« 京都水族館 | トップページ | 旅行者感覚の欠落【努力クラブ】121210 »

2012年12月10日 (月)

嵐山花灯路

京都水族館に行ったので、そのついでに。
中之島や神戸とは一味違う、やはり京都らしい情緒あるライトアップがされているのですが、寒くて・・・

軽く散策した後、湯豆腐を食べましたが、これをおいしく食べるために、寒さの試練を乗り越えるといった感じになりました。

6_2

写真、全部ピンボケ。
寒いので、片手で適当に撮ったので、そりゃあね。
阪急、嵐山駅を降りると、大きな行灯が並んでいます。

5_2

一番大きかった行灯。

2_2

渡月橋を渡り、左に行くと桂川沿いの道になります。
ここには、屋形船が運行されているみたいです。
500円。10年ほど前にボートに乗った時は、10倍ぐらいの料金だった覚えがあるけど。
乗る人少ないのかな。
で、こちらに進んでしまうと、途中一方通行で行き止まりになってしまうので、橋を渡ってもまっすぐ進みます。
嵐電嵐山の駅を横目にさらに進むと、この竹林の小径に。

3_2

路には小さな行灯が両脇に並んでいます。
光はそれだけなので、これが消えれば恐らく真っ暗でしょう。
そんな暗闇の中、竹がライトアップされています。

4_2

もう、全然分かりませんが、竹だらけ。
小径はさらに、北へ向かって続きますが、途中で桂川沿いの道を通って戻ることが出来ます。

1_3

桂川沿いの路。
向こうの山もライトアップされています。

この行程で、だいたい、1時間弱ぐらいでしょうか。
最後は、橋近くの湯豆腐料理を。
日本酒と湯豆腐で体を温めます。
ちなみに、このあたりの店、メニューを店頭に置いていて、そこの営業時間を見ると18:00ぐらいにはもう閉まるようなことを書いていますが、この日は店を出た20時ぐらいまで普通にやっていました。

中之島や神戸と違って、ゆったり散策といった感じでしょうか。
正直、ライトアップの華やかさはそれほどでは無いです。京都ですから、それがいいのでしょうが。
防寒対策は相当していくことをお勧めします。
ホッカイロとかもポケットに入れておきましょう。
特に橋での山からの吹き下ろしの風は体を凍りつかせます。

|

« 京都水族館 | トップページ | 旅行者感覚の欠落【努力クラブ】121210 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵐山花灯路:

« 京都水族館 | トップページ | 旅行者感覚の欠落【努力クラブ】121210 »