« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

白ワインを極めよう その3

(その1:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-2e76.html

(その2:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/2-f686.html

続きを読む "白ワインを極めよう その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

006-3「ミルカレス」 ☆☆☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅

料理写真を撮らせていただけるので、さらに追記。

その1:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/006-2cbb.html
その2:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/006-2-137f.html

続きを読む "006-3「ミルカレス」 ☆☆☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

005-2「十年」 ☆☆☆☆→☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅

何回か顔を出していますが、相変わらずバーテンダーさんがおかしい。先方も慣れてこられたのか、おかしさが度を超えており、もはや静かに独りたたずんで飲むショットバーしては私の中では機能していません。

以下に記すように色々とあったので、評価を一つ落とします。
誤解しないでください。あくまでショットバーとしてということです。決して悪いことがあったのではないです。
とても楽しい店でお薦めなのは間違いありません。

(前回記事:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/005-8eb0.html

続きを読む "005-2「十年」 ☆☆☆☆→☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

華ゆりね3<守口>

勤め先のクリニックの飲み会。

普段、忙しい看護師さんを含めたスタッフ達のガス抜きに院長が催されました。

私はガス貯まっていないのでいいのですが、おいしい物を食べるために紛れ込みました。

続きを読む "華ゆりね3<守口>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

006-2「ミルカレス」 ☆☆☆☆→☆☆☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅

かなりお気に入りになって、お店の方々にも色々と教えていただくようになったので評価を上げました。

(前回記事:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/006-2cbb.html

料理写真を少し撮影させていただいたので追記しておきます。

続きを読む "006-2「ミルカレス」 ☆☆☆☆→☆☆☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOLMES HOMES【劇団ガバメンツ】101024

2010年10月24日 一心寺シアター倶楽

これまで3回、劇団の本公演を見ているが、その中ではちょっとコメディー要素が少なかったかな。

題名どおり、シャーロックホームズを題材にしているのだが、話自体が特にコメディーではなく、笑いは全て役者さんにかかっていた。

よく考えると、これまでの公演も同じ感じなのだが、もう少し話自体に抑揚があったので、それだけでも面白かった。

別に笑いだけを求める必要は無いのだが、やっぱりこの劇団に求めるものとしては少々何か足りなかった。

続きを読む "HOLMES HOMES【劇団ガバメンツ】101024"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

小豆島八十八箇所遍路の旅 その28

第4日目(つづき)

次の「28番 薬師堂」は移転しています。そのため、ちょっとした山道を通ります。ショートカットにはなっているようです。

続きを読む "小豆島八十八箇所遍路の旅 その28"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

マンガマン【スクエア】101023

2010年10月23日 ABCホール

失礼なことをしてしまった。最初の方、20分ほど居眠り・・・。
本当に申し訳ない。ちょっと連日の夜遊びが過ぎたか。反省。

と言っても、話の流れはしっかり把握。
ただ、後半、その前半の居眠り中に恐らく話されていたネタフリで十分笑えなかったのは自業自得。

(以下、ネタバレ注意。今週末より東京公演があります)

続きを読む "マンガマン【スクエア】101023"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

トラにパンチ【超人予備校】101022

2010年10月22日 シアトリカル應典院

ようやく本公演を観劇できた。
今まではLINX'S、火曜日のゲキジョウで30分程度の短編のみの観劇。

シュールであ然としてしまう印象。ところどころで、そのおかしな展開に笑ってしまうような作品。
長くなるとちょっときついのではないかと予想していましたが、そのあたりはさすがに有名劇団だけあってそんなことは全くありませんでした。

短編ではあまり拝見できなかったダンスなど、エンターテイメント色も取り入れながらも、やっぱりシュールだなあと思わせるような楽しい作品でした。

続きを読む "トラにパンチ【超人予備校】101022"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

四季彩4<守口>

ドイツの方が来日。

私の勤めるクリニックや細胞培養センターに来られました。

単語、ジェスチャーだけで施設の説明をするという乏しいコミュニケーションを取った後、いつものように食事会。

続きを読む "四季彩4<守口>"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

白浜のお土産

一緒に働いている後輩夫婦。

長期休暇をなかなかあげれていないので、久しぶりに1週間ほどお休みを進呈。

和歌山の白浜に行ったらしく、お土産をもらいました。

続きを読む "白浜のお土産"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なつめが一杯、実りました

実家の庭のなつめの木。

続きを読む "なつめが一杯、実りました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白ワインを極めよう その2

どうしても元々好きな日本酒、バーボン、スコッチに偏ってしまっていますが、頑張って勉強継続中。

(その1:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-2e76.html

続きを読む "白ワインを極めよう その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

小豆島八十八箇所遍路の旅 その27

第4日目(つづき)

