« 月刊彗星マジック【彗星マジック×カメハウス】101109 | トップページ | 弁当~駅弁・空弁~【芝居処味一番】101112 »

2010年11月12日 (金)

白ワインを極めよう その4

(その1:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-2e76.html

(その2:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/2-f686.html

(その3:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/3-1675.html

◆トリンバック 2007
 ゲヴェルツトラミネール
 アルザス

Dscn1043

11/6 宝塚Bar Domingoにて。
栽培農家としてかなり歴史あるトリンバック家のワイン。今では醸造会社になっており、アルザスワインの1/3のシェアを誇るようです。
色はそれほど濃くない。とろみある。甘い芳醇な香りに、飲み口は適度な甘さ。でも、後味はやや辛みを感じる。リースリングを使ったドイツのアイスワインのような甘みとはまた違う。
市場価格は2500円くらい。

◆カンシー ドメーヌ・マルドン 2007
 ソービニヨンブラン
 ロワール

Dscn1061

11/9 北新地ミルカレスにてグラスワイン。
修道士がワイン作りを始めた地域らしく歴史があります。キレの良い辛口。すっきり爽やかな味わいです。香りも味を想像させるような感じ。後味もすっきりしていて飲みやすい。
この地域はサンセールというところも有名らしく、同じ白辛口ワインの比較になるようです。
サンセールがグレープフルーツ、マルドンはライムに近いフレーバーらしいです。一度比較して試したいものです。市場価格は2000円ぐらい。

◆モレ・サン・ドニ ラレ1999
 シャルドネ50%、ピノブラン25%、ピノブーロ25%
 ブルゴーニュ コートドニュイ

Dscn1063

11/9 北新地ミルカレスにてグラスワイン。
作り手のフレデリック・マニャンは17歳頃からワインの世界に入ったこの地では有名な方みたい。年は私より2歳年上ですね。
ブドウ品種、ピノブラン、ピノブーロは有名なピノノワールのそれぞれ突然変異種、クローンだそうです。
モレサンドニは村の名前、ラレが畑です。この畑はグランクリュのクロ・デ・ランブレーに隣接しています。よく分かりませんが、最高級の称号を持つ畑の隣だから、すごいのでしょう。
色は黄色っぽい。果物っぽいほのかな甘い香りがします。上術するカンシーの後に飲みましたが、飲み口は少し力強い感じ。少なくともすっきりしているとは言い難い。
市場価格は4500円ぐらい。

|

« 月刊彗星マジック【彗星マジック×カメハウス】101109 | トップページ | 弁当~駅弁・空弁~【芝居処味一番】101112 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/49987451

この記事へのトラックバック一覧です: 白ワインを極めよう その4:

« 月刊彗星マジック【彗星マジック×カメハウス】101109 | トップページ | 弁当~駅弁・空弁~【芝居処味一番】101112 »