« サードハンド【劇団衛星】120625 | トップページ | サヨナラ【baghdad cafe】120630 »

2012年6月30日 (土)

潤色東海道四谷怪談【ベビー・ピー】120629

2012年06月29日 スペースイサン東福寺

客演とかで劇団名はよく目にするものの、本公演は初。

白塗りの役者さん方に、歌舞伎顔負けの演出。
京都ロマンポップしかり、京都の劇団は何やら伝統芸術をベースにしたくなってしまうのかなあ。

話自体は、知っていそうで、実はそれほど詳細には知らない四谷怪談です。
作品名どおり、潤色している。宇宙人とかおかしなキャラも出てきてよく分からない。
別に宇宙人が出てくるからとかではなく、どこか全体的に宇宙を感じさせる仕上がりになっているような気がしました。
江戸時代だけど、歌舞伎調だけど、世界観は壮大な宇宙の中のお話みたいな感じです。
四谷怪談のSF版といったところでしょうか。潤色のレベルを超えて、21世紀の今の四谷怪談はこれだといった感じの作品です。
でも、根幹がしっかりしているのでしょうか。きっと、原作はこうなのだろうと、逆に想像できてしまうような作品になっています。

観終えて、一番印象に残っているのは、このスペースイサンは立派な劇場なんですねえ。
今は亡きベトナムからの笑い声の公演で2回ほど伺いましたが、正直、汚い倉庫みたいなところで、冬だったので寒いし、狭苦しいしという印象が強く残っており、あまり大がかりなことは出来ない小さい劇場と思っていました。
今回は舞台中央に盆というのでしょうか、回転舞台を設け、シーン転換を非常にテンポよく行っています。
また、クレーンを用いた吊り上げなど、視覚的に分かりやすい演出も舞台の迫力を増しています。

転換の妙でしょうかね。この作品の最大の魅力は。
上記した盆はもちろん、拍子木を用いた音によるシーン切り替え。
何より、役者さん方は6人であらゆる役に切り替わりながらの演技。す~っと、ふすまの奥へ消えたかと思えば、しばらくして出てきた時には違う人になっている。
一人何役もこなすのはよく見かける演出ではありますが、これが非常に自然の流れで行われており、今までとはちょっと感覚が違った新しい見せ方に感じました。

歌舞伎らしい見せ場があるかと思えば、シュールな会話を交えた話の展開も盛り込む。一人芝居さながら、語りまくったり、ここぞとばかりに役者さんの実力を魅せるシーンがあったりと演出はかなり凝っています。

目を引いた役者さん。
やはり村松敬介さん(イッパイアンテナ)ですかね。はっきりお顔を覚えている役者さんがこの方だけというのはあるのですが、歌舞伎で言えば女形でしょうか、その魅力を存分に発揮されていました。
大柄でどう考えても女性ではないですが、どこか色気がある姿に、宇宙人の少々狂ったキテレツな様もこなされる。これまでの公演でも味わってきた幅広い芸達者ぶりがここでも出ていました。
柳原良平さん。おいわの妹に恋い焦がれる役ですが、うっ積する人間の業みたいなものが汚く漏れ出してくるような雰囲気を出されます。生々しい人の姿を見せながらも、どこか滑稽である哀しい姿でした。
伊右衛門の松田早穂さん。一言で言うとかっこよかったですね。悪い役どころなのですが、あまり悪さは感じませんでした。むしろ、この人かわいそうだなと。ずっと何かに追い詰められていて、結局自爆しているような憐れな姿。この作品が悲喜劇と呼ばれるのが何となく分かる気がします。

原作の詳細を知らないので、登場人物がごちゃごちゃになってしまい、少々、頭が混乱したのが残念だったかな。まあ、これは自分が悪いのですが。
四谷怪談もちょっと演出を変えれば、こんな新しい見せ方となる。舞台に漂う不可思議な世界観と相まって、何やら奇妙な印象が残る四谷怪談でした。

|

« サードハンド【劇団衛星】120625 | トップページ | サヨナラ【baghdad cafe】120630 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 潤色東海道四谷怪談【ベビー・ピー】120629:

« サードハンド【劇団衛星】120625 | トップページ | サヨナラ【baghdad cafe】120630 »