« 西行法師と熊野古道 | トップページ | 肌細胞注入療法 in 神戸-1 »

2009年12月 5日 (土)

熊野古道伊勢路の旅 その1

2007年11月、もう今から2年前ですね。

熊野古道伊勢路を歩き、伊勢神宮から熊野本宮大社への道を制覇する旅を始めました。全長250kmの旅

です。

もう古い話ですが、せっかくブログを始めたので、その時の日記を片手にその旅を書いてみようと思います。

第1日目(2007年11月2日)

出発は伊勢神宮外宮。

Dscn7341         

式年遷宮なんて行事があることを初めて知ります。わざわざ20年ごとに全部壊して、隣にまた新しく建てるんですよ。

歩くのは嫌いではないですが、特に長距離を歩いた経験はありません。自分がどれくらい歩けるのかも把握せずに、ただテンションが上がった状態で出発です。バカなことに、新品の靴を購入して、履き慣らすこともせずにこの日におろしています。

Dscn7343_5

一応名所の柳の渡し場跡。ここで朝ごはんのコンビニおにぎりを。

Dscn7347

普通の道が続きます。ちっとも風情が無く、面白くありません。本当に熊野古道なのか!TVとかでやっていたのと全然違うじゃんと思いながらも歩きます。小学生の登校の時間帯なので通学する姿も。狭い道では、集団登校するたくさんの班の間に挟まれて歩いたりします。付き添うPTAの大人たちは明らかに何かあった時の臨戦態勢に入っているような気がします。一応ところどころに熊野古道へようこそみたいな旗がはためいています。それを目印に進みます。

Dscn7350

西国33霊場の観音像があります。巡礼者たちはここで旅の安全を祈ります。私も今回の旅を祈らせていただきました。

Dscn7351

野中という地に到着です。ここで伊勢路と和歌山に向かう街道に分岐します。

当初の計画では本日はここで終了予定でした。距離は約15km。時刻は10:00。朝6:00に出発しており、休憩を入れて4時間。時速4kmぐらいといったところでしょう。全く疲れていません。まだまだ歩けます。

この時、「あと8時間ぐらい歩けば全部で50kmぐらいか。次の日も歩くとして、だいぶ進んでしまえるな。まあ、さ来週あたりにはゴールだな。」と思います。

思慮が足りないということは本当に悲しいことです。このバカな考えから数時間後に本当に涙を流すことになります。

(つづく)

|

« 西行法師と熊野古道 | トップページ | 肌細胞注入療法 in 神戸-1 »

熊野古道 伊勢路」カテゴリの記事

コメント

いゃぁsign04heart04

いぃなぁupup
あたしも行きたいっhappy02paper"
四国とか回るとお数珠頂けるんですってheart04

投稿: mio | 2009年12月 6日 (日) 01時16分

>mioさん
コメントありがとうございます。
お遍路さんね。
いつか四国も2ヶ月間かけて歩いて回りたいと思っていましたが、坐骨神経痛に苦しむ今の状態では・・・゚゚(´O`)°゚
この頃がなつかしいです。

投稿: SAISEI | 2009年12月 6日 (日) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549536/46929117

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道伊勢路の旅 その1:

« 西行法師と熊野古道 | トップページ | 肌細胞注入療法 in 神戸-1 »