« それからの遠い国【劇団太陽族】120608 | トップページ | PAPER TRAILER【劇団赤鬼】120609 »

2012年6月10日 (日)

虹の湯けむり大作戦【演劇ユニット月の虹】120609

2012年06月09日 インディペンデントシアター1st

まあ、典型的なドタバタハートフルコメディーといった感じで、私の好みの作品ではあるのだが、正直、少々疲れる感がある。
波が無い。
テンションの山、8合目にずっといてる感じで、最初こそ面白キャラの絶妙な掛け合いの中で進む話を楽しめるのだが、後半になると少し飽きがくる。
公演時間130分オーバーは、私には厳しかった。特にラストはもうくどい感じになってしまったのが残念。この調子で進む話ならば、90分程度でさっくりしてもらった方が好印象は残った気がする。

そうは言っても、非常に楽しい作品である。
愛とはなんてこそばゆいテーマを扱っているが、最後まで力衰えず、ドタバタしながらもそのテーマを貫いたところはこのユニットの力強さを感じる。

男二人、女二人のバンドユニット。
そんなバンドにすっかり魅了された女の子。
いつの日か、追っかけどころか、バンドのお手伝いをするようになる。
物語は、そんなバンドも解散してしまって数年経った後から始まる。

舞台はひなびた温泉旅館。
追っかけの女の子の父が経営している。
女の子はバンドのリーダーと結婚し、かいがいしく夫を支えている。
経営は不況の煽りを受けて悪化する一方。
リーダーは打開策として、昔のバンドメンバーを集めて、イベントを計画する。
一人の女は和菓子の名店の御曹司と結婚。でもお家柄のいい姑とはうまくいっていないみたい。
もう一人の女は、まだ場末の店で歌を続けている。いまだ独身である。
男は謎の経歴を持ち、海外を行ったり来たりして自由気ままに生活しているみたいだ。

集まったバンドメンバーによる温泉旅館再建計画が始まる。
そんな中に、超有名百貨店の御曹司が秘書と共にやってきて・・・

まあ、ドタバタしながら色々とあるのだが、結局は愛を描くような形になっている。
それも、いうなら男の自由気ままで身勝手とも思える振る舞いを強く支える女の愛といったところだろうか。
温泉旅館の父は、良かれと思ってやり始めた天然温泉発掘計画で借金をこさえる。それを責めることもなく、何とかしようと夫と共にかいがいしく働く娘。同時に、これまでバンドやらコンパニオン会社やら色々なものを立ち上げながらもうまくいかず、失敗続きの夫を最後まで見捨てず一緒に暮らしている。親子愛と夫婦愛。
バンドメンバーの和菓子の名店の御曹司を夫に持つ女は、子供が生まれないとか上流家庭特有のお家柄に悩みながらも夫を想う。自分のことを夫は考えてくれていないと思っていたみたいだが、実は一番感謝されていたことがラストに分かる。これも夫婦愛。
もう一人のメンバーは実は、海外を行き来している男のことを想い続けている。男も気にはなっていながらも、女性の邪魔になってはいけないみたいな考えで踏ん切りがつかない。これは普通の男女恋愛かな。
海外を行き来している男と超有名百貨店の御曹司。実は異母兄弟。跡継ぎ問題で揉めることを恐れて、兄が家を出て行っている。出て行っても、弟のことを気にかけており、跡継ぎとして頑張ってほしいと願っている。兄弟愛。
御曹司には実直な秘書がいる。まだまだ頼りない御曹司だが、封建社会の家来のように、御曹司を信じて、幸せになってくれることを願ってやまない。子弟愛みたいなものだろうか。
実は、もう一人謎の女がいて、闇の世界に生きているみたいなのだが、温泉旅館再建を陰ながら応援している。どうも、昔、自分がつらかった頃に温泉旅館の奥さんに心の支えになってもらったことがあるらしい。これも、何愛と言うのかは分からないがそんな感じだろう。
そして、全体を通して、このひなびた温泉旅館にこうして集まる仲間の愛。

スレ違いや誤解などがありながらも、想い合っているこんな人たち。
最後はみんなが幸せになるような形で終える。作品名の虹の湯けむりがキーワードとなる。

全てのキャラが全般的に濃く、かなり個性的であるのだが、その中でも、作品の雰囲気の中心となっている方。
よしむらゆうこさん。和菓子屋の御曹司の奥さんであるが、まあ終始、ボケてボケて忙しい。休む間なく、最後までやり通された。まあ、凄かったな。苦境を語る10分程度が唯一、そのテンションの高さがおさまった時間である。

気楽に観れて、話も分かりやすく楽しいのは間違いないのだが、やはり上述したようにメリハリ感に欠けているところが感じられる。見どころをだくさん盛り込み過ぎなのかなあ。ちょっと疲れる。緩和の部分が少し欲しい。
愛も種類豊富で焦点がぼやけてしまったところもある。
ざっくり観て楽しかったでいいなら、これで問題ないだろうが、何か強調して伝えたいものがあるなら、そこにポイントを絞る話の進め方には工夫が必要な気がする。

|

« それからの遠い国【劇団太陽族】120608 | トップページ | PAPER TRAILER【劇団赤鬼】120609 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虹の湯けむり大作戦【演劇ユニット月の虹】120609:

« それからの遠い国【劇団太陽族】120608 | トップページ | PAPER TRAILER【劇団赤鬼】120609 »