« JUMPIN JUCK TOYS!【劇団赤鬼 岡本拓朗プロデュース公演】110702 | トップページ | 今日の晩御飯 7/1 »

2011年7月 4日 (月)

よろめきジャック~景気豆の木三種の神器~【劇団舞台処女】110703

2011年07月03日 ロクソドンタブラック

あ~、久しぶりだな。
こんな気分悪い観劇。
あまりにも気分悪く、この日ははしごするの辞めて、これで観劇終了にしましたわ。

作品じゃないです。
作品はなかなか面白かった。

一部の客です。
子供もたくさん観劇しており、少々騒ぐのはまあ仕方がないぐらいの覚悟をしていたんですが・・・
子供に2時間集中しろと言うのも無理な話でしょう。大人でも出来ない時があるぐらいだから。
退屈でしゃべりだす。他の客にとっては迷惑ですわな。でも、まあ仕方がないかなくらいには思っています。
問題視しているのは親が注意しない。これはおかしいだろ。これじゃあ、子供は暴走する一方ですよ。

最後の方で、演出として大量のスーパーボールが客席に転がってきます。
それを舞台に投げ込む子供。
舞台上では、この作品のメーッセージを語る大事なシーン。
スーパーボールが投げ込まれりゃあ、それを集中して観れない。
親が注意しないもんだから、辞めようともしない。
父親も母親もいたけど、何を考えているんだろう。

そして、劇団も。

こうなることは十分予測できたんじゃないかな。
童話を下敷きにしたメッセージ性のあるしっかりした作品だったけど、こんな感じの集中できない適当な観劇されて満足なんでしょうか。
開演前にちょっと一言、お子様にも楽しませるつもりだけど、ちょっと周囲の客に気を配ってね、保護者の方はそのあたりどうかよろしくぐらいのこと言えばいいんじゃないですかね。
お決まりの携帯電話切ってよりも、こっちの方が大事だと思いますがね。
携帯電話が鳴った方がよっぽどよかった。

これまでの観劇総本数、500本間近になりましたが、ワースト観劇の5本指ぐらいに入れておきます。
ワーストなのは観劇ですからね。作品とは何も関係ありません。
上述したように話自体は、童話をちょっと無理やりっぽいところがあるものの、うまく今の日本の格差社会に風刺しており面白味がありました。
役者さんも木下駒さん(劇団13番街)の年齢を感じさせない動きに感服。
女優さん方も、夢、夢と語りながらも何をすればいいのか、いつその機会が訪れるのか、私達が日常感じているような悩みに同調しやすい雰囲気を出しながら、元気な演技をされていました。

最後はイラ立って劇場を後にしたので、作品の本当の魅力は理解できていないと思います。
台無しになりました。
非常に残念です。

|

« JUMPIN JUCK TOYS!【劇団赤鬼 岡本拓朗プロデュース公演】110702 | トップページ | 今日の晩御飯 7/1 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

この度は劇団舞台処女『よろめきジャック』にお運びいただきましてありがとうございました。
記事拝見いたしました。ご指摘の内容については私どもの配慮が足らず、お客様に多大なるご迷惑をおかけしたことお詫び申し上げます。
今後はこのようなことがないように、あらゆる事態を想定し善処していきたいと思います。
貴重なご指摘ありがとうございました。
またこれに懲りず今後とも劇団舞台処女をご愛顧いただければ幸いでございます。
ありがとうございました。

投稿: だんね | 2011年7月 5日 (火) 06時24分

>だんねさん

ご丁寧なコメントありがとうございます。

公演に全力で取り組まれた皆様にとっては、不愉快な文章だったとは思いますが、一意見として少しだけ頭に入れていただければ幸いです。

記載したように作品自体は興味深く拝見させていただきました。
面白そうな役者さんもそろっていらっしゃるので、今後も楽しませていただくつもりです。

益々のご活躍を期待しております。

ありがとうございました。

投稿: SAISEI | 2011年7月 5日 (火) 08時47分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よろめきジャック~景気豆の木三種の神器~【劇団舞台処女】110703:

« JUMPIN JUCK TOYS!【劇団赤鬼 岡本拓朗プロデュース公演】110702 | トップページ | 今日の晩御飯 7/1 »