかり見詰めた上で、それでもどこかにある人の優しいところ、強いところを見出すような話になっている。
舞台は空間をフルに使った面白いセットが組まれる。それが夢魔との対決において、臨場感あふれる世界を創り出している。

多分、面白くないと思ったのは、感覚的なのでよくは分からないのだが、下記のようなところだろうか。
話自体は、よくありがちな設定であり、目新しさは全く感じない。
変に小難しい科学的要素を設定説明の言葉として入れ込んでいるので、わざわざ分かりにくくしている感がある。
また、魔法少女のようなキャラを登場させているのも、綺麗な女優さんたちの可愛い姿が見られることは、この上なく嬉しいことではあるが、これも無理にエンタメ要素を持たせているような悪い印象が残る。
この劇団は、sideAとsideBに分けて作品を創られる。
今回はアクションや仕掛けを盛り込んだエンターテイメント性の強いファンタジーというsideAに分類されている。
確かにこの作品はそれに合っているが、逆にここに固執し過ぎて、伝えたい部分が薄れてしまい、焦点がボケてしまっているのではないだろうか。
言葉は悪いのだが、無理に作品のコンセプトに合わせたようなあざとさが見え隠れして、どっぷりと作品の世界にはまり込めなかったように思う。

続きを読む "インフィニティ・エイト【劇団SE・TSU・NA】130810"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

アンネの日記だけでは【劇団しようよ】130809

2013年08月09日 KAIKA

朗読劇となっているが、これは朗読とはちょっと違うんじゃないかな。
アンネの日記を別に読んで聞かせてくれるわけではない。
アンネがキティーと呼んでいた第三者に宛てた日記を書いていた時の心情を想い起こしながら、今を生きる二人の女性の物語を通じて、一人の女性のその時の赤裸々な気持ちが描かれたような作品。

アンネの日記は、社会批判や生について述べられたところもあったようだが、大半は特になんということも無い幼い女子中学生の戯言のようなことが書かれているらしい。この作品は、そんな後者の少女の心の内側を映し出すというところに焦点を当てているみたい。
抱きしめてあげたいような脆くて弱いところがあったと思えば、ずいぶんとあざとくたくましかったり、勝手な一面や愚かなところも普通に露出させている。
それは浅く淡いようにも見えるのだが、同時に輝く美しさも感じさせる。

<以下、ネタバレしますので、公演終了まで白字にします。公演は月曜日まで>

続きを読む "アンネの日記だけでは【劇団しようよ】130809"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R【JAGGER KIDS】130809

2013年08月09日 新大阪KOKO PLAZA(大阪市立青少年センター)2階エクスプレス・ココ

先日、拝見した一人芝居INDEPENDENT:13トライアルで見事に予選を突破した周藤寿英さんが出演されているみたいなので、ちょっと観に行ってみる。
いやあ、凄いですね。こういうところで鍛えられているんだ。そりゃあ、大人に交じっても善戦するのは当たり前だわ。

頑張らないかんね。この子たちじゃなくて、私がね。そんな気にさせられます。
元気いっぱいに頑張る人の姿を見るのは、本当に気持ちがいい。

続きを読む "R【JAGGER KIDS】130809"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

夢の無い国からの男【劇的細胞分裂爆発人間 和田謙二】130808

2013年08月08日 人間座スタジオ

旗揚げ公演を観に行きたかったのだが、都合がつかず断念。
今回は必ず観ておきたかったので、初日に早速伺った。
チラシのあらすじを見ただけでは想像もしなかった展開に唖然。
そうか、作品名がキーだったのだな。

キャラ設定は、作品の構成上、あまりにも突き抜けており、かなりの悪ふざけも連発するのだが、不思議と単なるドタバタにはなっていない。
劇団名のごとく、爆発した人間が舞台を暴れまわっているが、単にそんな人間がどんどん増えていくような細胞分裂ではなく、静止する期間、力をため込む期間、思いっきり分裂する期間と制御した流れで、いいバランスを保ちながら話を展開している。
面白さの中に、きちんと演劇的な魅力が組み込まれており、非常に巧いと感じる。

<以下、ネタバレするので、公演終了まで白字にします。公演は日曜日まで>

続きを読む "夢の無い国からの男【劇的細胞分裂爆発人間 和田謙二】130808"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

INDEPENDENT:13 トライアル 130807

2013年08月07日 インディペンデントシアター1st

二次予選に引き続き、三次予選を観劇。
二次予選の感想。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/independent13-1.html
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/independent13-2.html

二次予選で〇を付けた方は、基本的に今回も○の一票を投じるために足を運んでいます。
それ以外の方は、二次予選時より、魅力的になったなと感じたら○としました。

続きを読む "INDEPENDENT:13 トライアル 130807"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首吊りサーカス【PT企画】130806

