« 肌細胞注入療法 in 神戸-3 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その3-1 »

2009年12月 6日 (日)

熊野古道伊勢路の旅 その2

第1日目(つづき)

しばらく、歩きます。以前、面白味のない道ばかりです。

Dscn7354 Dscn7356

きました。ようやく熊野古道らしい道が。女鬼峠です。熊野古道伊勢路、最初の峠。標高は100mの小さな峠です。

Dscn7358

女鬼峠をあっさり越えると宮川に出会います。

Dscn7361

熊野古道と言っても皆さんが生活している道です。道しるべの横がゴミ捨て場だったりもするわけです。

川添という地に到着です。この時点で30km。時刻も13:00ぐらい。

足が痛くなってきました。靴ずれです。そりゃあ履き慣らしていない本日おろしたての靴ですから。

でも靴ずれはまあそんなにひどくありません。それよりも足の動きがおかしくなってきています。15kmの時点では全然平気だったのに。先ほど、大きな道を横切ろうとしたところ、車に思いっきりクラクション鳴らされました。いつもだったら平気で横切れる車との距離なのに足が動いていないので、轢かれそうになったんですね。

本日はここで終了に。いや、それはできません。だってここには何にも宿泊する場所が見当たらないのです。明日も歩くつもりですからね。もう少し歩いて、宿を見つけよう。そう決断して歩きを再開します。

でも足が痛いです。そういえば朝、コンビニおにぎりを食べただけ。おなかもすいてきました。

少し先に「名古屋」という店が。ここで昼食。名古屋で料亭をやっていたことが名前の由来みたいです。三河産うなぎを食べて体力復活です。店のご主人いわく、この先の三瀬谷という地が開けているので、そこで泊まればいいとアドバイスを受けます。あと7kmぐらい。

人のアドバイスには従うべきです。特に見ず知らずの土地での地元の人の言うことには。もし、この時の自分に会えるなら厳しくそう言っているでしょう。次にする判断が、大失敗を引き起こします。

(つづく)

|

« 肌細胞注入療法 in 神戸-3 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その3-1 »

熊野古道 伊勢路」カテゴリの記事

コメント

『女鬼峠』・・・

すごい名前っΣ( ̄□ ̄;)
昔なにがあった峠なんだろうsign02

ウィキで調べてみる価値ありですねっshineshine

投稿: mio | 2009年12月 6日 (日) 13時42分

>mioさん
コメントありがとう。
覚えている限りでは、熊野は黄泉の国で、この峠を境にそこに行けるみたいでした。
昔は人を食べる鬼、やまんばみたいなものかな。それが住んでいたということです。
まあ、女はいろんな意味で鬼だよ・・・。いやそうさせてるのかな。

投稿: SAISEI | 2009年12月 6日 (日) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/46929404

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道伊勢路の旅 その2:

« 肌細胞注入療法 in 神戸-3 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その3-1 »