次は「27番 桜の庵」。

続きを読む "小豆島八十八箇所遍路の旅 その27"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

そこにあるヒビ/メディアライフ【ステージタイガー】101019

2010年10月19日 インディペンデントシアター1st

やっぱり面白いね。今回でこの作品は2回目の観劇。だから感想はこれしかありません。
(1回目の感想:http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/100928-0bea.html

後、1回。同じく変則公演をしていている病的船団も後、1回。

名残惜しい。話の筋も掴めてきたし、この劇団の個性的な役者さんの演技をまだまだこれらの作品で楽しみたいところです。

続きを読む "そこにあるヒビ/メディアライフ【ステージタイガー】101019"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

小豆島八十八箇所遍路の旅 その26

第4日目(つづき)

次は「23番 本堂」。

続きを読む "小豆島八十八箇所遍路の旅 その26"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

煙が目にしみる【劇団かすがい】101017

2010年10月17日 コミュニティーシアターAQ

ここも歴史ある劇団の一つ。
雰囲気としては先日観劇した劇団しし座みたいな感じ。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/100929-403c.html

少しユーモアを交えながらもしっかりとしたテーマを持った作品。

話はよくあるパターンだったがやっぱり泣かされる。
それとよくあるといっても、やはり少しずつ違ったところがあり、これが劇団の力なんだなあと感じる。

続きを読む "煙が目にしみる【劇団かすがい】101017"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七人の恋人【スナックmanjii】101017

2010年10月17日 シアトリカル應典院

七つのコント詰め合わせ。めちゃくちゃ面白かった。

役者さんの所属を見ると学生劇団に所属されている方が多いみたいです。

宮藤官九郎さん脚本の同作品なので話が面白いのは当然でしょうが、学生さんとはいえ、見事なレベルまで仕上げています。

私の中では、中野劇団やコメディーユニット磯川家に匹敵するといっても過言ではないくらいの面白さ。
役者の皆さんが個性豊かな濃いキャラクターを思いっきり前に出した楽しい作品でした。

続きを読む "七人の恋人【スナックmanjii】101017"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

僕と彼女とそれから野菜【悲願華】

2010年10月16日 ロクソドンタブラック

この手の作品は良すぎるのも困りものです。

心が締め付けられてつらい。

多分、劇団としては2回目の観劇。
ブログを読み直してみたら、前回観劇であまりいい印象を持っていない。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/100212-bd5d.html

たまたま私の好みにあったのか、どんどん成長されているのかは分かりませんが、とにかく、この作品は前作に比べて格段といいと思う。

特にメインとなる2人の役者さんが非常に印象深い演技をされていた。

(以下、ネタバレ注意。日曜日も公演があります。土曜日の夜公演はかなり席が空いていました。いい作品だと思いますので、是非)

続きを読む "僕と彼女とそれから野菜【悲願華】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

OVER【サボテンと機械】101015

2010年10月15日 人間座スタジオ

まず、一言。傑作。

本日で328本目の観劇。
演劇といっても色々なジャンルが合って、好みの問題もあるので同じ土俵での評価は難しいのだが、良かった演劇らしい作品として10個挙げてと言われたら、間違いなくこの作品は挙げる。

夢と現実の間で懸命に生きる人達のもどかしい感情がとても伝わってきて、観ていて心がざわざわする。
単に面白いとかではなく、深く心に刻み込まれるような作品だった。

(以下、あらすじを書いているのでネタバレ注意。公演は日曜日まであります)

続きを読む "OVER【サボテンと機械】101015"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

小豆島八十八箇所遍路の旅 その25

第4日目(つづき)

次は「19番 木下庵」。

続きを読む "小豆島八十八箇所遍路の旅 その25"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

月刊彗星マジック【彗星マジック×baghdad cafe】101012

2010年10月12日 インディペンデントシアター1st

6回目。受付スタッフさんとかの顔もだいたい覚えてきた。いつも同じ方みたい。

今回は非常に楽しみにしていた。自分のお気に入りの劇団のジョイント公演だから。

どちらも観劇し始めの頃に影響を受けた劇団。多分、この劇団に出会ってなかったらこんなに観劇するはめにはなっていなかったはず。ありがたいのやら、うらめしいのやら。

どちらも独特の世界観を持ったファンタジー要素の散りばめられた作品を提供してくれる。衣装とかも独特で、何かしら似た雰囲気を感じているので、このジョイントはかなり見物。

続きを読む "月刊彗星マジック【彗星マジック×baghdad cafe】101012"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

<DVD>ギル・ギルティー イノセンス【MicroToMacro】

最近、何回かステージタイガーの病的船団を拝見していて、たしか観なくてはいけない溜まっているDVDに似た感じの作品があったなと。

久しぶりにDVDでもと鑑賞。2007年の作品。

続きを読む "<DVD>ギル・ギルティー イノセンス【MicroToMacro】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

