« 熊野古道伊勢路の旅 その19-3 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その20-2 »

2009年12月24日 (木)

熊野古道伊勢路の旅 その20-1

第6日目(つづき)

しばらくは国道を歩きます。

Dscn7690

市木の一里塚跡。昔の人はこれを距離の目安にし、休憩していたそうです。

Dscn7691

Dscn7692

Dscn7693

まだまだ続きます。いつの間にか玉砂利じゃなく、砂に変わっています。天気が悪いせいか、殺風景です。

|

« 熊野古道伊勢路の旅 その19-3 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その20-2 »

熊野古道 伊勢路」カテゴリの記事

コメント

耳きりって怖いですね∑(=゚ω゚=;)

たいがいの伝説ってそうゆういわくがありますよね~。

昨日、エイリアンのテレビをみたんでなんとなく

そーゆー出来事の興味シンシンですっ★(笑)

投稿: mio | 2009年12月25日 (金) 02時59分

>mioさん
伝説をエイリアンに結びつけるとは、独特な発想!
ちなみに、耳にまとわりついたのは柳だったそうです。

投稿: SAISEI | 2009年12月25日 (金) 08時49分

いい浜だな☆

もっと、綺麗にすればいいのに♪

波乗りにいくとね、いっつもゴミ袋を

もっていって毎回ゴミ拾いするんです。

意外といい人でしょ(。・w・。 )

投稿: mio | 2010年1月22日 (金) 04時26分

>mioさん
波乗りなの!
会社の後輩も波乗りだよ。やっぱり今度連れて行かないとな。
私も平塚に住んでいたときに、浜から投げ釣りしたときは、周りのゴミを拾って帰っていました。
一度、片腕のない刺青入れた人に誉められて、びびったことがあります。

投稿: SAISEI | 2010年1月22日 (金) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/46985915

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道伊勢路の旅 その20-1:

« 熊野古道伊勢路の旅 その19-3 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その20-2 »