« 白浜のお土産 | トップページ | トラにパンチ【超人予備校】101022 »

2010年10月23日 (土)

四季彩4<守口>

ドイツの方が来日。

私の勤めるクリニックや細胞培養センターに来られました。

単語、ジェスチャーだけで施設の説明をするという乏しいコミュニケーションを取った後、いつものように食事会。

Dscn0921

前菜:柿釜盛り(海老 無花果)、粟麩田楽、秋刀魚生姜煮、カステラ、栗白和え
白和えはちょっとぱさついてたかな。

Dscn0922

吸物:清水仕立て(松茸、鱧、青味、ちぎり梅)
いい香りでなかなか。

Dscn0923

凌ぎ:握り二貫(中トロ、鯛)
中トロはけっこういいものでした。

Dscn0924

造里:氷鉢盛り(鯛、間八、青利烏賊、鮪、あしらい) 梅肉、土佐醤油
あしらいは海藻を固めたみたいなものでした。
合計12名の食事会でしたが、器は全て異なっています。
しっかり器にも気を使うところは高評価です。

Dscn0925

いつもなら、院長が赤ワインを頼むのですが、次の日も診察があるので自粛されます。
ドイツの方なのでやっぱりビールがメイン。ワインはあまりお好みではないみたい。
というわけで、日本文化に少し触れてもらうために日本酒を頼むように言われ注文。
言われなくても注文しますけどね。
日本酒なら任せろとばかりに、料理に合わせて注文します。
まずは地元の銘柄、呉春。
英語がしゃべれないのでドイツの方には無言でお酌をして、無理矢理飲ませます。料理にぴったり合う酒を頼んでますから、心で通じているはずです。

Dscn0926

煮物:海老芋揚げだし、雲丹、銀杏
こういう料理はいいですね。出汁の味がしっかり分かりますから、店の力がはっきりするというものです。

Dscn0927

焼物:金目鯛西京焼き、丸十檸檬煮、酢蓮根
西京焼きはあまり好きではないけど、まずまず。松笠焼きなんかの方が、好きですが、魚の質とかで合わなかったりするのでしょう。

Dscn0928

煮物、焼物なのでちょっとしっかりした司牡丹に変更。

Dscn0929

揚物:松茸、茄子、トマト、ししとうの天麩羅 旨出汁
トマトの天麩羅は初めて食べました。いま一つ。

写真を撮り忘れましたが、今度は長野の銘酒、真澄を注文。
いつものとおり、もう、勝手に自分だけ楽しむモードになっています。

Dscn0930

鍋物:和牛しゃぶしゃぶ 豆腐、長葱、舞茸、水菜 ポン酢
まあ、おいしいですけど、肉は京都の三芳といういい店を知っているので厳しい評価になります。
舞茸は少し臭みが残っている。
しゃぶしゃぶの食べ方を説明するのに難儀しているのを横目に、真澄と合わせて楽しみます。

Dscn0931

酢物:カジキ昆布〆 蛇腹胡瓜 土佐酢ジュレ 酢取茗荷
ちょっとおなかいっぱい。
これも初めて食べます。魚と昆布はやっぱり相性がいい。
できれば、高知の酔鯨あたりで合わせたかったが、残念ながらメニューにありませんでした。
料理は最後ですが、最後に黒龍を注文。

Dscn0932

食事:松茸御飯
香物:盛り合わせ
留椀:赤だし
赤だしの茄子は軽く焼いてるのかな。いい香りがします。

Dscn0933

果物:マンゴ、梨、キュウイ

最後にみんなで記念写真。
ドイツの方は楽しんでもらえたのかな。

|

« 白浜のお土産 | トップページ | トラにパンチ【超人予備校】101022 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ドイツの方で飲み物がビールなら私を呼ぶべきでしょう

投稿: まこと | 2010年10月24日 (日) 21時01分

>まことさん
英語ペラペラだったら、本当に助っ人で呼んでるところだったよ。

投稿: SAISEI | 2010年10月27日 (水) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/49812346

この記事へのトラックバック一覧です: 四季彩4<守口>:

« 白浜のお土産 | トップページ | トラにパンチ【超人予備校】101022 »