« 小豆島八十八箇所遍路の旅 その22 | トップページ | 儂が燃えて死ぬまでの噺【ミジンコターボ】101008 »

2010年10月 8日 (金)

小豆島八十八箇所遍路の旅 その23

第3日目(つづき)

「6番 田ノ浦庵」です。

Dscn8580

御本尊は無量寿如来。真言は「オン アミリタテイセイ カラ ウン」。壺井栄の小説「二十四の瞳」で有名な地です。旦那さんの壺井繁治の生家が「5番 堀越庵」の目の前にあります。

これから半島の海岸沿いにホテルまで戻ります。

Dscn8581

途中、佃煮・醤油の店が立ち並ぶところをとおります。そこで食べた佃煮ソフト。甘さといい、塩辛さといい、まさに歩く巡礼者のためにあるような絶品でした。

Dscn8582

これがその店。

Dscn8583

「10番 西照庵」。御本尊は愛染明王。真言は「オン マカラギャバゾロシュニシャ バザラサトバ ジャクウンバンコク」。

Dscn8584

Dscn8585

普通のホテル。大浴場もあります。食事は別の食堂で食べます。熊野古道に比べたら、極楽ですよ。

(つづく)

|

« 小豆島八十八箇所遍路の旅 その22 | トップページ | 儂が燃えて死ぬまでの噺【ミジンコターボ】101008 »

小豆島八十八箇所遍路」カテゴリの記事

コメント

旅館前の車に二人ほど人が乗ってますよね?

投稿: まこと | 2010年10月10日 (日) 13時15分

>まことさん
いないよ。
恐いよ!!(゚ロ゚屮)屮

投稿: SAISEI | 2010年10月10日 (日) 20時01分

ガラスの反射ですか

運転席と問題は後部座席に…


気のせいですね

投稿: まこと | 2010年10月11日 (月) 19時51分

>まことさん
気のせいだよ。
恐いよ!!(゚ロ゚屮)屮

投稿: SAISEI | 2010年10月14日 (木) 08時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小豆島八十八箇所遍路の旅 その23:

« 小豆島八十八箇所遍路の旅 その22 | トップページ | 儂が燃えて死ぬまでの噺【ミジンコターボ】101008 »