« 二階に上がって、すぐ左【sputnik.】120819 | トップページ | サマースクイズファクトリー【イッパイアンテナ】120822 »

2012年8月22日 (水)

北山川 筏下り

和歌山県の北山村というところへ。
何でも、日本唯一の飛び地の村ということで、和歌山と言いながらも周りを三重、奈良に囲まれてしまっているところです。
大阪からだと車で距離は200kmありませんが、3時間半ぐらいかかります。
途中高速が無くなって、山道の一般道に。そし、さらに昨年の台風や、今年の大雨被害で閉鎖している道が多く、アクセスがしにくいところです。
今回の目的は筏下り。

Dscn0505

Dscn0506

Dscn0507

筏乗り場。
道の駅の奥瀞から、専用バスで20分ぐらいかけて向かいます。
濡れるので、あらかじめ着替えて、サンダル、短パン、Tシャツ姿です。
普段、必ずスーツ姿の私は、実に何年ぶりのラフな恰好か。
3年前くらいまで、フライフィッシングをしていた時の服を引っ張り出してきました。

Dscn0508

Dscn0509

Dscn0510

出発。
すっかり晴れましたが、30分前までは本降りでした。
出発前に仕事の電話で大阪の天気を聞いたところ、快晴だとか。
このあたりは山に囲まれているので、独自の天気みたいです。

筏には筏師という方々が乗っており、筏を運転します。
見ていると漕ぐよりも、真ん中の写真のように櫂を横の岩に突き立てて、岩にぶつからないようにするのがメインの仕事です。
長い筏ですので、一番先から最後までを歩きながら、ずっと櫂を突き立てて筏を岩から遠ざけます。
相当な力がいるのでしょう。
腕はやけて黒く、たくましい筋肉が隆起していました。

Dscn0512

落ちそうで落ちない岩。

Dscn0515

Dscn0518

トロ場に着くとゆったりです。
天気もよく、早起きだったのでウトウトと。

Dscn0522

北山村の名産、じゃばらという多分、柑橘系の果物ですが、ゆずでもすだちでも無い、ここでしか取れないものらしいです。
途中、このジュースが配られます。
じゃばら酒なんてものもあります。
私は、筏下り出発前に、道の駅の喫茶店が、あの美味しんぼの103巻に載っている店だということで、そこで既に飲んでしまいました。
まずくはありませんが、それほど好んで飲むほどのものでも・・・
花粉症とかに効果があるとか。

Dscn0525

倒れた木は、台風などの跡です。

Dscn0526

Dscn0527

瀬に出ると、全員立たされて、手すりにつかまらなくてはいけません。
けっこう揺れて、体が振られますので。
スリル満点とまではいきませんが、十分、楽しめます。

Dscn0529

Dscn0531

この日は全部で3号の筏が。
私は1号艇に乗ったので、後ろをつけてくる2号艇の写真を。

Dscn0536

Dscn0537

時折、魚が跳ねたりします。
フライフィッシングをしていたので、こういう川に週末は必ず通ってたなあと懐かしい気分に。
3年ぶりにまた少しやってみようかな。
でも、今は観劇にはまりこんでるしなあ。時間が足りない。

Dscn0538

Dscn0539

蛙みたいな岩が見えたら、もうゴール間近。
約1時間10分の川の旅終了です。
この後、また専用バスで道の駅まで向かいます。
お値段が実はちょっとお高い。
でも、人件費とか考えると、確かにそれぐらいかかるわなあと。
今度は筏ではなく、ラフティングとかもしてみたいですね。
経験者によると、こちらの方が、格段とスリル満点らしいです。

Dscn0540

Dscn0541

ここからはおまけ。
せっかく、熊野近辺に来たので、5年前に歩いた熊野古道を巡りながら帰路につきます。
熊野市にある獅子岩。
(2007年12月の伊勢路の旅での獅子岩:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/19-646d.html
花の窟神社:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/19-2-7f34.html

海岸沿いに新宮・那智へと向かいます。
玉砂利の七里御浜を車で横目に通り過ぎます。
当時は全長25kmのこの道を歩いて、足がめちゃくちゃになった覚えが。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/19-3-d692.html

新宮市通過。時間の都合で回れませんでした。
(熊野三社の一つ、速玉大社:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/21-2-c523.html
(上田秋成の小説の題材になった浮島の森:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/22-3-48cf.html
(速玉大社の摂社、神倉神社:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/23-2-0bf6.html

那智大社へ向かう道。電車が海岸沿いを通り、のどかです。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/24-b15e.html

那智の滝に到着。

Dscn0542_3

本当は大門坂から入ると夫婦杉とかが見れていいのですが、天気が崩れそうなので、時間短縮のために滝と本社だけに。
(夫婦杉:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/27-6efc.html

Dscn0543

Dscn0544

Dscn0546

台風被害で、だいぶ荒れています。
おおがかりな補修工事も行っていました。
その代わり、以前来た時よりも水量が増えて、見応えのある滝の姿になっているような。
雨が降ってきて、雷が鳴ってきたので、
急いで、那智大社と青岸渡寺を見ます。

Dscn0548_2

ここまで登ると、那智の滝もはるかかなたです。
雨が降ってきて、写真どころじゃなかったですが。

(那智大社:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/28-8ba0.html
(青岸渡寺の胎内くぐり:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/28-2-8551.html

Dscn0551

Dscn0550

Dscn0552

Dscn0553

これは何だろう。
奥の院と書いてありましたが、廃墟みたいになっています。
ただ、彫刻がやたら綺麗です。

Dscn0555

Dscn0557

Dscn0559

那智からずっと海沿いに紀伊田辺まで。そして、そこから高速で大阪まで。
約270kmぐらい。
ずっと高速なら、まあ大丈夫な距離ですが、一般道が150kmぐらいあるので、しんどいですね。
早く、道整備をして欲しいものです。これでは、なかなかこのあたりまでアクセスする人は少ないでしょう。

6:00発で22:00着。
昔、フライフィッシング全盛期の頃は2:00発で24:00着なんてざらだったのに、もうダメですね。
疲れが寝てもとれない。
歳をとったんだなあと実感。20代の頃の話だから。40代になった今はもう・・・
にしても、久しぶりにじっくり遊んだ楽しい日でした。

|

« 二階に上がって、すぐ左【sputnik.】120819 | トップページ | サマースクイズファクトリー【イッパイアンテナ】120822 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いっぱい写真撮ってたんですね!
お疲れ様でした☆

投稿: まゆ | 2012年8月23日 (木) 23時38分

>まゆさん

お疲れ様でした。

疲れ、たまってるでしょ。
週末はあまり無理しないように。

私は次の日、フラフラだったわ。
京都に観劇行ったのもあるんだけど・・・

投稿: SAISEI | 2012年8月24日 (金) 11時19分

もう元気ですよ☆一応20代ですから(笑)

なんて、SAISEIさんの方がずっと運転されてたしお疲れかと思います(>-<;)

明日はヨーヨー釣りのお手伝いやってきます♪
ひとまずこれで夏の行事は終了です。
楽しくできますように(>人<)

SAISEIさんも無理しちゃダメですよhappy01

投稿: まゆ | 2012年8月24日 (金) 23時31分

>まゆさん

祭りばっかりだな(^-^;

また、メールしますわ。
夏バテ気味だから、抑えないとね。
観劇じゃなく、仕事を・・・

投稿: SAISEI | 2012年8月26日 (日) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/55481159

この記事へのトラックバック一覧です: 北山川 筏下り:

« 二階に上がって、すぐ左【sputnik.】120819 | トップページ | サマースクイズファクトリー【イッパイアンテナ】120822 »