ごちそうさまって、ファルヒアが笑った【プロジェクトKAI-TO】101011

2010年10月11日 大阪歴史博物館4階講堂

まず、書きたいこと。

受付スタッフの対応が悪すぎ。
細かなことは書きませんが、開場前、待っている客がぐちゃぐちゃになりましたよね。
どこで待機すればいいのか分からなかったり、早くから待っていた客が先に会場に入れなかったりと、こんなことでは公演とはいえません。

観る前から作品の評価を落とさないといけないような対応をしているようではプロの仕事とは言えません。

続きを読む "ごちそうさまって、ファルヒアが笑った【プロジェクトKAI-TO】101011"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

キズナ魂【Mouse Piece-ree】101010

2010年10月10日 トリイホール

どこで拝見したのかはしっかり覚えていないのだけど、この劇団の早川丈二さんが少し気になっており観劇。

次回ピースピット作の有毒少年にも出演されるので事前にしっかり覚えておこうというつもりです。

感想は男優さん3人だけの作品でしたが、とてもしっかりした掛け合いの中で、笑いをバンバン飛ばしてくるような感じでした。そうかと思えば、真剣なシーンでは男らしさをしっかり見せられる。
かっこいい役者さん達だなあといったところです。

ただ、話の内容はちょっと・・・。いや、はっきり書くと全く面白さを感じなかった。
淡々と流れて起伏が無いのでとても退屈。所々で意識が飛ぶ始末でした。
もし、役者さん達の魅力が無ければ、完全に爆睡していたかも。

続きを読む "キズナ魂【Mouse Piece-ree】101010"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

小豆島八十八箇所遍路の旅 その24

第4日目(2008年06月24日)

いきなりずっと登りです。目指すは「14番 清滝山」。

続きを読む "小豆島八十八箇所遍路の旅 その24"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

スーパーソニックジェット赤子【ミジンコターボ】101008

2010年10月08日 インディペンデントシアター1st

2本立ての「儂が燃えて死ぬまでの噺」に続いて観劇。

女優さん達がたくさん出演されており、さすがに華やか。
エンターテイメント性も高い作品なので、1時間15分程度の公演時間、目一杯楽しませてもらった。

個人的には先日公演のあった化石オートバイのスタンプラリーに近い印象がある。
話を進めるために、設定などは好きなようにするみたいなナンセンスコメディー。

続きを読む "スーパーソニックジェット赤子【ミジンコターボ】101008"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

儂が燃えて死ぬまでの噺【ミジンコターボ】101008

2010年10月08日 インディペンデントシアター1st

今回の公演は2本立て。こちらは男優さんだけ。
もう一つの「スーパーソニックジェット赤子」は女優さんだけでされている。

2本立てになるとどうしても比較してしまうなあ。

最初にこちらを観終わった後は、男優さん達の掛け合いを存分に楽しめて良かったという感想だったのだが、続いてもう一つを観劇し終えた今は、どうも華やかさに欠けていて見劣りするというのが正直な感想だ。

と言っても、個人的にエンターテイメント色が強い作品を好んでしまう傾向があるので、そちらがやっぱり良い評価になってしまうというだけ。

あらためて思い返すと、歴史的な事件のある短い時間の出来事をシュールに描いて、かつ最後に通常とは違ったオチをつけるというなかなかかしこい作品だった。

続きを読む "儂が燃えて死ぬまでの噺【ミジンコターボ】101008"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

小豆島八十八箇所遍路の旅 その23

第3日目(つづき)

「6番 田ノ浦庵」です。

続きを読む "小豆島八十八箇所遍路の旅 その23"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

小豆島八十八箇所遍路の旅 その22

第3日目(つづき)

次は奥の院 隼山と「3番 観音寺」です。

続きを読む "小豆島八十八箇所遍路の旅 その22"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

病的船団【ステージタイガー】101005

2010年10月05日 インディペンデントシアター1st

う~ん、やっぱりいい作品は何度見てもいい。
と言っても、今回が2回目なのだが。

6/1観劇感想:(http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/100601-9b60.html

前回以上に役者さんが生き生きしていて、余裕もって自由に楽しまれているように感じるのは、間が少し空いての今年3回目の公演だからか。
好評なのはご存知だろうから大きな自信を持って演じられているのかもしれません。

続きを読む "病的船団【ステージタイガー】101005"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

惑星ボーイズ【伊藤えん魔プロデュース】101004

2010年10月04日 ABCホール

感動しちゃった。

伊藤えん魔さんはこんな作品も作れるんだ。
単に面白い事だけ考えているのでは作れないような深い話。
こんなに素敵なことを考えている人だとは知らなかった。すっかりその人間の魅力に虜になりました。
とても素晴らしかった。

