« バイバイ【演劇集団よろずや】111218 | トップページ | うしおととら 第十九章 「霧がくる」【シアターOM「うしとらプロジェクト」】111219 »

2011年12月19日 (月)

うかむ瀬6<北新地>

そろそろ忘年会シーズン。
騒がしい店は避けて、いつも静かなこのお店へ。
今回は、泌尿器科分野を中心に活躍されている先生方と、お食事。
来年に向けて、新しい治療法の可能性を探りながら、楽しく飲みます。

Dscn0228

年なごりの御献立コース。
茶ぶりなまこの柚子おろし。
なまこが好きなんで、量が少ないくらい、
これでずっと酒飲めます。

Dscn0229

かに糝薯のお椀。
贅沢言うのもなんですが、もう少し崩れるぐらいの固さがいいですね。
箸で崩せないぐらいの固さだったので。
出汁は絶品です。

Dscn0230

ふぐとひっさげのお造り。
ひっさげはマグロとヨコワの間ぐらいに成長した魚らしいです。

Dscn0231

赤ワイン、桔梗ヶ原メルロー。
いつもは日本酒をいただきますが、今日はちょっと体調もいまひとつなので健康的なワインで。
シャトーメルシャン。
何かメルシャンと言ったら安くて、あんまり味も・・・なイメージですが、全然違いますね。
ボルドー、ブルゴーニュに負けないしっかりした味わい。
メルローも日本で作っているというのですから、日本のワイン生産もレベルが上がっています。

Dscn0232

いくらのちょっと丼。
本当にちょっとで3口程度。
まあ、懐石料理ですからね。がっつり食べたいなんてことは思ってはいけないのです。

Dscn0233

ほっこり雪見の煮物。
芋煮とか風土料理であるような一品です。
温まります。
そして、ワインに非常に合います。
ワインの写真を撮り忘れました。
名門シャトーラトゥ-ルを飲んでいます。

Dscn0234

寒ぶり塩焼。
まあ、あんまりぶりが好きじゃないので。
時期だから仕方ありませんね。
でも、おいしいのはおいしいです。

Dscn0235

いつものように、コースとは別にチーズ盛り合わせ。
このブルーチーズにフランスアカシヤ産はちみつをかけて食べるのがいいんですねえ。

Dscn0236

ワインはサンテミリオンのヴィルジニー・ド・ヴァランドロー。
濃さだけでいうと、桔梗ヶ原メルローよりも上ですが、味わいはやっぱり日本のワインも負けていません。

Dscn0237

河豚の唐揚。
まあ、普通。

Dscn0238

鉄皮ぞうすい。
締めには最高ですね。

Dscn0239

うずみび。
デザートで終了。

全般的にあっさりした物が多かったので、ちょうどおなかはいい感じ。
多かったり、少なかったり、飲む酒によっても違うし、懐石は作り手も大変ですね。

Dscn0240

この後、近くのANA クラウンホテルのバーで飲みます。
ザ・ライブラリーバー。
このホテル、バーあったんだあ。
知らなかったので、わざわざヒルトンまで足を運んでいました。
こじんまりとして、アンティーク風。ホテルの大々的なバーって感じではなく、ゆったりと落ち着いた時間を楽しめそうです。
まあ、場所柄、完全にアフターがいますけどね。
ただ、ちょっと接客良くないなあ。
バーボンをショットで注文して10分以上待たすのは、どうでしょうか。
大して混雑もしてないし、バーテンダーさんやスタッフさんも十分いらっしゃるのに。
おかげで、帰る時間ギリギリに出てきたので、一気飲みするはめになりましたよ。

|

« バイバイ【演劇集団よろずや】111218 | トップページ | うしおととら 第十九章 「霧がくる」【シアターOM「うしとらプロジェクト」】111219 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ブルーチーズに蜂蜜ですか 想像つきません(*_*)

今回のバーはお客様を待たせ過ぎですね

投稿: まこと | 2011年12月27日 (火) 19時50分

>まことさん

お久しぶり~(゚ー゚)
年末で少しは時間が出来たのかな。

ブルーチーズ+はちみつは家でやってもおいしいよ。
是非お試しあれ。

ここのバーはちょっと教育が足りん(`ε´)

投稿: SAISEI | 2011年12月28日 (水) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/53519309

この記事へのトラックバック一覧です: うかむ瀬6<北新地>:

« バイバイ【演劇集団よろずや】111218 | トップページ | うしおととら 第十九章 「霧がくる」【シアターOM「うしとらプロジェクト」】111219 »