2013年08月06日 細野ビルヂング

一度は経験しておきたかった、観客参加型ミステリー。
まあ、難しいものですな。
推理するとかいうレベルにまで達せず。
ここまで、大事なポイントを見逃す自分に驚きました。

続きを読む "首吊りサーカス【PT企画】130806"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

さらば、クリーニング店 しろくま屋。【劇団青い鳥】130803

2013年08月03日 ウィングフィールド

死んでしまった母と残された姉と弟の会話劇。
姉弟の掛け合いは、微笑ましく、面白い。その中で、揺るぎない心温まる姉と弟の絆が感じられる。
もう母は、姉弟と掛け合うことはできないが、それでも、何かまだ繋がっている感覚を残す。
生死を超えた家族の純粋な絆から、生き続けることの重みとその大きな喜びを思わせる温かい作品。

続きを読む "さらば、クリーニング店 しろくま屋。【劇団青い鳥】130803"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

COMIX!!!!!【斬撃☆ニトロ】130802

2013年08月02日 インディペンデントシアター1st

前回、酷評しているので、2度連続で厳しく書くのは嫌だなあと思って、少し気にしながら足を運ぶ。
いいの出来てるなら、もっとそう宣伝しておいてくれないと。いらない気を回す必要は全く無かった。
非常にテンポがよく、話の展開をスムーズに楽しむ。
そして、勢い、熱量がいつにも増して舞台に溢れている。
エンタメ作品としては、舞台セットなどもかなりクオリティーを追及した逃げる五右衛門が一番好きだが、この劇団が一貫して伝えようとしているメッセージは、今回の作品が一番心に響く。
それもそのはずで、この作品は、再演で、この劇団の原点となるものらしい。
ご自分方のポリシーを情熱持って貫く素晴らしい作品となって、再演されているようであった。

<以下、ネタバレしますので、公演終了まで白字にします。公演は日曜日まで>

続きを読む "COMIX!!!!!【斬撃☆ニトロ】130802"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

HPF2013 総括

昨年に引き続き、講評委員として参加させていただいた。
名前を名乗らないのも失礼な話なので、あまり出したくはないのだが、一応、記しておく。
講評委員リストに評論家として書かれている久保健太郎と申します。
評論家などと大層な書き方をされているが、医療法人再生未来というクリニックで、がんなどの再生医療の治療を仕事とする、5年前から関西小演劇を中心に観劇を楽しませてもらっている、単なる一般客である。
私自身は演劇経験が全く無く、作品を創る、公演を行うということが、どういうことなのかを知る経験をしていない。
そのため、講評の域には達していない、出来上がった作品の単なる感想でしかないことはご容赦いただきたい。
ご自分方が必死に創った作品が、普通の観客にどんな魅力を与えて、心を揺さぶったのかを感じていただき、やり遂げた成果に大きな自信を持っていただければ幸いである。

以下に、拝見した作品の感想記事のアドレスと、簡単なメッセージを記しました。

続きを読む "HPF2013 総括"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

ノッキン・オン・どこでもドア【HPF高校演劇祭 大阪産業大学附属高校】130731

2013年07月31日 シアトリカル應典院

昨年、拝見した作品とテーマは非常に似ている。
妄想の中で、逃げ続けて向き合うことの無かった自分の想いに気付き、そこから未来を自分で切り開こうとする閉鎖空間からの自己脱却物語。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/girlhpf120724-5.html

今年は、扉という明確な出口を置き、そこから脱出してどこへ向かうのかということを分かりやすく描いている。
幼き頃は、自分で行きたいところに本当に行くことは難しく、どこにでも行けるなんてことは夢だった。
大人になって、作品名から想像されるような、どこにでも行ける道具を手に入れたからといって、どこにでも行けるわけではない。
どこにでも行けるという自分の強い意志を持たなければ、扉は開かない。
高校を卒業した男が、本当に自分の出来ること、その広がりを理解し、自分がしたいという想いを見詰め、実際に行動に移すことで、大人の男へと成長するまでを、この高校らしく、コミカルなところを交えながら描いた楽しくも力強い作品に仕上がっている。

続きを読む "ノッキン・オン・どこでもドア【HPF高校演劇祭 大阪産業大学附属高校】130731"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次のページをめくる。【meyou/neutral】130731

2013年07月31日 FOLK old book store

この作品にぴったりの空間で繰り広げられる不思議な時間。
張り詰めた空気の中での静寂な時。
本を読む感覚で見せるという演出だろうか。
いつの間にか、本を読む時と同じような感覚となり、舞台関係なく、自分の世界に浸る。
色々なことを空想しながら、自分の時を過ごした。

<以下、特殊な演出に関して、記してしまっているので、公演終了まで白字にします。公演は土曜日まで>

続きを読む "次のページをめくる。【meyou/neutral】130731"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »