« カノアティックブルー【劇団捻暮ロジック】111210 | トップページ | シャトル!【JUIMARC】111211 »

2011年12月11日 (日)

ザ・ボイスアクター オンライン編【劇団6番シード】111211

2011年12月11日 芸術創造館

もう、ここ最高!
危なく見逃すところだったよ。
たまたま、アニメ編観て、素晴らしいのを体感したからよかったものの、観てなかったらと思うと・・・
(アニメ編感想:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/6111208-274b.html
運が良かったと思います。

アニメ編以上の、隙間ないスピード感。
話の展開のテンポの良さ。
面白くて、感動して泣けて。
最高でした。
いつでも、大阪に来て欲しいですね。
いや、東京だけでの公演でも十分観に行く価値がありますね。

カーテコールで初日は人が少なかったようなことを言われていましたが、劇団も自信持って凄いと宣伝しておかないからですよ。
本当に凄いんだから、ちゃんと言っておいてくれないとダメです。それに、凄いこと知ってる人はもっと宣伝しておいてくれないと。
本当に観れて良かったです。

アニメ編と同じく、アフレコ現場。
この作品はオンラインゲームのアフレコになっています。

アニメと違って、ゲームの進め方によって同じシーンでも数種類のパターンがある。
キャラクターの属性選択によっても、数パターンのキャラの使い分けがある。
それを全部吹き込まないといけない。
そんな特殊な現場で起こる問題に、声優がポリシーをもって立ち向かう様を描いています。

アニメ編でも登場した主人公と共に旅をするかわいらしいキャラがこの話の主人公。
上述したように、アニメと違った特殊な設定により、その主人公の声優のセリフ量が常軌を逸脱した量になります。
まともに考えれば、普通のアフレコでは無理。
現場にいるゲーム会社の人達は、ビジネス的に声優の誇りなど無視して、コンピューターを利用した音声システムで事を済ませようとします。
機械を通した声など、声優としてはあり得ない。キャラを愛し、その声を生み出す。自分から発された声以外なんて・・・
でも、現実は声優の喉にも限界がある。
どうしたらいいのか・・・
誇りをもって声優の仕事を営むベテラン声優の仕事への熱き想い、その声優を尊敬する付き人の真摯な想いが、現場の人達の気持ちを動かす。

設定としてはアニメ編と同じ要素が含まれています。
1人の真剣なポリシーが多くの人を動かす。
こんなことに人は感動しますよね。私はすごく好きです。こういう考えが。動かす人も好きだし、それに呼応して動く人も好き。そんな中に自分も入っているととても嬉しい。だから、この話がすごく好きになったのかもしれません。
これは演劇作品でノンフィクションですが、現実にだってありますよね。

表現者側、客側問わず、演劇関係者ならばよく分かるんじゃないですかね。LINX'S・・・

主人公のベテラン声優が宇田川美樹さん。
強烈です。
セリフ量の膨大さ、上記したように同一シーンでの多種のパターンに、多種のキャラ設定。
全て、本当に1人でされます。
これはもう最高レベルの一人芝居状態であり、かつ猛烈なスピードでこなします。
もう、本当に感動です。素晴らしかった。

その付き人が、んっ、誰だ。
配役表あるけど、分かんない。多分、栗生みなさん?違ったらごめんなさい。
もう、泣きの演技がね・・・
あんなもん見せられて、うるっとこない人いますかね。ある意味、汚すぎるよ。
真摯な思いが認められて本当に良かったねえと協調してしまうような見事な演技でした。

アニメ編と同様、マネージャー役の椎名亜音さん。
片っ端からツッコんで切り捨てていく様は絶賛です。
間髪を容れないというのはこういうことだな。
この凄さは、生で体感して笑った人しか分からないでしょう。

まあ、他にも個性的なキャラを演じた役者さんがいっぱいいらっしゃるんですが、きりが無くなるから。
また、今後、大阪に来られた時にじっくり味わってコメントを書かせていただきたいと思います。

両編とも素晴らしい作品でした。
しばらくは、いい作品に出会った時に、この作品にどこまで近づいているのかを基準にするぐらいになると思います。
いい劇団を見つけました。
今週の大きな観劇の成果です。

|

« カノアティックブルー【劇団捻暮ロジック】111210 | トップページ | シャトル!【JUIMARC】111211 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
そんなにいい作品だったんですねー!
東梅田駅の辺りに置いてあったチラシは見たんですが、あんまりちゃんと読んでなくて、声優さんの何かイベント???と思ってました。
人がいっぱい集まったインパクトのあるチラシでしたね。

次、見れるといいなぁ

投稿: まゆ | 2011年12月12日 (月) 00時28分

>まゆさん

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

ここ、本当に最高だったよ。
もっと宣伝して、多くの人に見てもらいたかったですね。

チラシだけ見ると、ちょっとテレビっぽい感じがして、いつもは敬遠するんだけどね。
たまたまだったけど、観れて良かったです。

次回、もし見かけたら是非、是非。

ちなみに、12月は徳島の仕事先の方が大阪に来られて、打ち合わせをすることになりました。
私が徳島に行きたかったのに(`ε´)
また、来年ですかね。
里帰りされるんでしょ。
気を付けて、お戻りください。

投稿: SAISEI | 2011年12月12日 (月) 10時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ボイスアクター オンライン編【劇団6番シード】111211:

« カノアティックブルー【劇団捻暮ロジック】111210 | トップページ | シャトル!【JUIMARC】111211 »