« 006-2「ミルカレス」 ☆☆☆☆→☆☆☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅 | トップページ | 005-2「十年」 ☆☆☆☆→☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅 »

2010年10月28日 (木)

華ゆりね3<守口>

勤め先のクリニックの飲み会。

普段、忙しい看護師さんを含めたスタッフ達のガス抜きに院長が催されました。

私はガス貯まっていないのでいいのですが、おいしい物を食べるために紛れ込みました。

このお店、入ると10名ぐらいのカウンターにテーブル席4つほど。奥行きがあって、一番奥は宴会用に大きな部屋があります。今回は総勢19名。このぐらいが限界でしょうか。

Dscn0935

自分でもお気に入りのお店なので、何回かお邪魔させていただいていますが、普段は一品注文。
今回は一応、懐石風にしているようです。
お品書きはないので、メモを取ったレベルでしか書けません。
いくら、エビ、サザエ、かぼちゃ、鯛子、イチジク。

Dscn0936

鱧、海老、松茸の土瓶蒸し。

Dscn0937

ホタテ、烏賊、ハマチ、鯛、マグロの刺身。

写真を撮影していませんが、飲み物は院長お気に入りの赤ワイン。ラグランジュ2006。持ち込みが許されるらしく、5本ほどテーブルに並んでいます。
もちろん、これまでよく飲ませていただいている最高の赤ワイン。
でも、ここは和食の名店。それだったら・・・

Dscn0938

いつも日本酒隠れメニューを出してもらっているので、またわがまま言いにわざわざ厨房まで行って出してもらいました。
秋田の銘酒 刈穂。六舟とかいうのは初めて。

Dscn0940

団体だと仕方が無いですね。料理、酒ともにちょっと洒落た器で出してくるのがこの店の良いところの一つなんですが、そうもいかないようです。
そのせいか、正直、この日本酒はいま一つ。

Dscn0939

胡麻豆腐の揚げだし、蟹餡かけ、雲丹添え。
名前は勝手に私が付けました。
さすがの味です。ここは本当にこの近辺ではレベルが高いと思います。
お酒は先程の銘柄が気に入らなかったので、石川の銘酒、遊穂に切り替え。こちらはこのお店でいつも飲む酒なので間違いありません。

Dscn0941

やっぱり、こういう器じゃないとね。少し厨房にも余裕が出来てきたのか、いい器で入れてもらえました。

Dscn0942

鯛の松笠焼き。好きな店なので、悪いことはあまり書きたくありませんが、団体に出すために少し荒いような気がしました。普段はもっといい感じで焼けていて、もっとおいしかったはず。

Dscn0943

フカヒレ餡かけ。好きな品ですが、それほどでも無かったかな。まあ、中華料理の良い店には素材的にも少しかなわないのでは。
ちなみに酒は、苗加屋(富山)、山鶴(奈良)・・・などをどんどん注文。
赤ワインをわざわざ持ちこんだ院長の気持ちを考えると、失礼な行動かもしれませんが、よりおいしく料理をいただくことに妥協は許されません。この考えは院長も同じなので、多分許してくれるでしょう。

Dscn0944

んっ、これ何だ。メモも取っていない。もう酔ってたからなあ。

Dscn0945

うん。食べた記憶はある。

Dscn0946_2

ラグランジュ以外にも持ち込まれているようです。せっかくなので頂きます。
クラウディー・ベイ 2005。ニュージランドのピノノワールを使用しているようです。
濃さはラグランジュ以上。濃厚な香りにややタンニンがきついような味わい。

Dscn0948

これ、食べたかなあ。アイス。

これで終了。
こんな宴会スタイルでもさすがの料理・酒を出してこられますが、ここはやはり少人数で単品を楽しむ方がいいでしょう。

ところで、肝心の看護師さんはじめスタッフの方々の労をねぎらう会話も無しに勝手に飲んでたけど、これで良かったのかな。

|

« 006-2「ミルカレス」 ☆☆☆☆→☆☆☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅 | トップページ | 005-2「十年」 ☆☆☆☆→☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/49860387

この記事へのトラックバック一覧です: 華ゆりね3<守口>:

« 006-2「ミルカレス」 ☆☆☆☆→☆☆☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅 | トップページ | 005-2「十年」 ☆☆☆☆→☆☆☆ 北新地グルメマップ作成の旅 »