« 今日の晩御飯 6/24 | トップページ | 仁義なきヤツらがやってきた【U・WA・SAの奴等produce】110625 »

2011年6月25日 (土)

今日の晩御飯 6/25

今日は少しお昼に時間が空いたので、ほとんどその時に作っておきました。

Dscn1974

「肉じゃが ~見た目なんか気にするな。大事なのは中身だ~」
先日、後輩が作ったのを真似て作製。
ほんだしを入れ過ぎたかな。汁が濁って汚い。
でも、じゃがいも・にんじんはほくほくだし、玉ねぎのいい甘味が出てる。
肉は牛小間切れを使用。しらたきも追加。
これまでは色合いなど気にする余裕がありませんでしたが、最近はちょっと考えるようになりました。
さやえんどうなど入れて緑も加えた方がいいでしょうね。
味は合格。

Dscn1973

「トマトのオーブン焼き ~そのままでいいじゃん? いやダメだ。冒険しないと~」
あんなに甘くておいしかった高級フルーツトマト。
すっかり酸っぱくなってその甘味を失ってしまいました。
中をくり抜き、にんにく、パン粉・モッツァレラを混ぜて詰めて、オーブンへ。
そのまま食べていれば・・・、いや、そんなことはない。
冒険にはリスクが付き物。
でも、挑戦しないと。

Dscn1972

「たまごきんちゃく ~包まれていれば安心? 甘えるな。いつでも敵はやってくる~」
厚揚げの壁、弱いなあ。
厚揚げを広げて袋状に。そこにたまごを入れて、白だしで煮る。
穴とかは空いて無かったけど、何でこんなに漏れてるんだ。
白だしがたぷたぷ厚揚げの中に入り込んで、たまご、ぐちゃぐちゃ。
半透膜なのか。それだったら医療用に使えるじゃん。
味はまあいける。

Dscn1970_2

「ポテトアボガドサラダ ~1+1=2。 常識にとらわれるな。10にだってマイナスにだってなる~」
これも、先日、後輩が作ったのを真似て作製。
違うのは何かアボガドも混ぜてみたこと。
各々のいいところを打ち消す絶妙の組み合わせを発見しました。
まず、じゃがいもの甘い味は消えます。そして、アボガドのペーストっぽい食感も消えます。
ベタベタした無味のサラダです。
強いていいところを挙げれば、あの無味のきゅうりの味が引き立つところです。

Dscn1969

「ヒレカツ ~叩けば締まる。人も肉も同じ~」
レシピに肉を叩けばおいしくなると書いてあったから、嫌なことを思い出しながら、叩きのめしてやりました。もう、ぺっちゃんこになってましたわ。
でも、確かにうまい。まあ、叩かなかった時との比較試験をしていないので、どうかは分かりませんが、とにかくおいしのは間違いない。
手軽に出来てうまい。
定番メニューになりそうです。

Dscn1971

こちらは2回目の鶏から揚げ。
前回はやや中心が生だったけど、すごくおいしかったのに、今回はいかん。
鶏胸肉に市販のからあげ粉を付けるだけなのになぜだろう。
ヒレカツを作った後の油がもったいなくて、余りにさらに新しい油を加えて揚げたのですが、何か泡がいっぱい出てきて火力を上げれませんでした。洗剤でも入ったか。
その代わり、今回は中まできちんと火がとおっている。
強い火力じゃなくて、じっくり中火で揚げればいいんだな。
経験から、また新しい知識が入り込みました。

冷蔵庫、冷凍庫にこれまでの残り物がいっぱい。
明日は新しいの作ったらダメだな。始末してしまわないと。
でも、正直、食べたくないんですよね、残り物。
だって、ほとんどがおいしくないんだもん。
やってしまったことなど振り向かず、常に前を見る。そこには希望があるから。
そんな大義名分の下、やり続けた結果がこれです。
立ち止まって過去を振り返り、それを清算することも大事なことです。
料理から学ぶ人生訓。今日は副題もそれに合わせています。

|

« 今日の晩御飯 6/24 | トップページ | 仁義なきヤツらがやってきた【U・WA・SAの奴等produce】110625 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の晩御飯 6/25:

« 今日の晩御飯 6/24 | トップページ | 仁義なきヤツらがやってきた【U・WA・SAの奴等produce】110625 »