千秋楽ということもあってか、終演後は総立ちのカーテンコール。
私も初めて立ちました。

実は完全なスタンディングオベーションを見るのは初めて。
伊藤えん魔さんやピースピットでファンの方がポロポロ立つのはたまに見ていましたが、本物はそんなもんじゃないんですね。
自然にみんなが次々に立ちあがっていく。私もノリは悪い方ですが、みんな立つから仕方がないとかではなく、自然に立っていました。とても気持ち良かった。

観劇を始めて1年9か月。総観劇数は300を超えましたが、その中でも記念に残る観劇になりました。

続きを読む "惑星ボーイズ【伊藤えん魔プロデュース】101004"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヂャンバラッ!【劇団SE・TSU・NA】101003

2010年10月03日 アイホール

恐らく、作品の内容とかではなく、舞台のすごさだけで言えば、これまで観た300本以上の中で最高作品。

舞台セット・音響・照明、小道具・衣装、殺陣など魅せるという点ではどえらい迫力で、こんなもの、有名劇団が大きなホールでやるような公演に何のひけもとらない。
小演劇という概念で観劇していることに違和感を感じました。

ギリギリの予約だったけど、一人客だったためか一番前の席だったので迫力に圧倒されて観ていました。

続きを読む "ヂャンバラッ!【劇団SE・TSU・NA】101003"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

真昼のユメ/2010【紅の虎プロデュース】101003

2010年10月03日 インディペンデントシアター1st

1990年の演劇部で起こったある出来事から20年後。
http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/1990101001-7268.html

かなり期待して行ったのですが、ちょっと・・・。

正直、前半は役者さんのイベントみたいになって、芝居という感じがしなかった。少々退屈でやや記憶が飛び気味。

それでも、最後のオチは見事なものでした。

続きを読む "真昼のユメ/2010【紅の虎プロデュース】101003"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

ビリーズ・ブート・キャンプ 実施中 その2

56kgまで絞る計画が思ったより、順調にいきません。
年のせいでしょうか。3年前はすぐに戻ったのに。

前記事が長くなってきたので、新たに記事を設けます。

これまでの流れ:(http://ksaisei.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-d392.html

ちなみに、8/6 63.55kgスタート、8/31 59kg代にはなっています。

続きを読む "ビリーズ・ブート・キャンプ 実施中 その2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DOLCE【TAKE IT EASY! × 4 DIRECTORS】101002

2010年10月02日 中崎町コモンカフェ

思いっきり裏切られた。

ブログなどの事前情報では、4話中一番面白い作品にするとのこと。
今回の主役が四男フリッツ。ずっと観ている方はご存じのとおり、前渕さなえさん演じる面白キャラ。
ゲストの役者さんは、3人いて、みんな個性的な魅力で笑いを提供してくれるような方々ばかり。

そりゃあ面白くもなるわと笑わせてもらいに行ったのに、ちょっと泣いて帰ってしまいました。
これは、4話中一番、泣かせる話ですよ。
TAKE IT EASYの役者さんは、楽しい演技もされるけど、感情移入させたら圧倒されて引き込まれるようなすごい演技する方々ですから、最後の方は完全にやられました。

続きを読む "DOLCE【TAKE IT EASY! × 4 DIRECTORS】101002"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2010年10月 3日 (日)

爆裂特攻乙女【ニャルラトテップ】101002

2010年10月02日 音太小屋

何かすごい劇場だった。
天六の近くなんだけど、何とか荘みたいな古いアパートみたいなところ。

作・演出がego-rockの生島裕子さん。そして、この作品名。
めちゃくちゃな話で楽しませてくれるんだろうと思っていましたが、とても切実な少し考えさせられる作品でした。

続きを読む "爆裂特攻乙女【ニャルラトテップ】101002"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

紅く染めて翼/1990【紅の虎プロデュース】101001

2010年10月01日 インディペンデントシアター1st

真紅組とステージタイガーの共同プロデュース公演。

ステージタイガーはもうすっかりおなじみになったけど、真紅組は初めて。

今回観劇して役者さんを見た限りでは、本公演も観てみたいなあ。

お互い個性が強そうで反発しそうだけど、違う劇団が一緒にやっている感は全然無く、とてもまとまりのある雰囲気を感じました。

続きを読む "紅く染めて翼/1990【紅の虎プロデュース】101001"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

017「豆屋」 ☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅

永楽町通りにあるおでんととうふのお店。
御堂筋から入り込んでまっすぐ。左に本通りへ抜ける道を越えてしばらく行った右手の中邦ビルの地下です。

続きを読む "017「豆屋」 ☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »