« 今日の晩御飯 6/18 | トップページ | STAND UP ALONE【四方香菜Monthly Performance】110619 »

2011年6月18日 (土)

Grand Finale【しろみそ企画】110618

2011年06月18日 芸術創造館

ここはほんわかした感じでちょっと泣かせる作品の印象が強く、好きな劇団の一つです。
役者さんも個性的で味のある方が揃っていますし。

今回の感想ですが、作品関係なく、観ていてずっと思っていました。
声が通り過ぎる。何か特別な発声練習してるのかな。
芸術創造館は基本的に声が聴き取りやすいと思っているのですが(ちなみにHEP HALLはひどい)、それでもすご過ぎる。
いいことなんでしょうけど、あまりにも印象に残り過ぎて。

(以下、ネタバレ注意。日曜日も公演があります。ただ、当日チラシで想像できるレベルだと思うので、白字にはしていません)

テーマは大切な物みたいです。
なるほどなとは思えますが、それをあからさまに主張しているような話にはなっていません。
恐らく劇団の色をうまく使って、メッセージ性を強引に押し出さず、自然にわいわいやってる中で、不思議とそれを感じ取るような形です。

自分の住んでいた長屋が火事で両親を亡くした青年。
財閥の奥様に養子に迎え入れられますが、権力主義にあまりなじめず、家を飛び出してもう何年も。
久しぶりに呼び出されて戻ってきた家は、昔の姿とは全く異なる。
何やら一大アミューズメントビルとなっている。
そして、そこのオーナーの後継ぎにさせられるよう。
しかも知らないうちに愛想の悪い義理の妹までが出来ている。

アミューズメントビルは着々と建設中。
奥さま、義理の妹、執事、工事の作業員、青年の友人、近隣の住民、アクションスター、ウェブアイドルなど何やらよく分からない人達も交えて、ビル建設に賛成、反対とやりあっている模様。
青年は昔の本当の両親との思い出である長屋が失われるのが嫌で、ビル建設には反対。
賛成派と反対派の争いが始まるが、奥さまの絶大な権力に逆らえるものは少なく、圧倒的に不利。

そんな中、青年はビルの中で若い女性の幽霊と知り合う。
他の人には見えていないみたい。
聞けば、過去につらいことがあって亡くなった地縛霊。
ビルが建設されれば、それで恐らく成仏して消えてしまう。

いつの間にかその幽霊に恋する青年。
賛成すれば成仏してお別れ、反対すれば自分の大切な思い出が消える。
ずっと一人でさまよい、今やっと人と話せ、自分しか頼れない幽霊を守りたい、そんな葛藤と闘いながら、苦悩する。
それに、青年のことばかり気にかける母親に放っておかれ、一人で頑張ってきたために素直に感情表現できない義理の妹のことも気にかかる。孤児なので家族愛に対する受け答えがどうしていいか分からないみたい。

決断を迫られる青年の行動は・・・

最後の方までは、大切な物探しのような話になっており、大切だからそれを選べばいいという訳にはいかない現実的な葛藤を描きながらも、面白いキャラクターに扮する役者さんが笑わせてくれます。
最後の方が話の到着点にたどり着かせるために、いささか無理な設定が急にたくさん入り込んでくるところが、悪い言い方をすると作品を幼稚な印象にしているような気がします。
ただ、これはそれを狙っているのかもしれません。
持っていき方次第では、非常に重苦しく大切な物って何、愛って何みたいな話にも出来そうですが、そうしたくなかったのでしょう。
あくまで軽い感じで、笑いながら楽しく観て、何か心に残らせて客を帰らせたかったのでしょう。

役者さんは皆さん個性的なんですが、印象に残っているのはウェブアイドルというおかしな役の鈴村智子さんかな。
ぐちゃぐちゃ言ってないで、自分の思ったまま、大切な物を大切にしなよみたいな感情がこもった表情が頭に残っています。実際に、そんなセリフを割れんばかりの声で叫んだ時はちょっとドキっとしましたね。一人妄想芝居のところは面白かったなあ。
あとは、私がこれまでにもよく拝見している役者さんは健在。
絶妙にかわいさと悪さを豹変させて笑いを誘う幽霊役の中山明菜さん。
ぼそっと面白いことをちょこちょこ言ってる執事役のなかしまひろきさん。
大げさなまでの表現が目をひきつけてしまう何か分からない急に出てくる人、松永泰明さん。
ベテランの貫録、優しさを滲み出しながら色々な人へアドバイスしてキーマンになっている新米工事作業員の井上キホーさん(劇団暇だけどステキ)。ところどころに盛り込んでくる悪ふざけっぽい笑いは最高。
・・・

多分、まだこれで劇団として3回目の観劇だと思いますが、この劇団らしいアットホームな感覚で何かを控えめに訴えてくるような、これまでとよく似た印象の作品でした。

次回は11月。また、楽しませてもらいます。

|

« 今日の晩御飯 6/18 | トップページ | STAND UP ALONE【四方香菜Monthly Performance】110619 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Grand Finale【しろみそ企画】110618:

« 今日の晩御飯 6/18 | トップページ | STAND UP ALONE【四方香菜Monthly Performance】110619 »