« 熊野古道伊勢路の旅 その15-1 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その15-3 »

2009年12月19日 (土)

熊野古道伊勢路の旅 その15-2

Dscn7584 Dscn7588

峠の道の登りは曽根次郎坂、下りは曽根太郎坂と呼ばれています。看板の説明によるとこのあたりは昔は国境だったらしく、自領と他領がなまったということです。

それにしてもすごい坂です。・・・ということは、

Dscn7585 Dscn7586

巡礼供養碑。厳しい道には必ずありますね。昔の人はこんな危険がある中でも熊野古道を通って神々の住むむ神社を目指したわけです。それに、そういう人たちを地元の人が温かく迎え、死んだ後もこうやって供養してくれたということです。何とか神社を目指すということも信仰では大事なんでしょうが、私はこうやって人と触れ合う旅路こそが信仰であり、神が与えてくれるもののような気がします。

|

« 熊野古道伊勢路の旅 その15-1 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その15-3 »

熊野古道 伊勢路」カテゴリの記事

コメント

ジブリシリーズの誕生のときですね♪

ここから、ジブリシリーズと呼ぶようになりましたね☆

投稿: mio | 2010年1月20日 (水) 04時31分

>mioさん
うん。でも、改めて見るとあんまりジブリって感じでもないね。
熊野古道は何か暗いんだよね。

投稿: SAISEI | 2010年1月20日 (水) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/47313621

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道伊勢路の旅 その15-2:

« 熊野古道伊勢路の旅 その15-1 | トップページ | 熊野古道伊勢路の旅 その15-3 »