« <なったらどうする>ALS(筋萎縮性側索硬化症) | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その5 »

2009年12月 8日 (火)

甘甘【本上百貨店】091208

2009年12月8日 インディペンデント 1st

聞いたことない劇団でしたが、ちょうど空き時間に見に行けそうなので急遽観劇に行きました。

ワタアメ共同体とMinnie`s tea partyの2本立て。実際は2つの作品をつなげるもう1本がある。

(ワタアメ共同体)

女性作家が本を出して賞を受賞。その話は実話に基づいており、昔の彼氏のことも書いてある。3年前に別れて以来会っていないが、これを機会に彼のマンションへ。そこでは彼には会えなかったが、そこにいた弱気な人と話している中で弱い心を改心させる。

(Minnie`s tea party)

女性3人の集まり。何かをしてきた後でおどおどしている。彼女のいる人を愛している人、恋愛カウンセラーを名乗る者と付き合っている人、お見合いパーティーで知り合った人と付き合う人。いらぬお世話なのに、彼女のいる人を愛している人の悩みを聞いてもらおうと恋愛カウンセラーを呼ぶ。見るからに怪しげな男。この男と付き合っている女は明らかに騙されており、お金目当てなのが明らか。それでも別れたくない女は大金を男に手渡す。偶然にもお見合いパーティーで知り合った人と同一人物。怒った女もお金を手渡し、出ていってもらう。男は喜んで帰りますが、このお金、実は先ほど盗んできたもの。恋愛カウンセラーはもちろん捕まる。

(蛇足)

マンションのある一室。恋愛カウンセラーは何とか釈放。同じ部屋にある男。この人、女性作家の昔の彼氏。部下として働いている。つまり詐欺団の一員。そこに新しい恋愛に悩むものが現れる。女性作家だ。彼氏と女性作家はもめ会う。そこに恋愛カウンセラーのもとに、付き合っていた彼女が現れる。別れる気は全くなく、妊娠しているので結婚まで要望する。ドタバタが始まり・・・。

といった感じのあらすじだったと思います。ところどころうろ覚えなので。

劇団も役者も誰一人見たことがありませんでした。会話の掛け合いなどは非常にうまいんだと思います。普通に女の子3人で会話している一室みたいな雰囲気が出ていましたから。話も工夫されています。

ちょっと作品関係者は気分を害されるかもしれませんが、ご容赦ください。

ただ、何でしょうね。何かたんたんと話が進むだけで、面白味が無かったです。笑いのポイントとかもあまり反応は良くなかったように思います。後半になるにつれて、噛んだりする所がやたら多くなり、そういうことが客の反応につながっているように思いました。正直、途中だらけて寝てしまいました。私の隣や右前の方とかもそうなっていたから、少し単調だったことは事実なのではと・・・。

せっかく出会えた劇団なので、また次回作に期待しています。

|

« <なったらどうする>ALS(筋萎縮性側索硬化症) | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その5 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

SAISEIさんには珍しい評価ですねー!!

お〇ぎとピ〇コのようにっ♪(笑)

たまにすごく楽しみにしてたDVDや映画がびっくりしちゃうほど面白くなかったり、期待はずれだったりする時ありますよね~。

もう、その時は、もう、溶けてしまいたくなりますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

この前、ブラット・ピットと我、旦那様ジョージ・クルーニー殿が主演の『バーン・アフター・リーディング』とゆう映画を見たのですが、それはもう、その時は、もう・・・。

はい。そうです。

溶けてしまいましたねっ(笑っ)

投稿: mio | 2009年12月 9日 (水) 04時50分

>mioさん
コメントありがとう。
基本的にいいことしか書かないつもりなんだけどね。
今回はちょっと残念でした。
映画見ないからなあ。溶けてしまうのも悪くないな。
しかし、ジョージ・クルーニーって。しぶいね。何歳だ?

投稿: SAISEI | 2009年12月 9日 (水) 10時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘甘【本上百貨店】091208:

« <なったらどうする>ALS(筋萎縮性側索硬化症) | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その5 »