« 優しさに、染めたい【大阪芸術大学 エルシノア】120121 | トップページ | 京都市美術館鑑賞 »

2012年1月21日 (土)

ターザンボーイのチヤホヤされたいあなたへ【ターザンボーイ】120121

2012年01月21日 芸術創造館

隣でポータブルシアターが恐ろしいほど真剣な作品を公演されている横で、お笑いイベント。
隣では息をのんでみんな観てるんだろうなと思いながら、こちらはケラケラ笑わせてもらっていました。

ROPEMAN(33)さんが所属しているのかな。ターザンボーイ。
名前を覚えて帰ってと言われましたが、後のお二人は忘れちゃった。
そんなターザンボーイが主催するお笑いコントライブです。

前説は急遽、若旦那家康さんがされていました。
何か事故ネタとかで軽く会場を温めてスタート。

ターザンボーイと圓札愛里さんのショートコント風のネタで諸注意などをします。
以後も、間にこのお三方が、つなぎをされます。
一応、一つの物語になっているという設定です。

かのうとおっさん、ニュートラル、ROPEMAN(33)、ターザンボーイと圓札愛里さん、安定志向。

まあ、各ネタを書いても仕方ないですね。まあ、軽く簡潔に。

かのうとおっさんは、2本立て。お二人の独特な世界を楽しみます。普段見慣れているだけに、間違いない面白さで安心。コントだけでなく、一人語りでかのうさんがしっかり笑いをとられます。漫談も出来るんだあ。
ニュートラルは河上由佳さん(満月動物園)、西原希蓉美さん、木下朋子さん(彗星マジック)が出演。普段の舞台でもどこかふわふわした掴みどころがない役者さんのイメージですが、コントでもそれを発揮。
弾けている木下さんがかわいらしかった。
んっ、順番違うかな。ターザンボーイと圓札愛里さんで取調室コント。圓札さんが面白刑事になって、時事ネタを盛り込んだ笑いをとられます。

ROPEMAN(33)はsueさんだったかなと朗読劇。普通ならくだらんギャグもなぜか面白く感じてしまう不思議な魅力。
ターザンボーイは漫才。本業なのかな。さすがにうまいです。
安定志向も漫才。これこそ本業ですものね。M1とかにも出場される力はやはり貫禄です。一番笑ったかな。

何で、この企画をやることになったんだろう。
まあ、面白いからいいんだけど。
公演が重なる中に、日程組み込むのなかなか大変。
出来れば、公演の少ない平日とかにあると息抜きがてら楽しめるので嬉しいな。
わがまま過ぎるか・・・

楽しい時間を過ごせました。
ありがとうございました。

|

« 優しさに、染めたい【大阪芸術大学 エルシノア】120121 | トップページ | 京都市美術館鑑賞 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ターザンボーイのチヤホヤされたいあなたへ【ターザンボーイ】120121:

« 優しさに、染めたい【大阪芸術大学 エルシノア】120121 | トップページ | 京都市美術館鑑賞 »