« ホワイトデー-2 | トップページ | 花魁草 生育日記-1 »

2010年3月17日 (水)

もう一回の、乾杯【空晴】100315

2010年03月15日 ウィングフィールド

昨年の7月に舞台で拝見して以来です。この時は家族愛みたいなものをテーマにされていたと思います。

今回はいっぷう変わったいとこ同士のつながりをテーマにされています。

とっても暖かい気持ちになれる作品でした。会話の中で笑いを取りながら、みんな優しい気持ちを持ってるんだということを分からせてくれるような感じです。

前回公演で素敵な劇団なと思っていたので、今回も観劇しましたが、やはり同じ気持ちになりました。

お父さんが5人兄弟。1番上のお父さんの娘がいまだ独身の女性。2番目の息子が兄弟。3番目は息子と妹。妹には旦那がいます。4番目は?。5番目は離婚していますが、息子います。
これで正しかったかな。複雑でうろ覚えです。要はいとこが集まっているところからスタートです。
主役は2番目の息子の弟の方。今日、結婚式を迎えます。そのお兄さんはなぜかずっと弟を無視しています。そこに1番目の女性、3番目の息子、その妹の旦那、そして5番目の息子がやってきます。
主人公の2番目の弟は、前日に結婚を父と兄に反対され、兄に結婚式には出ないと言われて、無視されているのです。
3番目の妹の旦那は離婚することになっています。それを今日お兄さんに伝えるつもりです。
5番目の息子は、離婚した母に対して複雑な気持ちを持っており、なかなかいとこに心を許しません。

もう訳が分からないでしょうから辞めておきます。こういう状況の中で、様々な勘違いが起こり、ドタバタが起こります。でも、血のつながりは薄くても、いとこ同士のつながりを最後に感じさせるというわけです。

残念ながらうまく説明できませんが、伏線が色々なところで張られていて、あ~なるほど、そういうわけねと終始思わせるようなうまい作りになっています。

目を引いた役者さんは、間違いなく太田清伸さん。この方、売込隊ビームという劇団にいた方です。退団されてから、こんなところで活躍されていたのですね。3番目の妹の旦那役で、離婚することを兄に伝えないといけないのですが、勘違いされたり、タイミングを逃したりと、何をやってもうまくいかない。それを面白く演じられていました。ある時間帯は、この方がしゃべる言葉と行動に全て笑いが起こるぐらいになっていました。見事な活躍ぶりだと思います。

前回公演もウィングフィールドという劇場だったのですが、ここが狭い。客もいっぱいで観劇が大変でした。もっとゆったりと見たかった。次回公演は伊丹のアイホールですから、倍以上の広さです。きっとよりいっそう楽しく観劇できるでしょう。

あと、気になったのは、前回もそうでしたが、身内の客が多い。これはいっこうに構いませんが、こういう時は年配のおばちゃんが多く、観劇中にしゃべったりします。特に、今回は役の関係が複雑ですから、どうなってるのかとかを隣同士話される。こちらは集中が乱されるわけです。
私見ですが、関西小演劇が盛り上がらない理由の一つに、ごく一部の身内客の質の悪さとそれを問題視しない劇団体質があると思っています。商売興行公演であるならば、これは注意すべきです。学芸会や文化祭の公演じゃないんですから。その程度のものならば、始めから一般客を呼ばなければいい。mixiみたいに、推薦を受けないと観劇できないようにすればいいんです。客側の問題ではありますが、劇団としてこんな状況にならないようなオーラみたいなものを持って欲しいと切に思います。劇団と客の距離感です。より親密にということで変に距離を縮めることがマイナスになっているように思います。壁さえ作らなければ、距離があっても客はきちんと親密さを劇団に持つはずです。友達や身内に見せるのではなく、客に見せる公演を意識してほしいです。

ちなみに私がエンターテイメントとして公演をしっかり確立されているなと思っているお気に入り劇団、ピースピット、ミジンコターボ、劇団赤鬼・・・などでこんなことを体験したことはいまだ一度もありません。何か、方法があるはずです。

せっかくの作品をこんな関係ないことで台無しにされないように、色々とご検討いただきたいと思います。

|

« ホワイトデー-2 | トップページ | 花魁草 生育日記-1 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

今回の作品は、正直何回も読んでみたんですが・・・。

よくわからなかったです(≧∇≦)www

見る側の人間もクオリティーを上げてほしいですね~。

しゃべったら退場みたいな制度が出来ればいいのにねっ★

投稿: mio | 2010年3月19日 (金) 18時24分

>mioさん
やっぱり分からないよね。
頭の中では内容をしっかり把握できてるんだけど、文章にすると難しくて。
クオリティーは上げていくように、劇場・劇団側も努力するべきです。
そのうち、自分が退場する覚悟で、私が注意する日が来ると思います。

投稿: SAISEI | 2010年3月19日 (金) 23時09分

家族構成の時点で??(゜Q。)??です


良い案がありますよ

必ず消火器は設置してあるのでブチまいてしまえぇ

投稿: まこと | 2010年3月27日 (土) 10時22分

>まことさん
やはり、図を書かないと説明できないか。
いや、気持ち的には消火器を殴りつけたいですけどね。

投稿: SAISEI | 2010年3月27日 (土) 17時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう一回の、乾杯【空晴】100315:

« ホワイトデー-2 | トップページ | 花魁草 生育日記-1 »