« 急襲キルフィールド【デス電所】100108 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その36-2 »

2010年1月 9日 (土)

熊野古道伊勢路の旅 その36-1

第9日目(つづき)

桜峠の頂上に着きました。

Dscn7984

桜茶屋跡。明治末まであったらしく、ここの御主人は遠くから参拝者を見つけ、峠に到着するころにあったかいお餅とお茶をふるまったそうです。

Dscn7985

昨日越えてきた大雲山です。よくぞここまで来たなとちょっと感動します。

Dscn7987

ところで、犬がやっぱり気になります。こちらが停まれば、御覧の通り、奴も。

Dscn7988

しばらく歩くと賽の河原地蔵。この地蔵は狼に襲われた若い修行僧の墓らしいです。

|

« 急襲キルフィールド【デス電所】100108 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その36-2 »

熊野古道 伊勢路」カテゴリの記事

コメント

大雲山の写真綺麗ですね☆

しかし、白うさぎ・・・。じゃなかった(笑っ)

お犬様いつまでも道案内してくれますね~( ´艸`)プププ

なんか、SAISEIさんにお犬様しか見えない

オーラ的なものがあったんじゃないですか???☆

投稿: mio | 2010年1月 9日 (土) 14時34分

>mioさん
うん。犬ぐらいにしか見えないオーラしかないからね。
でも、犬は真実を見破りますからね。それだけ純粋なオーラだということです。
次回がこの旅最高の景色です。

投稿: SAISEI | 2010年1月 9日 (土) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/47093120

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道伊勢路の旅 その36-1:

« 急襲キルフィールド【デス電所】100108 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その36-2 »