« 今年の観劇を振り返る | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その15-1 »

2009年12月18日 (金)

「ありがとう」と「ごめんなさい」

この二つの言葉をいつでも素直に言える人になりたいなと思います。

感謝や謝罪の気持ちを持ってないわけではないんです。

いや、むしろいつも持っていると思います。

口から形として出てこないだけです。出てきても、何か頭で考えて言っているような気がして、自然に出てきてないような。

便利な言葉ってあるでしょう。「どうも」とか。この言葉は誰が考えたのか本当に万能ですね。これでほとんど代用できてしまうといういかにも日本人が好みそうな言葉ですね。これはよく使いますけど、気持ちを表す言葉ではなく、どちらかというとあいづちに近いようなものだと思うんです。

何で言えないのかな。

プライドの問題? 言ったら自分が下になってしまうから? 言うと悔しいから? 恥ずかしいから?

自分で分かっている理由は、言わなくても分かるはずという意識があるから。だから、親しくなった人にほど言わなくなる傾向があるように思います。残念なことに、そういう人こそ、どちらの言葉も言うべき機会が多く、言ったら一番こちらの気持ちを理解してくれるはずなのにね。

うれしいから「ありがとう」、悪かったから「ごめんなさい」。頭で考えれば当たり前ですけどね。

そうなりたいなと言ってるだけでは、変わりません。そこで考えました。

もっと気持ちを溢れださせる!

サービス業で「ありがとうございました」「申し訳ありません」みたいな挨拶を、研修とかですごく練習させられますよね。時には駅前で大声ださせられたりして。そのうち自然に言えるようになってしまうみたいです。これは、単に練習の成果では無いのではないですかね。言霊みたいに、本当にそういう気持ちになれるようになったということなのではないでしょうか。なりやすい体質になったというか。

ということで、毎日もっと色々なことに感謝の気持ちを持って、ありがとうと思います。出来るなら、誰もいなくても声を出してみます。今日、1日だけでも、

朝、起きる。今日という日を迎えられたことにありがとう。
ご飯を食べます。今日も健康に食事ができます。ありがとう。
新聞を読みます。今日は今年一番の寒さですよ。配達つらかっただろうね。ありがとう。
出勤します。今、いい職場で働けていることにありがとう。
業務を始めます。多少問題ありながらも順調。ありがとう。
途中、患っている病気の治療に近くのクリニックに行きます。「どうですか」と心配してくれます。ありがとう。
友達からメールです。今日は夜、一緒に飲みに行く予定です。今は離れてしまった友達だけど定期的に連絡くれます。ありがとう。
自分のクリニックに患者様が来られます。うちを信頼して選んでくれたんです。ありがとう。
・・・・・・。

いろんなありがとうを感じられるぐらい、結構、恵まれた生活です。この溢れた気持ちで、さらに誰かが自分に何かをしてくれた。・・・、「ありがとう」、自然に出てくるんじゃないですかね。要は、いつでも言えるようにスタンバイしておけばいいのでは。

「ありがとう」は解決。ただ、「ごめんなさい」は同じことすると、卑屈になりそうですね。

今日も生きていてごめんなさい。世の中には不幸な人がいるのに自分だけ食べてごめんなさい。自分だけ暖房効いた部屋でぬくぬくしていてごめんなさい。・・・・

これはダメです。謝罪の気持より、感謝の気持ちの方が持つのは簡単そうです。じゃあ、ありがとうは言えますね。

「ごめんなさい」を言えるようにする策がまだ見つかりません。

でも、ここまでにします。

上記しましたが、今、本当に患者さん来られています。こんなことをしている場合ではありません。

あっ、でもこの後はちゃんと言いますよ。

「ごめんなさい」「お待たせしまして、申し訳ありません」

|

« 今年の観劇を振り返る | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その15-1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちょっと泣いちゃいましたっ(;ω;)

こんなことゆうとだめなんですけど、普段だんだん
『挨拶』が出来ない子が増えてます。

その中でも、このありがとうとごめんなさいは絶対に
手を抜いちゃいけない言葉です!
特にありがとうとゆう気持ちと言葉は、言葉にして
不快に感じる人なんてほぼ居ないでしょ?

ほんとに寂しいです。

あたしは、個人的に『ごめんなさい』より『ありがとう』
を常に意識して言葉にするようにしてます(*^-^)

どんな人でも敬う心の現われだと思うからです★


投稿: mio | 2009年12月19日 (土) 12時52分

>mioさん
また、一人、女を泣かせちゃった ( ̄ー ̄)ニヤリ

そうだね。
相手も気持ちいいし、自分も気持ちいい言葉だもんね。
「ありがとう」と「ごめんなさい」は、その時にすぐ言わないといけないなと思います。
あとから言おうと思っても、もう色々あって言えなくなってしまうことも多いから。
あの時言えなかった人達、今は元気にしてるのかな~。

投稿: SAISEI | 2009年12月19日 (土) 13時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」と「ごめんなさい」:

« 今年の観劇を振り返る | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その15-1 »